著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

リウマチ科に転職を考える看護師のメリット・デメリット

kameko
看護師スタッフkameko
リウマチ科の看護師転職

リウマチ科で働く看護師には、まずリウマチに関する十分な知識が必要です。リウマチという言葉が指すのは2つのケースがあり、まずひとつは関節リウマチを差す場合。そしてもうひとつは、関節リウマチも含めて関節や筋肉、骨などに起こるリウマチ性疾患を差す場合です。

この場合は関節リウマチ以外にも、痛風や膠原病などが含まれており、リウマチ科ではこれらの治療を行うことも少なくありません。関節リウマチというのは、関節の内側を覆う滑膜に炎症が起こり、それが軟骨、骨にまで進行していく免疫性の疾患で、根本的な原因や治療方法が確立されていない難病です。

患者さんは、関節の変形や痛みと戦いながら、長い治療を続けていくことになります
 

1.リウマチ科で働く看護師の仕事内容

リウマチ科で働く看護師の仕事内容リウマチ科では関節リウマチなどの膠原病の治療を行います。治療は薬物による対症療法を行うのが一般的で、主な疾患として関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、多発筋炎、全身性強皮症、シェーグレン症候群などがありますが、リウマチ科で扱う疾患の種類は多く、100種類以上もの症例が対象となります。

リウマチは強い痛みや関節の変形などを伴うケースが多く、治療も長期にわたります。患者さんは常に肉体的な苦痛と、精神的な苦痛もかかえています

 

精神的ケア、生活習慣改善のサポート、生活支援

看護師の主な仕事は医師の診療の補助に加え、患者さんの精神的ケア、生活習慣の改善のお手伝いや生活支援などです。リウマチ科の看護師だからといって、他の診療科と異なる働き方をするわけではありません。一日の仕事は一般的な看護師の業務とあまり変わりません

 

患者さんや家族に対する薬についての説明

ただ薬物療法が中心となりますから、薬や薬による副作用についての説明を行うことや、患者さんが服薬に関する不安を抱いている場合は、納得が得られるまでしっかりと説明するなどの精神的なケアが必要です。患者さん本人に対するケアはもちろんのこと、ご家族にもきちんと対応し、理解と協力を得られるよう努力しなければいけません

 

リウマチ科の求人は一般病棟とクリニックに分類される

リウマチ科の求人は一般病棟とクリニックに分かれています。それぞれの特徴について確認していきましょう。

 

一般病棟での仕事は体力が必要

一般病棟での一日は申し送りから始まり、病棟を巡回し患者さんのバイタルチェックやトイレの付き添いなどの生活支援、精神的ケア、リハビリの送り迎えなどを行います。症状が重く寝返りが打てない人や、歩行が困難な人もいます。寝返り支援などの力仕事もあるので体力が必要な職場です。

 

クリニックは夜勤や残業がない

クリニックでは外来のみで、難しい疾患の患者さんは設備の整った総合病院などに紹介するので、夜勤がありません。完全予約制のところが多いので残業が少ないのも特徴です。業務内容は外来の患者さんの受付、検査補助、診療補助、注射や点滴などのほか、患者さんとコミュニケーションをとりながらの精神的ケアなどが中心業務となります。

 

クリニックは整形外科と併設されているところが多い

リウマチ科があるクリニックは内科以外にも「整形外科」と併設されているところが多いです。そのため、リウマチを扱うクリニックへ転職する場合は、そのクリニックの特色をしっかり把握しておくようにしましょう。

 

2.リウマチ科で働く看護師に必要なスキル

看護師のスキルリウマチ科の看護師は、患者さんが少しでも痛みを感じないようなサポートを全力で行うことが大切です。痛みのある疾患は、患者さんにとって辛いものですし、その中でもリウマチは完治することがないとされている病気ですから、一生病気と付き合っていかなければなりません。

 

患者さんのストレスに寄り添う姿勢

将来的なことを考えると不安も感じるでしょうし、手の関節などが変形することによって思うように動かせなくなる不自由さもあります。患者さんは常に苦痛を抱えています。看護師は、そんな患者さんのストレスに寄り添い、生活の質の向上に努めなければいけません。

 

