著作者

ZERO

看護師ライター

ZERO

( 准看護師 )

看護師が申し送りをスムーズに行う方法と分かりやすく伝えるコツ

ZERO
看護師ライターZERO
申し送り スムーズ 看護師

申し送りとは、患者の病状や経過などその日一日あった出来事を次に勤務する看護師に分かりやすく伝達することです。新しく入院になった患者の情報をリーダー伝えることも大事な申し送りの一つとなっています。

病棟リーダーとなる看護師は入院している患者全員を申し送ることになるので、人数が多いと大変です。時間もかかってきますし、相手が先輩の時は緊張してプレッシャーを感じる事もあります。

ここではそんな不安を解消出来るよう、重要なポイントを踏まえつつ説明していきます。

1.看護師の申し送りは5W1Hを上手く活用することが大事

看護師の申し送りは5W1Hを上手く活用
5W1Hとは、「いつ・どこで・誰が・何を・何故・どのようにしたか」という事です。

  • when(いつ、時)
  • who (誰が)
  • where(どこで)
  • what(何を)
  • why(なぜ)
  • how(どのように)

このように5W1Hとは最も基本的な相手に説明するときのポイントになるものです。5W1Hが抜けていると主語や述語が抜けていて誰の事を言っているのか、どうなったのかが伝わらないことがあります。

これから5W1Hについて簡潔に説明します。

 

When(いつ)=時間を表す

伝えたい事柄がいつ起こったことなのかを伝えます。患者の経過を説明するときは順序よく時間に沿って伝えていく必要があります。

  • いつどのようなことが起こったのか
  • 患者がその時々でどのような経過をたどったのか

申し送りの説明中に、経過に関係なく起こった出来事を付け足すと、話の時間軸と内容が前後左右しやすいです。説明する前には一度頭の中で時間軸と出来事を整理すると良いです。

 

ポイント!

ポイント

時間の経過と起こった内容を頭で整理することが苦手な看護師は、メモ帳にその都度重要なワードを一言だけ書いていき、説明するときにそれを文章にすると伝えやすくなります

 

Who(誰が、誰を、誰に)=主語のほかにも影響を受けた人物や物も表す

普段からの会話で1番抜けやすく、抜けると1番わかりにくくなってしまうのがこの人物や物に対するwhoです。看護師の働く職場で患者のことに対してのこととなると、伝えた側とは違う患者と勘違いして大きな事故になりかねません。

そのため、人物、物は確実に相手に伝えるべき事なので、普段から心掛けて話すようにしなければなりません。

 

Where(どこで)=場所を表す

場所の説明は相手がその場面を想像しやすくするために必要なワードです。

例えばトイレで転倒したとき、どこの段差でつまずいたのか、床が抜けていたのか、そしてそれを防ぐためにはどのような改善、対策が必要かなどを考えることができます。

 

What(何を)=結果や重要なことに繋がる動作を表す

その患者が何をしたのか・転倒したのか・誤嚥したのか等の動作を表すワードがWhatです。Whatを伝えなければ、何がどうなったのか相手にまったく伝わりません

 

Why(なぜ)=理由、動機を表す

理由や動機は上記の説明した後に付け足すべきワードです。まず、人物(who)がどういう行動(what)をとったということを説明して、その深い説明として理由を伝えることで、受け取る側はまず、その人物の行動を先に理解することができます

重要なことを曖昧にしてしまうと相手に伝わりにくくなってしまうときがあるので、理由や動機は後に付け足すようにします。

 

How(どのように)=方法を表す

Howはどのような方法・行動かを説明するときに用いられます。例えば、患者はトイレで「どのように」転倒して、それに対してスタッフは「どのような」対策、行動をしたのかを伝えることができます。

そのため、このワードも 「why」 と同様に「いつ・誰が・どこで・何を」を伝えた後に付け足すべきものです。そのほうが、受け取る側は今後どのような点を観察、対策をしていけばいいのかが明らかになります。

 

明確に簡潔にまとめて伝えるのがポイント

何故そうなったのか、理由は何か、根拠はどこにあるのかなど伝える事が明確になっていないと相手も困惑してしまいますし、その都度つっこまれてしまうと説明も長くなるため時間がかかる事に繋がってしまいます。

1回の説明で的確に相手にもイメージを掴んでもらえるように、この5W1Hを常日頃から心掛ける必要があります。

 

不明確な言葉は申し送りでは使わないこと

申し送りをする時は、必ず明確に伝えましょう。明確に自信をもって伝えるには、今日やるべきことが漏れなく出来ていたかが重要なポイントとなってきます。患者1人1人に対してきちんと看護業務が行えたか、申し送りをする前に最終確認をしてみましょう。

 

2.申し送りの基本的な4つの心得

申し送りの基本的な4つの心得
申し送りの方法に自信が持てず、人知れず悩んでいる看護師はたくさんいます。ですが、申し送りの基本的な心得をしっかりとわかっていれば難しいことはありません

