著作者

RAY

現役看護師

RAY

( 看護師 )

2年目看護師が転職する3つの注意点

RAY
現役看護師RAY
2年目看護師が転職する3つの注意点

看護師として2年目にもなると、

  • 「とりあえず1年頑張ったし転職してみようかな」
  • 「1年間耐えてきたから今すぐにでも転職したい」

等と様々な思いで転職活動に足を踏み入れることでしょう。

そこで今回は、2年目の看護師が転職する際に注意しておいてほしいことをご紹介します。

1.2年目看護師は転職先の病院が制限されること

2年目看護師が転職先が制限される

2年目看護師の転職で1番注意しておきたいことは、雇ってもらえる病院が制限されていることです。

病院に限らず、

  • クリニック
  • 訪問看護
  • 老人保健施設
  • アミューズメントパークの救護室

等、多くの医療機関の募集要項には「看護師経験3年」という言葉が書かれています。

 

多くの医療機関で「看護師経験3年」が必要

病院によって教育課程は異なっているものの、2年目の看護師は教育課程の進み具合によって業務内容が異なります。

教育課程が早い看護師 夜勤や日勤でリーダー業務をしている
教育課程が遅い看護師 採血や静脈注射すら人にやったことがない

教育課程が早い看護師の場合は、様々な経験を積んでいて即戦力となるならば3年未満で取ってもらえる見込みがありますが、それは職務経歴書を作成し提出しなければ分からないため、経験年数3年未満ということだけで落とされることが多いです。

転職先の幅を増やすためには、どんな経験をしていてもまず看護師経験3年以上が必要ということになります。

 

2年目看護師は就職活動に不利

看護師不足の世の中で、看護師資格があればどこにでも入れるという話を耳にしますがそれは、

  • 就職時
  • 看護師経験3年以上の看護師

の場合であり、看護師経験2年目は転職活動においては不利と言えるでしょう。

 

2年目看護師経験が転職できる場所

2年目看護師の転職先で多い場所は、一般病院や総合病院の中でも規模が小さい病院が多いです。

特定機能病院や専門病院への転職は、

  • 「結婚して家族の都合で引っ越しを余儀なくされた」
  • 「以前働いていた病院がつぶれた」

等、余程の理由が無い場合は難しいと思っておいた方が良いでしょう。

 

やりたい事がある場合の転職

規模が小さくても急性期や手術室などの機能を持っている病院はたくさんあるため、

  • 「特定機能病院などの大病院で働きたい」
  • 「クリニックで働きたい」

等、やりたいことがある場合は、そういった病院へ転職して残り1年間頑張って働くことが良いでしょう。

残り1年働く事でトータル3年の経験年数を持つことになるため、それからやりたかったことに挑戦するということが2年目看護師のとるべき良い方法です。

 

転職エージェントに相談する場合

2年目の看護師は、転職エージェントに相談しても看護師経験3年以上という条件を提示しているところが多いため良い求人があまり出てこないことが多いです。

転職エージェントに相談する場合には、

  • 2年目で転職する理由をしっかりと伝えること
  • 今後やりたいビジョンを明確に伝えること

等を行うことで良い転職情報が得られやすいでしょう。

 

2.2年目看護師が転職すると複利厚生で損すること

2年目看護師は複利厚生で損する

1年間の看護師経験があっても2年目看護師は、まだまだできないことが多く人によっては看護技術でさえほとんど身についていないという人も多いため、ほとんどの看護師が転職後に新人扱いを受けます。

2年目の看護師は、

  • 教育をしっかり受けてきた
  • ある程度の経験を積んできたことを見せる

等のことができれば、一気に仲間として受け入れられ教育プログラムも身の丈に合ったものに変えてくれます。

2年目の看護師の転職は最初が肝心であるため、職務経歴書の提出あるいは仕事ができるところを見せるようにしましょう。

 

2年目看護師は福利厚生で損をすることを理解する

看護師の福利厚生の多くは、

  • 賞与
  • 休暇
  • 学習のための福利厚生

等、3年目になってようやくアップするものが多く、活用できるようになります

2年目で転職をする際には、福利厚生で損をするということをあらかじめ理解しておくと良いでしょう。

 

補足説明!