力仕事が多いので体力が必要

また、体を動かすことに支障がある患者さんについては、食事や排せつの介助を行う場合もあります。そうなると、力仕事も多くなりますので、体力もつけておくようにしましょう。

 

優れたコミュニケーション能力

患者さんやご家族の精神的なケアを行えるコミュニケーション・スキルは不可欠です。

 

薬に関する知識や注射技術

このほかリウマチに関する知識と治療に使われる薬、副作用に関する知識も必要です。血液検査などで採血や点滴を行うため、注射技術も身につけておきましょう。

 

3.リウマチ科で働く看護師の平均給与について

リウマチ科で働く看護師の平均給与についてリウマチ科は内科などと一緒に行われているケースが多いのですが、リウマチ科のみの独立した診療科の場合は、高度な医療を提供しているケースが多く、大規模な総合病院がほとんどです。このため一般的な病院に務める看護師より年収が高くなる傾向があります。高収入を目指すなら、大病院での勤務がおすすめです。子育てや介護などで夜勤ができない人は、外来専用のクリニック勤務をさがしましょう。

 

夜勤ありの大手総合病院の給与について

2016年時点での求人情報を見てみると、夜勤ありの大手総合病院の給料モデルでは基本給が29万円。これに通勤手当、住宅手当、皆勤手当、扶養手当、資格手当、病棟手当、超過勤務手当などがつき、手取りで約33万円。ボーナス込みの年収が約430万。リウマチ科の平均年収の相場は、350万円~450万円といったところが目安です。

 

クリニックの給与について

クリニックでは月給27万円~33万円での求人が目立ちます。年収の差は、ボーナス支給額などでも大きく変わってきます。ボーナス支給額が高い病院を探すのも、高給を得るポイントです。

 

求人募集要項では給与の金額が明記されていないことが多い

年収の高いリウマチ科への転職を成功させるためには、看護師転職サイトに登録することをおすすめします。好待遇、高収入の非公開求人を紹介してもらえるからです。求人募集要項だけでは、おおよその給与の額はわかってもボーナスの支給額や各種手当の金額が明記されていないケースが多いものです。

 

看護師転職サイトのコンサルタントが給与交渉をしてくれる

面接時に具体的な金額を確認するのは気が引けるという看護師さんも多いため、正確な手取りの給与額がわからないまま転職してしまう人も少なくありません。看護師転職サイトに登録すれば、このような聞きにくいことも担当のコンサルタントが代わりに確認してくれるので安心です。

また非公開の求人は、一般に公開されている募集病院よりも大手の総合病院が多く、基本給だけでなくボーナスや各種手当の支給額が平均以上というケースもめずらしくありません。

 

ポイント!

ポイント

好待遇・高給の求人情報を手に入れるなら、看護師転職サイトへの登録が不可欠です。

 

4.リウマチ科で働く看護師のメリット

看護師のメリット

リウマチ科で働く看護師のメリットは、患者さんに寄り添った看護ができるということでしょう。リウマチは辛い病気であり、入院が長期に及ぶことも少なくありません。患者さんは痛みがある中で不安に感じることも多く、看護師はそんな患者さんをサポートする必要があります。

リウマチは患者さんによって症状や痛みの程度がかなり違いますので、ひとりひとりに合わせた細やかな看護をすることが大切です。じっくり患者さんに向きあった看護をしたいという看護師には、メリットのある職場だと言えるでしょう。

 

看護師としてのやりがいもある

リウマチについては、認定看護師の制度はないのですが、日本リウマチ財団によって登録リウマチケア看護師制度が設けられています。これはリウマチの治療における看護師の役割が重要だという認識から設けられた制度であり、リウマチ科の看護師であれば、目標にしてもよいでしょう。

こうした制度があることは、一定以上の水準のケアを受けることができるため患者さんも安心できますし、看護師にとっても目標となるものがあることでモチベーションの維持につながります。

 

大学病院では高度な治療が学べる

リウマチ科で扱う疾患は、治療が難しいものも多く、大学病院などでは常に研究が行われており、ここで働く看護師は高度かつ最先端の治療を学ぶことができます。

一方、クリニックでは注射や投薬がメインになってきますから、もしこの分野について深く学びたいのであれば、大学病院(もしくは急性期の総合病院)を選択しましょう。

 

