著作者

ときさお

現役看護師

ときさお

( 看護師 )

新人看護師のゴールデンウィーク中にオススメの過ごし方とは?

公開:、更新:2018年04月23日
新人看護師のゴールデンウィーク中にオススメの過ごし方

もうすぐゴールデンウィークですね。

新人看護師の皆さんも連休を貰えている人も多いのではないでしょうか。

私が病棟勤務していた新人看護師時代も、ゴールデンウィークは連休を貰っていました。

私が勤めていた病院は、ゴールデンウィークの連休が明けると、新人の日勤業務の独り立ちがあり、夜勤勤務が始まることになっていました。そのため、連休は嬉しいけれど、そのあとの仕事を考えて憂鬱な気持ちにもなっていました。

5月病という言葉があるように、ゴールデンウィークは嬉しいけれど、仕事のことを考えると憂鬱になる人も多いのではないでしょうか。

ここでは、新人看護師として楽しみだけど、憂鬱なゴールデンウィークのおすすめの過ごし方をご紹介していきます。

(1)アクティブに体を動かす(運動する)

アクティブに体を動かす

お休みといえば、やっぱり思いっきり遊んですごすことをおすすめします。

気の合う仲間や恋人と、レジャースポットに行ったり、ドライブに出かけたり、スポーツが趣味の人は思いっきり趣味に没頭するのも良いでしょう。

「激しい運動は苦手…」なんて看護師におすすめなのがヨガやピラティスです。激しい動きは少ないものの、インナーマッスルを鍛えることができ、体質改善を目指すことができます。

ヨガやピラティス

また、看護師の仕事は、体力勝負です。体力アップを図るために、ジムデビューするのも良いですね。

思いっきり体を動かして、汗を流しリフレッシュして、ゴールデンウィーク明けの勤務に備えてくださいね

 

(2)マッサージ・ヒーリングなどの癒し体験する

マッサージ・ヒーリングなどの癒し体験する

2つ目のおすすめの過ごし方は、マッサージやアロマなどの癒しの体験を行うことです。

新人看護師として約1か月勤務してきたところで、すごく疲れている毎日を過ごしているのではないでしょうか。

日頃の疲れを癒して、連休明けからの勤務を乗り切れるようにゆっくりと英気を養うと良いでしょう。

また、マッサージなどは、今後看護師として患者さんと関わるときに活かすこともできるので、どのようにタッチングをすると気持ち良いのかと、観察しながら施術を受けるのも新しい発見があるのでおすすめです。

 

アロマセラピーやパワースポットに行くこともおすすめ

パワースポットに行く

自宅でゆっくり過ごすもよし、マッサージに出かけて体の疲れをとるもよし、アロマセラピーを受けるもよし、癒しスポットやパワースポットなどに出かけることもおすすめです。

 

(3)実家に帰省する

実家に帰省する

新人看護師の皆さんの中には、就職を機に親元を離れて一人暮らしをしている人もいるのではないでしょうか。

病院勤務をしていると、まとまった休みがなく、なかなか実家に帰ることもできなくなります。きっと離れて過ごすご家族の方も、体調は崩していないか、ちゃんと仕事はできているのか、など心配なことがたくさんあると思います。

実家に帰省し、顔を見せて仕事の話なんかをたくさんして、心身ともに癒される休日を過ごすこともおすすめの過ごし方です。

 

 

親孝行はゴールデンウィークのタイミングがベスト!

親孝行はゴールデンウィークのタイミングがベスト

働き出して1か月が経ち、初給料を手にしてゴールデンウィークを迎えるここと思います。初給料で親孝行をしたいと思っている人にはゴールデンウィークで親孝行をするのをおすすめします。

病院勤務は不規則なことも多く、まとまった連休も少ないため、いつか親孝行をしようと思っていてもなかなかできません。初給料が入ってお休みの貰えるゴールデンウィークのタイミングでするのがベストです。

私も親元を離れて就職をしていたので、働き出して初めて迎えたゴールデンウィークは実家に帰省していました。

そして両親にそれぞれ初給料でプレゼントをしました。当時はとても喜んでくれて、その時の両親の喜んだ顔は今でも忘れられません。そしてそれからもうずいぶん経ちますが、いまだにそのプレゼントを大切にしてくれています。

