看護師退職の伝え方!私が実践した方法と退職理由について

看護師 退職

これまでお世話になった職場に、退職を決意して、実際に話をすることは、とても心苦しいものですよね。

反対に、散々悩んで、辞めるのだと自分の中で決意をした時は、辛かった思い出も緩和され、なんとなくスッキリとした気持ちにもなります。

ただ、最後の関門が退職のお話になります。なんて話をしようか。実際、すぐに辞めさせてくれるのだろうかと少し不安にもなります。

今回は退職理由の伝え方についてお話しします。

1.退職後に何をしたいか決めておく

退職後に何をしたいか決めておく

退職後に何をするのか、したいのかを自分の中でしっかり決めておく必要があります。

 

目標を明確にすると迷わない

辞めてから先の事を考えるでは、退職は上手くいかないかもしれません。「次が決まるまで働いたら?」なんて言われ、ズルズルとやめられない状況に陥ることもよくある話です。

今の職場を離れ、何を目標にして進んで行くのかを明確にすると、次の職場を見つける際にも、迷うことなく進んでいくことができるでしょう。

 

2.退職する際に必要な準備について

退職する際に必要な準備について

退職をする際には、辞めて専業主婦になる方、海外留学する方、介護をされる方、結婚、妊娠される方、看護とは別の道を選択される方、看護師として新たなステップを踏まれる方と様々です。

 

仕事をしない看護師は失業保険について調べよう

お仕事をされない方は、失業保険について調べると退職後スムーズに手続きできるでしょう。期限付きではありますが、多少収入も入りますので是非ご確認ください。看護の道、そうでない道を選択される方は、少しずつ転職活動を進めて行きましょう。

これまでの職場では叶えられなかった事を叶えるために、自分のなかで整理をしていくことが必要です。

 

転職するなら譲れない事を明確にしよう

何をやりたいのか、譲れないことは何か、を明確にする事は、転職活動を優位にするだけでなく、面接時も、転職後も目標が明確なので、スムーズにステップアップしていけることに繋がります。

転職活動をされる方は、おおよその転職日の目安になりますので、現在の職場の退職規定を確認しましょう。退職できる時期が、3ヶ月前に申請の所も、1カ月前に申請の所も、2週間前に申請の所もあります。

 

ポイント!

ポイント

新しい職場との兼ね合いもありますので計画的に確認し、実施しましょう。

 

3.看護師が円満退職をする方法

看護師が円満退職をする方法

辞めたい理由をリストアップしましょう。リストアップした後は、どこの職場でもよくありそうなネガティヴな項目は削除します。

そして、残った項目のなかで、そのネガティヴな項目に対して、これまで自分が一生懸命改善出来るよう努力してきたこと、何とかならないかがんばってきたがもうなんともならなかったこと等も加えていきます。

 

退職理由を目標達成のためとする

併せて、ネガティヴな記載だけでなく、自分の将来の目標像を記載します。

ネガティヴ項目、プラスこれまで改善、努力してきたこと、及び、将来の自身の目標を伝えていき、今の職場では叶えられない事を伝えていくと、職場側も今後の職場環境の改善にも役立ちますし、あなたの目標達成のために応援してくれるでしょう。

 

まとめ

昔は、転職回数が多いことで不利な転職もありました。実際、今も転職回数が少ないことを好む施設もあると思います。

しかしながら、転職がいけないことではないと私は思います。

前職での退職理由と自分が将来何をしていきたいかという目標を明確に話せること、自分自身のこれまでの選択に対し、自信を持って説明出来る人材であれば、何度転職をしていたとしても、上昇志向の転職であるので、きっと受け入れてもらえると思います。

反対に、退職理由が、残業が多かったから、人間関係が悪かったからというのも転職理由ではありますが、それを聞いて、あなたが採用担当者なら、そういう発言をする人材を是非欲しいと思いますか。きっと、そういう人材を取ってしまったら、また、嫌なことがあったら、人間関係で上手くいかなければ、きっと辞めてしまうだろうと思うでしょう。

それだけ、転職にとって、退職理由や相手への伝え方というのは大切なことなのです。

 

退職理由は自分の中で考えをまとめておく

退職理由、相手への伝え方を正しく行う為には、自分の中でしっかりと考えを整理し、纏めておく必要があります。

一日で完成させる、自分の考えを整理するのはなかなか難しいでしょう。今後の為に、毎日でも、気になった時でも少しずつ自分と向き合い、文字にして残していく習慣を身につけていくことも大切です。人は良いことも悪いことも忘れる、消化する生き物です。

どんなに辛かった過去であっても、時が経過すると緩和することもあるでしょう。それは良いことでもありますし、時には絶対に忘れてはいけないこともあります。

当時の気持ちを文字に残すことによって、読み返した際には、自分の気持ちが整理され、そのときはこんなに辛く思っていたが、今ではすっかり解決し、自分の思いを経年経過と共に振り返り、消化していくことも人生の中でとても大切なことです。

是非少しずつでも良いので、やってみてください。こんな考えもあったのだという新たな発見と整理が出来るかもしれません。

上記のような看護師の退職に関する関連記事もありますので是非参考にしてみて下さい。

YUZU

【資格:看護師】

正看護師として働いています。経歴は、大学病院、クリニック、企業等看護師という資格をフルに活かしながら、様々な職種や経験をしており、更にスキルを身につけ、新たな職種にチャレンジしていこうと思っています。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。