5.リウマチ科で働く看護師のデメリット

デメリット

リウマチ科で働く看護師のデメリットは、関節の炎症や変形で痛い思いをする患者さんの看護をすることです。しっかりコミュニケーションを取りながら看護を行うリウマチ科での看護は、じっくり看護をしたいという人には最適ですが、そうやって仲良くなった患者さんが痛みに苦しむ姿を目の当たりにするのは看護師であっても辛いものです。

 

直りにくい症状のため、やりがいがない

難病であるリウマチは、完治するということは基本的にはありませんので、治療を行っても症状を落ち着かせることしかできません。

治療によって治っていく姿は看護師にとっても嬉しくやりがいを感じさせるものですが、リウマチは治らないだけにやりがいも感じにくいという人もいます。

 

 患者の介護がストレスになるケースも

リウマチの程度にもよりますが、痛みや関節の変形で日常の動作にも支障が出る場合は看護師が介助を行います。リウマチは男性よりも女性に多い疾患なので、男性の入院患者は決して多くはないのですが、中には状態が悪化して介助が必要になる患者さんもいます。

食事の介助などは問題ないのですが、寝返りを打たせたりトイレに連れていったりと体力的にも大変な作業が多いのも確かです。看護師は女性が多いので、こうした体力や腕力が必要な場合にストレスに感じる人も少なくありません。

 

ポイント!

ポイント

病院によっては男性看護師も採用、配属していることもあります。気になるようであれば、看護師求人サイトに登録して、仕事の内容はもちろん、看護師の人数や男女比率なども確認しながら転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

 

6.リウマチ科への看護師転職注意点

リウマチ科への看護師転職注意点リウマチ科へ転職する際の注意点はなんでしょう。下記の注意点について確認していきましょう。

  • 患者さんの痛みに寄り添った看護が求められる
  • 体力が必要である

 

患者さんの痛みに寄り添った看護が求められる

リウマチ科へ転職する際の注意点は、精神的なストレス大きい職場であると理解しておくことです。リウマチ疾患の患者さんは、完治が見込めないケースがほとんどです。関節の変形や痛みなどで、苦しい思いをしている患者さんの看護では精神的なケアが求められます。

じっくりと患者さんの看護ができるというメリットがある反面、長年にわたって患者さんの苦しみに付き合っていかなければならないため、精神的なストレスが大きくなります。リウマチ科への転職を希望するなら、患者さんの痛みに寄り添った看護が求められることを頭に入れておきましょう。

 

体力に自信がなければ男性看護師が多い病院を探すこと

また一般病棟勤務では体を動かせない入院患者さんも多く、介護的ケアも必要です。体力が必要な職場であることも注意点の1つです。男性看護師が配属されている病院もありますから、体力的に自信がないという人は、男性看護師が多く働いている病院を探すのがおすすめです。

 

7.リウマチ科への看護師転職求人の探し方

リウマチ科への看護師転職求人の探し方リウマチ科からの求人を探すなら、リウマチ科のある総合病院の求人情報を探す、リウマチクリニックの求人を探すといった方法が一般的です。しかし専門性の高い診療科ですから、求人情報が少ないのがネックです。特に地方などでは、極端に求人情報が少ない地域もあります。

 

看護師転職サイトを活用しよう

効率的に転職活動を行うために、看護師転職サイトに登録しましょう。

専任のコンサルタントがついて、相談にのってくれます。勤務圏内にあるリウマチ科からの求人情報の紹介はもちろんのこと、転職先の職場の雰囲気や福利厚生など、知りたい情報を詳しく教えてもらえるというメリットもあります。希望するなら職場見学の手配も行ってくれます。

 

ポイント!

ポイント

看護師転職のプロに相談すれば、求人の少ないリウマチ科に関する情報の紹介や、転職相談に乗ってくれるので安心です。

 

まとめ

リウマチ科で扱う疾患は長期的な関わりが必要になるものばかりです。そのため、患者としても精神的に参ってしまうことが多く、看護師はそうした患者の心に寄り添いながらケアをしていく必要があります。

リウマチ科は大体どこの病院にも設置されており、またクリニックも多いことから職場探しに困ることはありません。ただし、病院とクリニックでは求められる役割が異なるため「自分がどんな看護を提供したいのか」考えた上で選択していくようにしましょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師に人気の科


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。