著作者

Jun

執筆:現役助産師

Jun

( 看護師 助産師 )

看護師が退職時に贈るギフトは?かかる費用は最高1万円

公開:、更新:2018年04月18日

これまでお世話になった病棟スタッフや、師長。退職するときにはお世話になった人たちに感謝を伝え、気持ち良く退職の日を迎えたいはずです。

そんな看護師の円満退職を後押ししてくれるのが「退職時に贈るギフト」だと、考えてみてはどうでしょうか。するとギフト選びも楽しめるはずです。

このページでは、退職時に贈る定番のギフトや、師長に贈るギフトについて。さらに、気になる費用についても紹介していきます。

1.看護師が退職時に贈る定番のギフトはこれ!

買い物袋を持つ女性

まずは、定番のギフトについてご紹介していきます。

あなたもこれまでで一度はもらったことがあるのではないでしょうか。
 

(1)大定番はやっぱり「お菓子の詰め合わせ」

チョコの詰め合わせ

一番選びやすいギフトは、お菓子の詰め合わせです。お菓子だと、受け取る側の好みも、ほぼ気にする必要はありません。

ここで大切なのは、病棟スタッフ全員に食べてもらえるように、工夫することです。

他には、普段買わないようなラスクや、クッキーの詰め合わせなども、お勧めです。

 

(2)「紅茶・コーヒー」のティーパックセットも人気

ティーパックの詰め合わせ

看護師の仕事には、昼間の休憩・夜勤の休憩など、いわゆるティータイムする時間があります。

そんなほっと一息できる時間に喜ばれるのが、紅茶やコーヒーのティーパックです。

 

病棟スタッフの数より多めに入ったセットを選ぶ

ティーパックの詰め合わせは、病棟スタッフの数より多めに入ったセットを選ぶのがポイントです。

普段なら買わないような、珍しい種類や、少し高価なセットも、病棟へのギフトとしては、良いのではないでしょうか。

 

(3)予算に余裕があるなら「ボールペン」

白衣の胸ポケットに入るボールペン

看護師の必需品の1つである、ボールペン。普段、使う物の中でも、使用頻度は1番なのではないでしょうか。ボールペンは、何本あっても困らないし、要らないと言う人もいません。

種類もたくさんあり、1本、500円前後で選べます。

病棟スタッフ人数にもよりますが、人数分購入しても、10000円以内で用意できるのではないでしょうか。

 

(4)看護師の救世主である「ハンドクリーム」

ハンドクリームで絵を描いた手

看護師の大敵である、手荒れ。ハンドクリームは、私たちの手荒れから、私たちの手を守ってくれる救世主です。

ポケットに入るくらいのサイズなら、500円前後の金額で購入できます。病棟スタッフ個々に贈るギフトとして、お勧めできます。
 

ハードルが高いギフトではあるかも・・・

ハンドクリームの場合、匂いが好みでなかったりクリーム自体が肌に合わなかったりするリスクもあります。

相手の好みを知っていなければハードルが高いギフトと、言えるかも知れません。

 

2.退職時に贈るちょっと変わったギフト

指をさして驚く女性

次に、ちょっと変わったギフトについてご紹介していきます。

退職時に注目を集めること間違いなしの品物です。
 

すばやく一服できる「電気ケトル」

電気ケトル

皆さんの職場では、コーヒーや紅茶を入れるとき、ポットのお湯を使っていますか。

すばやく飲みたいときに、お湯が沸かせる。そんな、ポットとは一味違う製品を、病棟へのギフトに選んでみてはどうでしょうか。

私のお勧めは、ティファールの電気ケトルです。

 

掃除がしやすく衛生的!