そんな両親の姿を見て「看護師になってよかった、これからも頑張ろう!」と自分を奮い立たせています。

 

(4)勉強する

 勉強する

連休中に自己学習の課題を出されている新人看護師も多いのではないでしょうか。

「休みの日まで仕事のこと考えたくない」「勉強なんてしたくない」という気持ちもわかりますが、実際1か月働いて困ったことや、勉強不足を実感したこともたくさんあったことと思います。

ゴールデンウィークの間に出された課題以外にも、自己の振り返りをして、失敗してしまったことや苦手なこと、分からないことについて勉強することで、今後の仕事がぐんとしやすくなります

もちろん、何日か休みがある場合、すべて勉強に費やす必要はありません。

ですが、自己学習する時間も見つけて取り組むようにしましょう。

 

(5)旅行する

旅行する

ゴールデンウィークは、気候も良く遠出するのにぴったりの季節です。

どこに行くのも人が多いという欠点もありますが、ゴールデンウィークならではのイベントがあることや、看護師以外の友達とも予定を合わせやすいというメリットもあるので、この時期に旅行に行くのもおすすめです。

ゴールデンウィークに連休をもらって旅行に行った場合、職場へのお土産を準備することを忘れずに。

 

今からでも間に合う国内旅行先

ゴールデンウィーク中の人気の国内旅行先は以下の通りです。

  1. 沖縄県(本土・離島を含む)
  2. 北海道
  3. 名古屋
  4. 京都府
  5. 石川県(金沢)
  6. 神奈川県(横浜・湘南・箱根など)
  7. 長野県(温泉など)
  8. 福岡県
  9. 長崎県(ハウステンボス)
  10. 山梨県(富士芝桜まつり)

もちろん、東京都や千葉県なども旅行先として最適です。

 

(6)ショッピングをする

ショッピングをする

就職して1か月、初めてのお給料をもらってゴールデンウィークをむかえていることでしょう。

新人看護師では、思いのほかお給料が少ないと感じている人もいるかもしれませんが、看護師として記念すべき初給料です。

1か月頑張ってきた自分へのご褒美に、今まで気になっていたものを買うもよし、日ごろのストレス発散に思いっきりショッピングするもよし、来月からも頑張るためにショッピングされてみてはいかがでしょうか。

私は、両親へのプレゼントとともに、自分へもプレゼントを買いました。そんなに高級品ではなかったのですが、少し良いボールペンを買い、仕事に使っていました。今でも大切に使っていますし、この時期が来ると、当時の気持ちを思い出し、今の自分の成長を感じることができます。(そんなに大して成長していませんが…笑)

今後のモチベーションアップのために、ショッピングおすすめですが、張り切ってお買い物しすぎると生活が厳しくなるので、計画的にしてくださいね。

 

(7)看護師以外の新社会人の友人に会う

看護師以外の新社会人の友人に会う

新人の看護師さんの多くは、この1か月間、慣れない環境でハードな仕事をこなし、疲労困憊なことと思います。

しかし、新人看護師だけでなく、ほかの新社会人も人それぞれ新しい環境、人間関係の中で仕事をこなし苦労しています。それでもみんな仕事をこなしています。

気心知れている友人と会うことで癒されたり、元気をもらえたりすることができますし、みんなそれぞれ大変な思いをしていることがわかり、自分も頑張ろうと前向きになることもできます。

 

仕事で辛い場合は友人に助けてもらおう

職場の先輩の愚痴をこぼすことでストレス発散もできますし、またみんなで集まって仕事の話をしてみましょう。次会うまでは仕事を頑張ろうと仕事に対して意欲を持つこともできます。

また、仕事で辛いことがあっても一人で抱えず、友人に助けてもらってくださいね。

 

(8)同期の看護師の仲間と会う

同期の看護師の仲間と会う

自分と同じようにつらい思いをしている、同期の看護師と会って日ごろの愚痴や先輩看護師の嫌なところなどたくさん話してすっきりするのもおすすめです。

気心しれた仲間と心から笑いあう時間は、何事にも勝るストレス発散法です。

困っていることがあれば、相談したり、似たような経験をしている友人はどのように対処しているのかなど、仕事に関連した話をしたり、恋愛話やファッション、コスメの話、趣味の話など、いろんな話をして気分転換を図ってくださいね。

 

