自衛隊・消防署・警察への看護師転職で知りたい仕事内容と待遇

自衛隊・消防署・警察への看護師転職で知りたい仕事内容と待遇

看護師といえば、病院だけで働くものと思っていませんか?実は、自衛隊、消防、警察などの施設でも、看護師は活躍しています。ここでは、自衛隊、消防、警察で働く看護師たちの仕事内容と待遇について触れていきます。また、どうすれば転職できるのかも紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.自衛隊看護師とは?

自衛隊看護師とは?看護師といえば、病院などの施設で働くものと思いがちですが、自衛隊の中にも、看護師として働いている人がいます。なんと、自衛隊は女性自衛隊員の先駆け的な存在で、以前は婦人自衛官と呼ばれる看護部隊で働いていました。

自衛隊の前身である「保安隊」と呼ばれていた昭和27年、女性の隊員はとても珍しく、看護に携わるとはいえ、特殊な存在だったようです。

 

(1)自衛隊看護師の仕事内容

自衛隊看護師の仕事内容自衛隊看護師の仕事は、通常の病院勤務とほぼ変わりません。しかし、看護にあたる対象者は、防衛省職員やその家族が主となります。自衛隊員が訓練や有事などで負傷した場合に手当をすることもあります。

基本的に若い層の患者が多く、整形外科などは特に、若い世代の患者が中心になるそうです。ちょっとした手当は各自衛隊の医務室などで行うため、自衛隊中央病院などにかかる自衛隊員は、重症患者が多くなります

仕事内容の特徴を詳しく確認していきましょう。

  • 災害時には救命活動に派遣される
  • 海外の紛争地域に派遣されることもある
  • 施設・設備が満足にない状況でオペや治療にあたる
  • 自衛隊員たちの健康管理や衛生環境の整備をする

 

災害時には救命活動に派遣される

また、自然災害などが起きた場合には、自衛隊員と同じように、救命活動に派遣されることも特徴の一つです。派遣される場所は、国内・国外を問いません。

 

海外の紛争地域に派遣されることもある

海外の紛争地域などで支援活動をするため、自衛隊看護師も多く派遣されているようです。通常の病院勤務では経験することのない環境での看護業務に当たるのは、自衛隊看護師の最大の特徴かもしれません。

 

施設・設備が満足にない状況でオペや治療にあたる

また、手術にあたる際も、災害救助などの現場では、満足の行く施設がなかったりします。そのため野外手術システムの車両で手術することもあるそうです。オペにあたる際にも、看護師は迷彩服を来て手術の補佐にあたるといいます。看護師として看護にあたる仕事と言っても、ここまで環境が違うとは驚きですね。

 

自衛隊員たちの健康管理や衛生環境の整備

自衛隊看護師の仕事内容の中には、自衛隊員たちの健康管理、衛生環境の整備なども含まれるといいます。健康で、いつでも万全な体調で出動できるよう、体調管理のサポート役といっても良いかもしれません。

 

(2) 自衛隊看護師の待遇について

自衛隊看護師の待遇環境が特殊な中で働く自衛隊看護師には、どんな待遇が与えられているのでしょうか。

 

陸上自衛官として働く場合教育を受ける

待遇と言えるかどうかわかりませんが、病院に勤務しても、陸上自衛官として働く自衛隊看護師の場合、教育を受けることになります。看護師として働き始めて4年目には、幹部になる試験を受けることができます。この試験に合格すると、3等陸相として階級が上がり、その後も試験などを行うことで、昇進していきます。

 

ハードな訓練を受ける

また、看護師として働きながらも、訓練を受けますが、その内容はとてもハードだそうです。徒歩行進やほふく前身、射撃訓練などもあるそうです。災害を想定して、野外病院のデモンストレーションも行うといいます。これらの訓練は、配属先によっても大きく違うようです。また、年齢や階級によっても、内容は変わってきます。

 

給与について

気になる給与についてですが、給与は1等陸曹で月給22万円ほど。給与の幅としては、約20万〜35万円ほどが相場だそうです。加えて、ボーナスも支給されるため、入隊して間もなくは300万円〜350万円が年収の平均になりますが、その後は年収500万円を超えることも少なくありません。

 

(3)自衛隊看護師として勤務するには?

自衛隊看護師として勤務するには?自衛隊職員なのか、看護師なのかが気になるところですが、自衛隊看護師は自衛隊職員という立場になります。自衛隊看護師になる場合は、下記の3の方法を取る必要があるでしょう。

  1. 自衛隊中央病院高等看護学院へ入学する
  2. 防衛医大看護学科卒業後、自衛隊病院で勤務する
  3. 一般の看護師が自衛隊看護師求人に応募する

1の場合は、入学した時点で、陸上自衛官2等陸士として採用されることになります。学生ですが、授業料は無料で、特別職国家公務員としての給与も受け取れます。ただし、自衛隊の訓練も受けなければいけないことも、忘れないようにしてください。

厳しい訓練にも耐えられるのであれば、1の方法で自衛隊看護師になることもできますが、競争倍率は30倍ほどで、超難関です。受験できるのは、男女ともに18歳以上から24歳未満に限定されていますので、受験を考える方は、年齢制限にも注意してください。

3年間の授業を終えると、自衛隊病院などに配属されることになります。看護師国家試験の合格率はほぼ100%ということで、士気の高い環境で、看護師を目指すのにはおすすめです。

 

2.消防署で働く看護師とは?