電気ケトルはコーヒー1杯、作るだけのお水であれば、1分もかからずに沸かせます。

また一回に1リットル程度のお湯を沸かせ、軽く4人分のコーヒーが注げます。

掃除もしやすく衛生的な所も、お勧めポイントです。金額も4000円前後で購入できます。

 

皆が絶対に使用する「食器乾燥機」

食洗機に入っているコップ

病棟に贈るギフトはスタッフ皆が使用する品物を選びたいものです。そういった意味では食器乾燥機はぴったりなギフトです。

今、休憩室で使用している製品も以前の退職者が、病棟に贈ったギフトかも知れません。案外、汚れていたり、錆びついたりしていても気づかないまま使っている頻度が高いです。

 

今、休憩室にある食器乾燥機を確認してみて

一度、休憩室にある、食器乾燥機を確認してみて下さい。劣化がすすんでいるなら、退職時のギフトに選んでみてはどうでしょうか。金額も、蓋付きの製品でも、6000円前後で購入できます。

 

3.師長に贈るギフト

腕を組む女性看護師

たとえ、退職が決まるまでに、師長との間で納得できないことがあったとしても、退職日は笑顔で出発したいです。それができるかは、あなた次第です。

湧き上がる思いは一度心にしまって下さい。今までの感謝を伝える、ギフトを紹介します。
 

長期に渡り楽しめる「ブリザーブドフラワー」

花束のブーケ

特殊な加工技術で、やわらかな、生花のような印象を与えられるブリザーブドフラワー。

生花の花束のように、枯れてしまうことがないのが特徴です。水やりもいらず、虫の心配もいらず、花粉アレルギーの心配もいりません。

長期に渡り楽しめるブリザーブドフラワーは、師長机にも飾りやすく、ギフトに贈ると喜ばれるはずです。

 

病院から少し離れたレストランの「ディナーチケット」

お肉とワイン

病院からそんなに遠くない、少し出掛けた気分がする距離。そんな距離にある場所のレストランの、ディナーチケットはどうでしょうか。

普段、なかなか自分で購入することのない、ディナーチケット。あなたの感謝の気持ちを表現できる、素敵なギフトになるはずです。

 

ポイント!

ポイント

チケットと一緒に、感謝の気持ちを伝える、一言書いた便箋を添えておくのも、お勧めです。

 

4.退職時のギフトにかかる費用について

お財布を持つ女性

ギフトにかける費用ですが、病棟全体に渡すとしても1人1人に渡すとしても、5000~10000円程度が妥当だと言えるでしょう。

 

病棟全体に贈るなら5000〜10000円のギフト

病棟スタッフ皆に向けて、選ぶギフト。お菓子の詰め合わせや、紅茶やコーヒーのセット、全員に行き渡るような数を揃えるには、5000〜10000円が、妥当な費用ではないでしょうか。

ポイントは品物自体の費用を抑えることになっても、病棟スタッフ人数分より、少し多い目に揃えられる品物を選ぶことです。

 

注意点!

ポイント

高価なお菓子や紅茶を選んで、品数が少なくなる・スタッフ皆に当たらない、と言うのが1番好ましくない事態です。そんな事態は、避けて下さい。

 

個人個人に贈るなら1人500円前後のギフト

ボールペンや、ハンドクリームなど1つ、500円前後あれば、気に入った品物を選べるのではないでしょうか。

一人一人に個別包装してもらい、渡すことになるギフト。

500円以上になると、受け取った側は、気を使ってしまいます。

 

スタッフに気を使わせない気遣いを

開けたとき「スタッフ人数分になると、かなりの金額にならないかな」と、思わせない工夫が必要です。

 

まとめ

退職時のギフトにおいて大切なことは、受け取る側に立ち

  • 何が普段使いしやすいか
  • 休憩室にあったら便利なものは何か

と、考えてみることです。

そうすれば、あなたの感謝の気持ちは、スタッフ皆に伝わります。気持ちよく今の職場を退職できるよう、心を込めてギフトを選ぶようにしてください。


(編集・構成・管理者:亀岡さくみ

40代が目の前に迫ってきた今、私の経験が誰かの役に立つのかもと思い立ち、ライターをはじめてみようと思いました。記事を書くのは初心者ですが、読んだ方が、「また明日も頑張ろう」と気持ちを後押しできるような記事が書けるよう、頑張ります。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・助産師
お住まい/年齢 ・大阪府/30代
職務経験 ・総合病院 ・クリニック ・夜勤アルバイト
診療科経験 ・産科 ・婦人科 ・内科

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。