その他ゴールデンウィークの人気の過ごし方

その他ゴールデンウィークの人気の過ごし方

看護師ならではの過ごし方を8つお勧めしましたが、最後に一般の方にも該当するおすすめの過ごし方をご紹介します。

友人・カップルで過ごす場合 ・キャンプやバーベキューなどを楽しむ
・アウトドアを楽しむ
・GWならではのイベントに参加する
・見たかった映画を見る
家族で過ごす場合 ・父とゴルフに行ってみる
・母と買い物に行く
・温泉旅行する
・手料理を振舞ってみる
1人で過ごす場合 ・家の大掃除をする
・映画や動画、漫画などを楽しむ
・ 趣味に没頭する
・新しい趣味を探して始めてみる
・とりあえず寝て過ごす

ゴールデンウィークを是非楽しんでみてください。

やっぱりキャンプやバーベキュー、アウトドアなどがおすすめです。

 

ゴールデンウィークを前に辞めたくなってしまった看護師へ

ゴールデンウィークを前に辞めたくなってしまった看護師へ

仕事を始めて1か月が経ち、思い描いていた以上に看護師という仕事のハードさにすでにやめたいと感じている人もいることでしょう。

1か月の間にたくさん怒られて、失敗もして落ち込む出来事しかない新人さんもたくさんいることでしょう。

私もそんな新人看護師でした。

毎日失敗して、先輩からだけでなく、患者さんからも怒られるような毎日を過ごしていたので連休を目の前に、「すでに辞めたい…」と考えていました。

でもまだ1か月です。

失敗して当然、怒られて当然です。

逆に言えば、失敗しても怒られても、教えてもらえるのは新人の特権です。

せっかく看護師という素晴らしい仕事に就けているのですから、もうしばらく頑張ってみてはいかがでしょうか

もし、働き始めて1か月で退職してしまった場合、あまりにも職歴が短すぎて再就職する際にとても不利になってしまいます。どうしても、今務めている病院を辞めたいと考えていても、できれば3年、最低でも1年は勤めるように頑張ってください。

初めはなれないことばかりで、何もうまくいかないかもしれませんが、しばらくすると仕事にも慣れてきます。

仕事に慣れるには時間がかかりますので、何とかしてつらい時期を乗り越えてほしいと思います。

そのために、ゴールデンウィークを上手に過ごしてリフレッシュ、ストレス発散をしてそれ以降の仕事を頑張ってほしいと思います。

5月病という言葉があるように、この時期は憂鬱になって仕事から逃げ出したくなる時期でもあります。きっとあなただけでなく周りの人も経験していることでしょう。

一人で抱え込まずに、友人や恋人、家族に話を聞いてもらって気分転換ができると良いですね。

それでもどうしてもやめたくなった場合は、転職するのも一つの方法です。

頑張りすぎて、体や心が壊れる前に、環境を変えることも大切なことの一つです。何事も頑張りすぎないようにすることは大切ですよ。

自分のことを一番に大切にしてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

世間の人にとってはとてもうれしいゴールデンウィークですが、新人看護師にとっては嬉しいだけでなく、先々のことを考えると憂鬱にもなってしまいますよね。しかし仕事と上手に付き合っていくには自分なりのリフレッシュ方法やストレス発散法を身に着けておきましょう。

友人や恋人と楽しく過ごすもよし、一人でのんびり過ごすもよし、親孝行など家族と過ごすもよし、自分にあった方法で、心から楽しめるゴールデンウィークをお過ごしくださいね。

頑張ることも大切ですが、心身ともに健康に過ごすことが一番ですので、どうしてもつらくなったら職場を変えることも考えてみてくださいね。

某県の公立病院の小児科、一般内科の病棟に2年、新生児科で約1年勤務。その後結婚とともに退職。5年のブランクを経て訪問看護の事業所でパート看護師として勤務しています。育児中の仕事はいろいろな不安や悩み事がありますが、その中でも楽しく仕事を続けています。自分の経験を生かし、ママさん看護師や潜在看護師、職場で悩んでいる人のお役に立てるように頑張ります!!

看護師としての経歴

保有資格 正看護師
お住まい/年齢 兵庫県/33歳
職務経験 公立の総合病院、在宅看護事業所、訪問入浴
診療科経験 小児科、新生児科、内科、在宅


看護師転職サイトの口コミ評価

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】


関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。