  • 申し送りは結果から先に伝えることが重要
  • 申し送りの基本は現在の患者の状態を伝えるだけ
  • 入院期間が長い患者の申し送りは大事な要点をまとめて言うこと
  • 先輩看護師の申し送りを聞いたら振り返りを行うこと

上記した3つの心得について、詳しく説明します。

 

申し送りは結果から先に伝えることが重要

申し送りの基本はどのようなことを1番に伝えたいのか、何が1番重要なのか、結果から先に伝えることです。1番重要なことを先に伝えておけば、受け取る看護師はその結果を念頭に置いて、そうなった成り行きを頭のなかで整理しやすくなります。

結果を先に伝えることで、1番重要なことはあやふやに伝わらずに、ストレートに受け取る側に受け取られます。

 

患者が急変した場合は結果から伝えられないこともある

例外として、患者の状態が急変して医師に電話で報告する場合、結果から伝えてもその患者がどのような疾患で、どのような治療・経過をしていたのか想像がつきません

そのような場合は患者の主病名と今現在行っている治療を簡潔に伝えてから結果を伝える必要があります。

 

申し送りの基本は現在の患者の状態を伝えるだけ

申し送りの基本は、今伝えなければいけない事を漏れなくしっかりと伝えることです。以下のように患者の状態については、分けて考えるとわかりやすいでしょう。

  • 患者が現在飲んでいる薬
  • ADLの状態
  • 一日の患者の様子

このように申し送りが簡単な内容で良い理由としては、申し送りをする側も、聞く側も患者の情報収集をしているからなのです。

 

申し送りを受ける時は予め患者の情報を頭に入れておく

逆に申し送りを受ける場合は、予め以前の患者の経過を自分の目でしっかり情報収集をしておくと相手の負担が減ります。まずは患者を知らなければ、いきなりの看護は出来ませんので必ず患者のことは頭に入れておくことを心がけてください。

 

入院期間が長い患者の申し送りは大事な要点をまとめて言うこと

入院期間や疾患の経過が長い患者は、手術を何度か行い、薬も経過とともに変わることは普通です。こうした入院期間が長い患者の申し送りでは「入院当初から今に至るまで全て申し送りをする必要は無い」です。

申し送りをする例として、「○○ヶ月前○○の疾患で入院しましたが、○○を経て現在○○です」。という事だけで十分なのです。

 

先輩看護師の申し送りを聞いたら振り返りを行うこと

経験を積んで慣れている先輩看護師からの申し送りは分かりやすいです。そのため、先輩看護師も申し送りを聞いた後に、以下の2つの項目に当てはめて振り返りを行ってみてください。

  • どのような仕事内容を先輩はどういうふうに伝えていたのか
  • 申し送りの要点は何だったのか

そうして、患者の情報と照らし合わせながらじっくりと振り返ってみることは、とても大事な事ですし、スムーズに申し送りが出来るようになる近道でもあります。

 

先輩看護師の申し送りを盗めるとうまく話せるようになる

申し送りが苦手な看護師は分かりやすい申し送り方法を先輩から盗み、後はとにかく数をこなすと良いです。苦手だと感じていても、経験を積むうちに申し送りのまとめ方が理解できるようになり、うまく話せるようになります

 

3.リーダー看護師への申し送りで押さえるポイント

リーダー看護師への申し送りで押さえるポイント
日常の業務の中でも最も機会の多い申し送りの機会と言えば、メンバーの一員としてリーダーとなる先輩看護師に申し送りをする場面です。リーダー看護師への分かりやすく的確な申し送りをするためのポイントは3つになります。

  • 重症患者のことを最初に申し送ること
  • 経過が長い場合は今日の業務に繋がることのみを申し送りする
  • 言葉で伝わらない内容は訪室して状況を説明する

この3つのポイントについて、詳細に説明していきます。

 

重症患者のことを最初に申し送ること

1番最初に1番重要な重症患者を申し送ると、リーダー看護師もしっかりと話を聞いてくれる体制を整えている時なので、頭に入ってきやすい傾向にあります。

  • 会話の最初に重要なことを言うこと
  • 会話の途中途中に重要なことを挟まないように伝えること

最初に重症患者の申し送りをする場合は、上記の2点を押さえると、申し送りの内容も、すんなりと頭に入りやすいものになります。

 

経過が長い場合は今日の業務に繋がることのみを申し送りする

経過が長い患者の申し送りをする場合、どこから申し送りをすれば良いかわからず、経過を無駄に長く話してしまう看護師がいます。経過が長い時、事実と相違なく申し送りをするためには、次の内容をピックアップして伝える方法を取ると良いです。

  • 今日の業務につながる内容
  • 明日の業務に影響が出そうな内容

長い経過を話し言葉で伝えると、伝言ゲームのようになり途中で事実と内容が異なってしまいます。近況で必要になる点を明確にしてリーダー看護師へ申し送りをするようにしましょう。

 

患者の経過を知らないリーダー看護師への申し送り方法

患者の経過を知らない看護師への申し送りの方法ですが、直接記録を見てもらい、自分で情報を集めてもらう方法が良いです。この時も伝える必須内容があれば、簡潔にまとめて伝えるようにします。

 

ポイント!

