看護師転職に成功する自己分析の行い方!【DL:分析シート付き】

著作者

あおいロワイヤル

現役看護師

あおいロワイヤル

( 看護師 )

看護師転職に成功する自己分析の行い方!【DL:分析シート付き】

あおいロワイヤル
現役看護師 あおいロワイヤル
看護師転職に成功する自己分析の行い方!

看護師転職しようと思ったとき、やるべきことの一つに自己分析があります。

私は病院に勤めていましたが、病院での看護をしていて何に疑問や不満があったか、ということを思い浮かべて自己分析をすることで在宅看護や訪問看護に興味を持ち、転職をしました。

ここでは、私の体験談を元に、自分に合った職場を見つけ、看護師転職を成功させるための自己分析をするポイントをご紹介します。

→ 【Microsoft Excel】フリーダウンロード:看護師自己分析シート

1. そもそも看護師として転職すべき?チェックシート

そもそも看護師として転職すべき?

看護師としてのキャリア、ライフスタイルの変化にともなう転職、様々な要因で転職を希望されていると思います。

以下、直感で「Yes」「No」で回答してみてください。

  • □現在の仕事内容に大きな不満を感じている
  • □病院の方針や看護部などの方針に疑問を感じる
  • □上司・同僚などの人間関係が現在苦痛である
  • □今の病院や施設では自分が思うキャリアアップができないと感じる
  • □専門性やジェネラリストの看護師になることができない環境だと感じる
  • □現在の病院・施設では教育制度が整っていないと感じる
  • □仕事に関わることで体調不良を感じることが多い
  • □時間や働き方の変更ができず今の職場では働けない

いかがでしたでしょうか。

2つ以上「Yes」と回答される看護師の方は転職予備軍といえます。

また、「Yes」の数が多ければ多いほど転職への緊急度は高まるといえます。ただし、急いだり焦ったりする転職は失敗の元です。

そのため、以下から自己分析を行いながら看護師転職を成功させましょう。

 

2.看護師転職に必要な「自己分析」とは?メリットについて

看護師転職に必要な「自己分析」とは?メリット

新卒で入職した時は自己分析をしなくても簡単に内定を貰えるので、自己分析はしたことがない人が多いかもしれません。

聞いたことはあるけど、「必要あるの?何をするの?」と思う人もいるのではないでしょうか。

自己分析とは、自分で自分自身を理解することです。自分の性格・傾向・得意不得意なこと・価値観などを明確にすることで、「自分はこういう人間」と思い込んで見ないふりをしていた一面を自分で認めて自分自身を客観的に見ることができます。

転職をするときには新卒とは異なり志望動機や自己PRが重要になるので、自己分析をしっかりしておくと転職活動に役立ちます。

 

看護師が転職前に自己分析をするメリット

看護師が転職前に自己分析をするメリット

自己分析をすることで後悔しない病院選びができ、履歴書作成や面接での受け答えに役立ちます。

 

(1)自分に合った転職先を見つけられる可能性が高くなる

自己分析の結果、自分の傾向や性格も含めてどういう看護がしたいか、何を大切にしたいかが明確になります。

その中でも、例えば認定看護師になりたいなどのキャリアアップの希望があれば、それが叶う会社・病院を選ぶことになるので、選択肢が絞られます。

自己分析をしていれば、自分のやりたかったことができ目標を持ち続けられる可能性が高いので、後悔しない病院選び・転職先選びができるというわけです。

 

(2)自己PRや志望動機に深みが生まれる

例えば「なぜこの病院を選んだのですか」という志望動機を聞かれて、「医療者中心ではなく患者中心の看護をしている病院だから」と答えたとき、「なぜ患者中心の看護をしたいのか」を具体的に説明できるとより強い意志が相手に伝わります。

「なぜそう思うのか」を掘り下げて説明することで自分の価値観や看護の姿勢が伝わり、この人が就職したときにはどのような仕事をしてくれそうか、どのように貢献してくれるのか、が採用側にもイメージされやすくなるのです。

自己PRにおいても、「私は〇〇ができます」だけでなく「なぜ〇〇が大事だと思うか」「〇〇ができて何が良かったのか」というところまで考えてみると、深みが生まれます。

 