消防署で働く看護師とは?消防署で働く看護師と言っても、消防署で白衣を着て働いているわけではありません。救命救急士は別の公務員試験や国家試験に合格する必要がありますので、看護師資格を持っているからといって、救命救急士として働けるものではありません

 

(1) 消防署で働く看護師の仕事内容

消防署で働く看護師の仕事内容では、どこで何を任されているのかというと、それは、コールセンターでの業務です。看護師がコールセンター?と思うかもしれませんが、実はとても重要な仕事。

最近では、たいした病状でもないのに、救急車を呼び出す人が増えたとして、社会問題にもなっていますよね。そのために、救急相談センターや救急安心センターなどの名称で、医療の相談機関を設ける地域が増えてきました。

 

病状やケガの状態を聞いて電話口で判断する

電話をかけてくる人は、救急車を呼んだほうが良いのかどうか、悩んで電話をかけてきます。病状やケガの状態をきちんと聞いて、どんな病気やケガに当てはまるのか、電話口だけで判断しなければいけません

 

応急処置の方法をスピーディーに的確にだす

コールセンターとはいえ、専門的な医療の知識が必要になります。また、救急車を呼ぶ、または救急病院へ行くように指示を出すにしても、応急処置の方法などを伝える必要は出てくるでしょう。

これらの指示は、スピーディーに、適確に出せなければならないため、看護師の知識はとても役に立つのです。

 

アドバイスが命を左右する責任の重い仕事

コールセンターというと、一般的な看護師の方には慣れない仕事で、どこか電話受付をする事務職だと思っている人もいるかもしれません。しかし、消防庁のコールセンターの仕事は、的確なアドバイスが人の命を左右する、とても責任感の重い仕事になります。

 

(2)コールセンターで働く看護師の待遇について

コールセンターで働く看護師の待遇について消防庁などではたらくコールセンタースタッフの看護師は、地方公務員の一般職になることが多いようです。東京消防庁が出している求人の例を見てみると、非常勤での採用もあるようです。

 

勤務時間について

勤務は1ヶ月に16日ほどで、日中勤務と夜間勤務があります。シフト制で、日勤を6回、夜勤を5回ほどこなすのが一般的なようです。日勤は、8:30〜17:15まで、夜勤は16:00〜翌日10:00までの勤務になります。日勤の場合は休憩が60分、夜勤の場合は150分の休憩が与えられます。

 

給与について

気になる給与ですが、月額28万円程度。夜勤があるため、非常勤の割には高額な収入を得ることができそうです。交通費も5.5万円支給され、各種保険も完備なので、待遇もまずまずといったところでしょう。

 

直接看護をしない病院勤務とは全く違う職種

正規職員での採用があるかは、時期によって違うのかもしれません。ただ、直接看護をしたくない、病院勤務は疲れてしまったから、全く違う職場で看護師資格を活かしたい場合には、とてもやりがいのある仕事かもしれません。

 

(3)消防のコールセンターで勤務するには?

消防のコールセンターで勤務するには?これらのコールセンターで働く場合は、求人サイトやハローワークなどで案件を探すか、消防庁のホームページに記載のある求人情報ページから応募することになります。資格要件は、看護師資格を有し、救急医療機関で救急外来などの勤務経験がある人、救急外来の勤務経験か、もしくは同等の知識や経験を持っている人が対象になります。

 

一般病棟での勤務経験だけでは採用が難しい

特殊な現場のため、やはり救命救急の経験や知識は必須なようです。一般病棟などで勤務しているだけでは、採用は難しいのが現状です。

 

3.警察で働く看護師とは?

警察で働く看護師とは?警察にも看護師がいるの?と思う人も多いでしょう。なかなか、警察署に足を運ぶことは少ないので、知らなくても当然かもしれません。警察での看護師の仕事は、警察署での仕事ではありません。ドラマなどを見ていると、時折「警察病院」のシーンが出てくると思いますが、看護師が働くのは、警察病院になります。

他にも、規模の大きな警察署や、警察主催、または国が主催のイベントなどの医務室で働くことが多いようです。

 

(1)警察病院で働く看護師の仕事内容

警察病院で働く看護師の仕事内容仕事内容は入院する患者の看護で、基本的には一般の病院と同じです。ただし、入院患者は刑事事件の被害者や加害者など、少し特殊なケースで訪れる患者もいます