ポイント

転院や転棟などで経過が長いけれども自分の病棟に来たばかりである場合は、過去の経過をかいつまんで申し送ると親切になります。

 

言葉で伝わらない内容は訪室して状況を説明する

申し送りの内容によっては、言葉だけでは限界があることもあります。言葉だけで申し送りができない場合は、直接リーダー看護師を病室に連れて行くのも良い方法です。口頭での説明が難しい例を2つ挙げてみます。

  • 点滴薬の残量
  • 患者への針の刺入部

百聞は一見に如かずということわざの通り、繰り返し口頭で説明して理解してもらえない内容でも1度見てもらえれば納得してもらえるのです。

 

リーダー看護師と訪室して申し送りをするメリットは大きい

申し送りに不備があり、引継ぎの看護師との間で次のような問題を経験する看護師は多いです。

  • 点滴の刺入部が漏れているなどの小言を言われる
  • 申し送り内容の不備を指摘される

しかし、訪室して一緒に確認すれば「自分の勤務帯に起きたことではない」ということを証明することもできます。このようにリーダー看護師と訪室して一緒に内容確認をすることは、自分の身を守るためにもかなり有用な方法です。

 

リーダー看護師と訪室して申し送りをする注意点

リーダー看護師と訪室して申し送りをする場合には注意点があります。

  • 必ず訪室する前に申し送りをする
  • 申し送りが終わった後に訪室して状況を確認する

上記の方法をとるのが良いでしょう。患者の目の前で申し送りをすれば、内容が患者に筒抜けとなってしまいます。気を付けてください。

 

4.リーダー看護師が申し送りで注意することとは?

リーダー看護師が申し送りで注意
リーダー看護師としてメンバーに申し送りをすることはメンバーのその日の業務に影響を及ぼします。的確な申し送りの方法とはどうすればよいのか、大事なことは3つです。

  • 全体の申し送りでは重症患者と要注意の患者をピックアップする
  • 1日の流れを完結して伝えること
  • リーダー看護師が申し送りをする時は自分の主観はいれない

リーダー看護師としてメンバーに申し送りをする大事な3つのことについて説明していきます。

 

全体の申し送りでは重症患者と要注意の患者をピックアップする

リーダー看護師が全体に申し送りをするときには、全員が注意しておきたい患者をピックアップすると良いです。

  • 重症患者の情報
  • 重症患者の体調の経過
  • 行動含めて要注意の患者

上記に当てはまる患者がいることは、スタッフみんなが共有しておきたい情報です。みんなで共有しておきたい情報を中心に申し送りをすると短時間で的確な申し送りをすることができます。

 

1日の流れを完結して伝えること

申し送りは長くなればなるほど相手に的確に伝わりにくいものです。リーダー看護師はおのずと申し送りの内容も多くなります。その日1日あったことを完結して伝えるようにしましょう。

  • これからの看護につながること
  • 明日直近で行われる処置等

このように、患者の今後、必要になる仕事についても申し送りをしておくと親切です。前述していますが、5W1Hなどを用いて伝えると確実に伝えることができます。

 

リーダー看護師が申し送りをする時は自分の主観はいれない

リーダー看護師もその時間の勤務帯の看護師から申し送られていることをまとめて次の勤務帯のスタッフに申し送るわけですから、全てを見ているわけではありません。そのため、以下のような申し送りはしないように注意してください。

  • あたかも自分が見ていたように申し送りをしてしまう
  • 自分の思いを交えてストーリーを作成して申し送りをしてしまう

リーダー看護師が、主観を入れた申し送りをすれば、引継ぎの看護師に混乱を招きます。

 

患者の状況を知るための申し送りだということを忘れずに

リーダー看護師の申し送りでよくある事例が、夜勤帯の仕事があまりにも忙しかった時に、周りの看護師にも理解してもらいたくて、事実より誇大な表現をして申し送りをするということ。

その看護師の大変さより患者の状況を知るための申し送りのため、申し送りをするときは事実のみを淡々と伝えたほうが、引継ぎの看護師には伝わりやすいです。

 

まとめ

まとめ
申し送りは看護師であれば誰もが通る道です。苦手とする看護師も多いでしょう。申し送り慣れるまでは、うまくまとめられないだけでなく、伝えることもままならない看護師もいます。

ですが、情報収集をしっかりと行い、患者を知ることが出来ればおのずとやるべき事も分かってきますし、自分が伝える事も明確になってきます。この記事で述べた事も参考に、取り入れてもらった結果がより良い申し送りになれば嬉しいです。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

総合病院で勤務しながら看護学校に通い、准看護師の資格をとりました。
内科、整形外科、脳神経外科病棟の勤務を経験し、5年のブランクを経て整形外科のクリニックに勤務。現在は退職し派遣を経験しつつ、育児に専念していますが、新たな現場での職場復帰も目指しています。
私の経験が皆さんのお役に立てるよう、頑張りたいと思います。


カテゴリー:看護師コラム


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ZERO
(公開日:)(編集日::2017年05月23日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。