(3)自分の考えを人に説明できるようになる

自分をよく理解すると自分のことを人に説明できるようになります。

面接などで「なぜそう考えたのですか」と追求されても、軸がぶれることなく説明できるので志望動機も自信を持って答えることができるでしょう。

 

看護師転職で自己分析をする際の注意点

看護師転職で自己分析をする際の注意点

夜勤の有無や残業時間、休日(シフト制)など看護師の仕事には様々な勤務条件があり、転職先を選ぶときには仕事内容と同じくらいその条件を優先させたいと思うかもしれません。

しかし、自己分析をする際は何も考えずにまずやってみること、自分で結果を誘導しないようにすることを注意しましょう。

勤務条件等から選んで転職先を先に決めてしまってから、「自分はこれが合っているはず」だ、という自己暗示にかけるような自己分析をするのはやめましょう

 

3.看護師転職時における自己分析の行い方

看護師転職時における自己分析の行い方

看護師が転職するときの自己分析の方法をステップごとにみてみましょう。

 

初めに:自己分析ノートを作る・分析シートを活用

自己分析ノートを作る・分析シートを活用

頭の中で思い浮かべながら考えるだけではなく、自己分析ノートを作りきちんと文字にして書き出してみると整理されやすくなります。

特に、「なぜそう思うのか」「なぜ?なぜ?」という繰り返しで深く掘り下げて自分の考えを導くためには、実際に書いてみる方がやりやすいです。

看護師自己分析シート(DL)

 

STEP1:自分の性格(やりがい)を知ることから始める

自分の性格(やりがい)を知ることから始める

看護師の自己分析のやり方は、まずは自分の性格を良く知ることから始めます。

看護師の仕事をしていて、どのような時にやり甲斐を感じるか、ということを考えてみましょう。 人によっては「患者さんに感謝された時」であったり、「先輩から褒められた時」であったりと様々です。

 

自分の性格は周囲の人の意見も確認しよう

周りの人から自分はどのような印象を持たれているのか聞いてみましょう。友人や家族などに自分の傾向や性格、苦手としていることなどをリサーチしてみます。

自分が見ないふりをしていた自分を認め、客観的に見つめることが大事です。

 

STEP2:仕事上での得意なこと・不得意なことを書きだす

仕事上での得意なこと・不得意なことを書きだす

次に、仕事の中で得意なものと不得意なものを書き出します。

救急処置が苦手、記録が苦手、検査が得意など、何でも良いので書いてみましょう。

 

STEP4:これまでの自分史を作る

これまでの自分史を作る

これまでの自分の経験の中で自分に影響を与えたことや心に残った言葉などを書き出します。

生まれてから現在までをじっくりと振り返り、

  • 頑張ったこと
  • 楽しかったこと
  • 挫折したこと
  • 自分で選択したこと

などのエピソードを書き出すことで、自分の成長過程が見えてきます。

 

STEP5:なぜ?と深掘りしてみる

なぜ?と深掘りしてみる

自分史を作った中で、1つのテーマを決めて、自分の人生の中で経験してきたテーマの事例をいくつか挙げてみます。

そして、その中の1つについて「なぜ?」と深く掘り下げてみます。自分の性格や傾向、価値観、看護のテーマであれば自分らしい看護、やりたい看護が見えてきます。

 

実践例:嬉しかったこと

  • 実習で患者が今まで出来なかったことが「出来た」喜びを一緒に喜べた→なぜ嬉しかった?
  • 患者にとっては小さな進歩が重要で嬉しいのだろうなと思った→なぜ小さな進歩が重要だと思った?
  • 長く入院して状況が変わりにくいと、ずっとこのままなのか、と不安になることが多いから→なぜ患者が不安にならない方が良いと思う?
  • 不安があると治療に積極的に参加できなくなるし、眠れなくなることや食欲もなくなり、病気と闘って生きようとする力もなくなっていくから

この掘り下げ事例では、「患者の不安を取り除き、前向きに過ごせるように関わりたい」という看護観が見えてきます。

「なぜ?」という掘り下げは、できれば10個くらい繰り返してみることをおすすめします。

事例によっては掘り下げやすいもの、掘り下げにくいものがあるので、いくつかやってみましょう。

 