ポイント

退職金は、多くの病院で3年経たないと出ないようになっています。

 

3.転職相談時に上司に言われる言葉集

転職相談する2年目看護師

2年目での転職を検討している看護師の多くは、上司に言われる言葉をきっかけにトラブルとなり円満に退社できないケースを多く見受けます。

ここでは、2年目の看護師が転職する際に言われることが多い上司からの辛い言葉と共に返し方をご紹介するため2年目転職に向けて円満退社を目指しましょう。

 

転職相談時に上司に言われる言葉:「まだどこに行っても通用しない」

2年目看護師が上司から、ほぼ確実に言われる言葉が「まだどこに行っても通用しない」です。

前述したように、看護師経験3年以上ないとどの病院も1人前の看護師として認めてはくれないため、「どこの病院に行ってもまた1からやり直しだからここで頑張りなさい」という意味合いを含んでいます。

この言葉が心に刺さり、人間関係が悪化する場合もありますが、上司は看護師として様々なところで経験を積んでいるため、看護師の世間のことを理解したうえで転職する2年目看護師を心配してこその言葉です。

 

補足説明!

ポイント

自分を卑下していると思わずに上司の心配してくれている気持ちに感謝しつつ、それでも転職してやりたいことがあるというような言い方をすれば円満に転職が進みます。

 

転職相談時に上司に言われる言葉:「今の何が不満なのか?」

上司からしてみれば、1年間大切に育てたのに現状が不満で転職するのか?と思われるケースです。

今の若い看護師は、上司の世代と違い早期退職させないように可愛がって育てている傾向があり、その育て方に少なからず不満を持っている上司もいるため、このような言い方をしてしまう方もいます。

 

ポイント!

ポイント

現状に不満があるわけではなく、「やりたいことがある」もしくは「転職せざるを得ない理由がある」というような返し方ができれば良いでしょう。

 

転職相談時に上司に言われる言葉:「プリセプターがかわいそう」

特に師長や主任が言うであろう言葉です。「1年間頑張って育ててくれたプリセプターの恩をあだで返すのか」等と言ってくる人もいます。

これをかわすために、まずはプリセプターに転職したい旨をプリセプターに相談しておくことで、上司からの言葉も返しやすくなります。

プリセプターは可愛い後輩が、

  • 自分の夢に向かっている
  • 難かしらの理由がある

等のために転職することに対して、恩を仇で返すなんて決して思いません。

上司が転職を止めようとして言っているだけなので安心して良いでしょう。

 

注意点!

ポイント

プリセプターや同僚との人間関係が嫌で転職したい場合は、プリセプターに転職相談はしないようにしましょう。その場合は上司もこのようなことは言わないでしょう。

 

転職相談時に上司に言われる言葉:「あと1年頑張ろうよ」

恐らく上司が、

  • 今はとにかく辞めないでほしいとき
  • 話を聞いたうえで最終的に言うとき

等の場合に使うことが多く、看護師経験を問わず言われます

つまり、今年1年間踏ん張って続けたとしても、来年相談すればまた同じように言われるということです。

 

ポイント!

ポイント

本当に辞める意志が強いのか試している場合もあるため、自分の意志を明確にして辞めたいという姿勢を崩さずに行くと良いでしょう。

 

4.まとめ

2年目看護師の転職は、

  • 転職中
  • 転職先
  • 退職時のやり取り

等から見ても最も大変であると言えます。

しかし、転職したい事情があるならすぐに転職し、新しい職場で心機一転して経験年数を積んだ方が良いでしょう。

2年目の看護師で転職したいと考えているのであれば、転職したいと言う意思を強く持って転職活動に臨んで下さい。



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。


カテゴリー:看護師転職のノウハウ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:RAY
(公開日:)(編集日::2017年12月14日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。