著作者

Ivy

看護師ライター

Ivy

( 看護師 )

新人看護師が病棟勤務からクリニックへ転職する際の2つの注意点

Ivy
看護師ライターIvy
新人看護師 病棟 クリニック

新人看護師として、始めは病院に就職をし、病棟勤務をした後1年ほどで病院を辞めてクリニックに転職する場合があります。ですが、クリニックに転職しても仕事が合わずにすぐに辞めてしまう看護師を見かけることがあります。

新人看護師として始めからクリニックで働く場合よりも、一度病棟で働いて1年ほどでクリニックに転職をするほうが難しいように思います。その理由は色々とあるのですが、ここでは自分が見てきた環境や友人からの情報を基に、なぜ新人看護師がクリニックに転職をするのが難しいかについて紹介していきたいと思います。

1. 病棟とクリニックでは働き方が異なる

クリニックでは働き方が異なる

病棟勤務の時には、患者さんは日常生活に支障をきたす病気を患っており、自分たちは看護という形で患者さんに接していきます。患者さんの24時間に接する時間の中で、目上の方には尊敬の意を持ちつつも、徐々に親しくなっていき、信頼関係を築いていくように思います。

 

病院勤務とクリニックでは求められる接遇が違う

クリニック勤務でも、病気を患って通院や受診する患者さんへ看護をしていくのですが、病棟ほどの信頼関係が生まれるほど長い時間接することはありません。

そして最近はサービス業としての接し方を教育されるところが多いので、どことなく事務的なところがあるため、病棟での患者さんとの関係とは少し形が違うように思います。

特に美容関係や自由診療をしているクリニックなどでは、患者さんではなくてお客様として対応し、失礼のないような接遇を求められます。

 

ポイント!

ポイント

新人看護師でクリニックに転職した場合に、このギャップについていけず、患者さんからクレームを言われたりすることなどがきっかけとなり、再び仕事を辞めたくなってしまうことがあるようです。

 

一日のタイムスケジュールを立てづらい

病棟勤務では、急な出来事に対して俊敏な行動力と機転が求められることもありますが、基本的には患者さんは入院しているので、自分の勤務の中で計画を立てて業務を実施していくことができます。

クリニック勤務では、1日の勤務の中で、いつどんな患者さんが受診して、どんな処置や検査、治療があるかは分かりません。そのことにより、なかなか1日のタイムスケジュールを立てられないこともあります。

 

人手が少ないため精確かつ迅速な対応を求められる

受診する患者さんが集中して業務がなかなか進まないことや、トイレにいく暇もないくらい忙しい業務量になってしまうこともあります。

リニックでは、スタッフの人数が少ないことも多く、手助けをしてもらうことが難しいこともあるので、1つ1つの業務をいかに素早く、確実、丁寧に実施していけるかにかかっている時もあります。

それをしないと自分以外のそのあとの事務や会計にも影響が出てしまうので、周りの流れも見ながら業務にあたらなければなりません。新人看護師のうちは、病棟とは違った意味での技術や気の遣いどころがなかなか難しいようです。

 

2. 人間関係に悩まされてしまう可能性がある

悩まされてしまう可能性がある

病棟勤務はシフト制の勤務や夜勤もあるため、シフトがずれるとしばらく会ってないなと思うスタッフもいると思います。クリニック勤務ではスタッフの人数が少なく、看護師が2~3人のところもあれば時には、看護師が自分1人だけというところもあります。

 

交代制ではないため固定のメンバーと仕事をする

クリニックの仕事は病棟と違って交代制の仕事ではないので(シフト制のクリニックは別ですが)クリニックの開院日には毎回一緒に仕事をすることになります。

スタッフの人間関係が良好なところはいいのですが、女性の職場ではやはりちょっと合わない人や付き合いづらい人が1人や2人はいるものです。たまに仕事が一緒になるくらいなら大丈夫かもしれませんが、毎日一緒に仕事をするのは辛い時もあります。

 

やや閉鎖的なクリニックも存在する

クリニックによっては新しい人をやや受け入れにくいところもあったり、ちょっと悪い言い方をすると少し閉鎖的なクリニックもあります。そんな環境に慣れて、新人として仕事を覚えていくのはなかなか難しいと感じることもあると思います。

 

気難しい患者が少なくない

病棟に入院する患者さんは、病気を治す医療を受けるために、病院の規則に従って入院生活を送っています。時々、わがままを言う患者さんもいますが、基本的には病院の規則に従ってくれることがほとんどだと思います。

クリニックを受診する患者さんは、病気を患っている方もいますが、そこまで急を要する場合ではないことも多いです。例えば慢性疾患で通院している方はクリニックにも慣れています。そのことにより、時に患者さんがわがままになってしまうこともあります。

患者さんは日常生活を送りながら、その合間にクリニックに受診しているので、時々自分の都合による希望を訴えてきたり、その希望が通らないと怒ってしまう方も少なくありません。

 

病棟と比べてクリニックではクレームが圧倒的に多い

病棟と比べてクリニックでは、患者さんのクレームが圧倒的に多いように思います。特に、美容関係や自由診療をしているクリニックでは、自分の意見を主張してくる患者さんが多いので、こちらが振り回されてしまうこともあります。

対応する時に言葉1つ間違えてしまうと、そのことにより大きな問題に発展してしまうこともあり、非常に対応が難しい時もあります。

病棟勤務とクリニック勤務を対象で比較すると、病棟の対象が患者さんだとすると、クリニックはお客様が対象で、しかもサービス業の傾向が強いように思います。もちろんそうではないところもありますが、最近は健診クリニックでもお客様への接遇を求められる施設が増えてきていて、この傾向は益々増えていくのではないでしょうか。

 

まとめ

卒業して、始めからクリニックで勤務した場合はそこまで違和感はないのかもしれませんが、病棟で勤務してからクリニックで勤務してみるとかなりギャップがあります。

実際に私も初めてクリニック勤務をした時はそう思いましたし、クリニック勤務では意識や働き方を変えていかなければいけないのだと思いました。その違いを認識していれば、少しは抵抗を少なく、気持ちを切り替えて働いていけるかもしれません。

クリニックに転職した時は、始めはギャップを感じるかもしれませんが、病棟の時とは少し気持ちを切り替えて、なるべく転職した先で長く仕事を続けられるといいと思います。

新人のうちに転職を繰り返してしまうと、転職癖がつくというか、ちょっと嫌なことがあるとすぐに辞めたくなってしまうものです。確かに病棟勤務は辛いものだと思いますが、クリニック勤務も別な意味での大変さはあります。お互いのメリットとデメリットを理解して、長く働ける環境を見つけられるといいと思います。

転職する際の何かの参考になればと思います。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

趣味は海外旅行や美味しいものを食べてお酒を飲むこと。現在は旦那さんと2人暮らしをしています。看護師歴20数年になり、総合病院や専門病院などの病棟を15年ほど経験し、その後はクリニックでのパートや、今までの経験を生かして美容クリニックや検診などのスポットアルバイトをして今に至ります。
現場でずっと働いていたので、他の仕事に興味があり記事を書いていますので応援よろしくお願いします。


カテゴリー:新人看護師の転職・ノウハウクリニック


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:Ivy
(公開日:)(編集日::2017年08月08日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。