しかし、現在は警察病院も地域の病院と同じように、外来患者の受け入れもしています。そのため、比較的通常の総合病院などと同じように働けます。

 

(2)警察病院で働く看護師の待遇について

警察病院で働く看護師の待遇について警察病院で働く看護師は、公務員ではありません。政府管掌健康保険に加入することになり、財団法人の職員となります。

 

給与について

給与は、公務員ではりませんが、公務員に準ずると規定されているため、県立や国立の病院で働くナースのように、給与は少し高額になります。

 

各種制度について

2交代制の病院が多く、4週8休で勤務を回していきます。教育制度なども充実しているので、看護師としてのスキルを磨くこともできるでしょう。

 

雇用形態について

警察病院で働く場合、常勤以外は原則的に日雇い勤務になるそうです。そのため、アルバイトやパートでの看護師勤務はできません。日雇いの場合は、日給は1〜3万円ほど

場合によっては、給与の待遇はよくないと感じることもあるかもしれません

 

(3)警察病院で勤務するには?

警察病院で勤務するには?警察病院に転職する場合には、通常の求人サイト、ナースバンクなどで見つけることができます。しかし、最も効率的なのは、警察病院のホームページなどに掲載される採用情報をチェックすることでしょう。

警察病院は、大都市などに配置されることが多いので、必ずしも住んでいる地域にあるとは限りません。しかし、寮がある場合もあるので、入寮してでも働きたい場合は、その覚悟で応募するといいのではないでしょうか。

 

一定の看護師経験が求められる

応募するにあたっては、年齢制限などはありませんが、勤務経験3年以上など、ある程度看護師経験がある人が歓迎されます。働く場所は外来か病棟になり、白衣は貸し出されます。

場合によっては、内視鏡センター、血液浄化センター、手術センターなど、勤務する診療科が限られている求人案件もあるようです。

 

警察病院のホームページで採用要件を確認する

警察病院のホームページに、事細かに採用要件などが書かれていますので、警察病院で働きたい看護師の方は、一度検索してのぞいてみると良いでしょう。

 

4.自衛隊病院、消防署、警察病院で働くメリット

自衛隊病院、救急コールセンター、警察病院で働くメリット
自衛隊病院や消防署、警察病院は、すべて公的機関です。そのため、経営などに左右されること無く、比較的安定した働き方ができるのが魅力ではないでしょうか。

 

安定した働き方ができる

病院での勤務の場合は、多少の残業もあるようですが、常勤以外なら、ほぼ残業はありません。最近では、ブラック病院などと呼ばれる、劣悪な労働環境下で働く看護師も多いですが、公的機関のため、そのような心配もないでしょう。

 

社会貢献の意識をもって働くことができる

自衛隊看護学校ならば、学生でもお給料がもらえるのが魅力の一つ。また、何よりも、国や地域など、社会貢献の意識を持って働けるのが、公的機関での看護師の仕事の魅力です。

特殊な仕事でもあり、求人数は一般の病院と比べると少ないかもしれませんが、もし、公的機関での求人募集を見かけたら、一度応募を検討してみてはいかがでしょうか?

 

スキルを磨き続けることができる

スキルが必要な現場が多いですが、その後も学び続けたい、スキルを磨き続けたいと考える人には、とても魅力的な職場になるでしょう。

 

5.自衛隊病院、消防署、警察病院で働くデメリット

デメリットに感じる看護師
自衛隊病院、消防署、警察病院では民間の医療施設と比較すれば身分は守られていますが、その反面、給与が上がりづらく、また新参者は出世しづらいというデメリットがあります。基本的に、組織の体制が旧いので合わない人は合わないでしょう。

 

看護師の給与は上がりづらい

例えばクリニックなどであれば、全体の売り上げが伸びたり、営業成績を上げたりすることで看護師の給与が上がることもあります。一方、こうした公的な医療施設の場合、看護師の給与は公務員の年俸制度に準じて定められていますので、よっぽどのことがなければ給料が一気に上がることなどはありません。給与が安定するというメリットはありますが、思いっきり稼ぎたいという看護師にとってはデメリットとなってしまうでしょう。

 

長く勤務していないと出世できない

基本的に、その場での経験年数がものを言う世界ですから、長く勤務していないと出世できません。十分なキャリアや経験値があっても、転職組がすぐに役職につくことは難しいでしょう。

今までの経験を活かしてキャリア転職をしたい看護師にとっては向かない職場だと言えます。

 

まとめ

自衛隊・消防署・警察病院の最大の特徴は公的機関であるということです。これらの職場は公務員試験を受けなくても、公務員に準じた待遇を受けることができるため、安定志向の強い看護師にとっては非常にメリットが大きいはずです。

一方で、バリバリ働いてキャリアを目指していきたい看護師にとっては何かとデメリットに感じることも多いでしょう。転職する際は自分が一番「外せないもの」が何であるかを吟味した上で、選択していくようにしましょう。

 

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。