STEP6:自分の看護観

自分の看護観

自分の大事にしていること、価値観が分かってきたら、自分のなりたい看護師像、何を大切に仕事が行いたいのかという自分の看護観が見えてきます。

看護学校時代にも自分の看護観は嫌という程レポートに書いたかもしれませんが、実際の臨床経験を経て変化していることもあります。

そして、看護観が明確になると何を目指してどう頑張りたいのか、という目標も掲げられるでしょう。

 

将来の目標とする自分も考えよう

3年後、5年後、10年後にはどの様な看護師に自分になっていたいか」ということも考えましょう。

自分の強みや弱みが見えてきますので、強みが活かせる仕事を探す一方で、弱みをどの様に克服していくかを考えましょう。

 

4.自己分析の結果を看護師転職で活かす実践例

自己分析の結果を看護師転職で活かす実践例

 

自己分析の結果から自分に合った転職先を見つける実践例

自己分析の結果から、自分に合った病院・施設が分かります。例えば以下の通りです。

・患者の命を助けたい
・元気になって喜ぶ顔が見たい
急性期病院
・患者が自分でできることが増えるように一緒に支えたい 慢性期病院
・患者だけでなく家族も含めた看護がしたい
・患者と家族の生活を中心に支えたい
在宅看護
・一緒に働く仲間を大切にしたい
・リーダーシップを発揮したい
大規模な病院
(大学病院・総合・一般病院)
・大学病院・総合病院など 小規模な病院
(クリニック・一般病院・民間病院)
・仕事をバリバリするより家族が大事 子育てを応援している病院や施設
・看護技術は自信がない
・でもとりあえず看護師を続けたい
・健康診断センター
・デイサービス
・訪問入浴など

以上のように自己分析を行った結果、自分自身にはどの病院・施設で働きたいのかが見えてくるはずです。

また、向いている診療科などで困った場合は「私は看護師として何科に向いてるの?<適科診断付き>」の診療科診断も行ってみてください。

 

自己分析の結果を自己PRや志望動機に活かす実践例

自己PRの実践例

「私は笑顔に自信があります」という自己PRでは抽象的で伝わりにくいですが、具体的な実績や経験から導いて話すと説得力があるアピールになります。

【自己PRの例文】口数が少なく緊張していた担当の患者と毎日笑顔でタッチングしながら関わることで『安心して手術が受けられそう』と言って頂けたことがあり、笑顔のコミュニケーションに自信があります。

自己PRの詳細に関しては「看護師の履歴書で自己PRはどう書くべき?例文つき」を確認しておきましょう。

 

志望動機の実践例

「なぜ患者中心の看護をしたいのか?」→「医療者に気を遣って本心を言わない患者が多かった経験がある」→「なぜ本心を言えない患者が多いのは良くないと思うのか」ということから、自分がどういう姿勢で看護をしたいかいう意志の強さを訴えることができます。

【志望動機の例文】私は患者や家族が退院後も人生と共に療養していくためには、自分の意志で治療を選び、治療に参加してもらうことが大事だと考えています。病院見学で患者中心に様々な選択肢を提案しながらサポートしている貴院の看護に触れ、是非貴院で貢献したいと思い志望致しました。

基本的な志望動機については「看護師の志望動機 | 転職時の書き方と例文をすべて網羅!」を確認しましょう。

 

5.まとめ

自己分析は履歴書作成や面接対策のためだけではなく、自分に合った職場を探すためにはとても重要です。

安易に転職先を決めずに、自己分析の結果から選ぶとその後のやりがいにも繋がります。転職活動を成功させるためにも是非このページを参考にしてください。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



看護専門学校卒業後、大学病院の集中治療室(ICU・CCU)で8年間勤務。出産・育児休暇を経て復職しましたが、夫の転勤のため退職。 その後、興味のあった在宅看護に携わりたいと考え転職し、現在は看護師が立ち上げた小規模訪問看護ステーションに在籍する現役訪問看護師2年目です。 転職に迷っている方、病院選びや就きたい仕事選びでリアルな現場の実状を知りたい方への情報を分かりやすくお伝えし、お役に立てればと思います。

保有資格 ・正看護師 ・ACLSプロバイダー
出身/年齢 ・神奈川県/40歳
職務経験 ・大学病院・小規模訪問看護ステーション
診療科経験 ・ICU(集中治療室) ・CCU(冠状動脈疾患集中治療室) ・訪問看護

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:看護師転職のノウハウ

(公開日:)(編集日::2018年05月15日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。