SICUへの看護師転職で知っておきたい7つのポイント

SICU(外科系集中治療室)とは

このページでは、SICUへの看護師転職で知っておきたい7つのポイントについて紹介します。SICUとは?平均年収・給与はいくらぐらい?転職のメリット・デメリットは?といった気になる疑問を解消します。ポイントを押さえて転職活動に臨みましょう。
 

 

1.SICUとは

SICUとはSICUとは、Surgical Intensive Care Unitの略語です。日本語に訳すと「外科系集中治療室」と呼ばれています。SICUは、従来の「術後回復室」が高度化したもので、おもに全身麻酔による外科手術直後の患者を、容体が安定するまで短期間(当日~2日間程度)収容する場所のことを言います。

一般では、ICUで代用する病院も多いのが現状です。設置されている医療機器についても、他の集中治療室と同様に、人工呼吸器やモニター、蘇生装置などの救急医療に必要なものが多数備えられています。

 

SICUの患者さんについて

SICUの対象となる患者さんは、なんらかの重大な臓器の機能不全をもった患者、および、その予備軍です。

予備軍とは、現在の重症度は高くないものの術前リスクや手術リスクにより重要臓器が機能不全に陥る可能性が高い患者さんのことです。この場合はフルモニタリングによる早期発見や早期介入によって、そのようなリスクを未然に防ぐことや、重症化を軽減することがSICUでの役割の一つなのです。

SICUが対象とする患者さんは、外科系患者であり、臓器不全があるかまたはその予備軍、そして高度な看護を必要とすることを示します。

 

24時間体制で患者さんの管理をしている

SICUでは24時間体制で、呼吸、循環、代謝、その他患者さんの全身状態の管理を医師、看護師が行っています。各病室にモニター・PCを設置し、随時患者さんの状態を観察しています

患者さんがいち早く術前の生活に戻れるように、医師や理学療法士、その他医療スタッフと協働し、術後の早期離床に取り組んでいます。

 

 

2.SICUで働く看護師の仕事

SICUで働く看護師の仕事SICUとは、Surgical Intensive Care Unitの略で、外科系集中治療室の別称です。おもに外科手術後の患者さんの術後管理を行う集中治療室のことを示しています。心臓外科や脳外科、消化器外科といった外科の大手術を行った患者さんに対して、集中的な看護を行います。患者さんの重症度は高く、緊張感のある職場環境です。

SICUで働く看護師の仕事はどのようなものなのでしょうか。

 

医療機器・病に関する知識や技術を要する

SICUでは人工呼吸器や血液透析装置など、様々な高度医療機器を使用することがあります。よってそこで働く看護師には、そのような高度な医療機器の知識から病に関する専門知識、看護技術を求められています

 

患者さんの異常に素早く気づく

患者さんをよく観察し、異常の早期発見に努めることはSICUで働く看護師にとって重要なことです。循環、呼吸、代謝といった全身管理や意識レベルのチェックを行い、ほんの小さな変化や異常に気付けるかどうかが、重要なポイントになります。

 

臨機応変に患者さんを受け入れる適応性が必要

外科手術は緊急の場合が多く、他の手術のように予定がたちません。そのような緊急時であっても、状況に応じて臨機応変に患者さんを受け入れることができる適応性と深い知識が必要です。

 

患者さんや家族に対する精神的サポート

術後の患者さんは、自立度が低く、生活の大部分で介助が必要な方もいます。このような患者さんのケアはもちろん、患者さんへの精神的なサポートや患者さんの家族に対する精神的なサポートなども、SICUで働く看護師の仕事です。

患者さんがいち早く術前の生活に戻れるよう、医師や理学療法士たちとともに、リハビリの看護も行います。

 

 

3.SICUで働く看護師に求められるスキル

SICUで働く看護師に求められるスキルSICUで働く看護師の主な業務は、外科集中治療が必要な患者の管理や術後の管理を行うことです。必要なスキルは状態をつぶさに観察し、数値や症状の変化を敏感にとらえる事です。

SICUで管理する患者は病状が急変する可能性が非常に高い患者なのです。そのため、専門とする手術や病気の分野によっても違いますが、一瞬の判断が生死を分ける事もあります

 

冷静な判断力を要する

SICUで働く看護師はスキルだけでなく、冷静な判断力も求められるのです。

また、手術後の管理のためにSICUに入る患者もいるため、その点も注意が必要です。基本的な知識は勉強で補える事が多い一方で、細かい知識のノウハウなどは現場で蓄積されてマニュアル化されていることも多くあります。そのため、スキルアップを目指してSICUを希望する人も多いのです。

 

最新の医療機器の操作

この場合はすぐにSICUに配置されることは少なく、外科の勤務経験などが重要になる事も多くなります。特に、最新の医療機器などを扱うことも多いので、操作方法にも慣れておくのがベストです。外科手術の患者の管理なども重要な経験になります。

 

体力の維持や健康管理

スキル以外にも重要になるのが体調の管理です。SICUは24時間体制で患者の様子を見なければいけないため、生活のリズムも不規則になりがちです。夜勤が日常的になる事も有るため、体力の維持や健康管理には十分に気を遣う必要があります

 

ポイント!

ポイント

ICUと同じく必要な技術や知識、体力など多くのものが求められるため、自分を磨きたい人ややりがいを求める人には最適な職場と言えます。

 

 

4.SICUで働く看護師の平均年収・平均給与

SICUで働く看護師の平均年収・平均給与SICUは「Surgical Intensive Care Unit」の略称で、日本語で「外科系集中治療室」です。国内でも設置が進んでいるSICUですが、外科手術後の患者の術後管理を行い、急変の可能性のある患者を24時間体制でケアするという極めて重大な役割を担っています。

こうしたSICUではその他の集中治療室と同じく様々な高度な医療機器が揃えられていますが、現場で働く看護師にはそれらを正確に読み取りながら、患者の様態に合わせて迅速で正確な行動を取ることが求められます

 

精神的にも肉体的にもハード

そのため数ある看護師の職場の中でも高度なスキルとキャリアが求められる事となりますが、緊急時の対応や一時も気の抜けない状態もあり、精神的にも肉体的にもハードなものになっています。

 

非常に恵まれた待遇

そのためSICUで働く看護師の方の待遇もICUなどの集中治療室と同じく非常に恵まれたものになっています。5年以上の勤務経験で平均月収はおよそ30万円から35万円程で、年収も500万円以上となることも珍しくはありません。もちろん個々の病院やエリアによっても異なりますが、同一エリアの看護師求人に比べても高額な給与といえます。

 

仕事のハードさや各種手当によって高給となっている

こうした給与の高さは求められる高度なスキルとキャリア、さらには仕事内容に関してのストレスやプレッシャーなども加味されてのことですが、基本的に24時間体制での現場となるため夜勤やその他の各種手当ても大きなものになっています

 

 

5.SICUへの看護師転職のメリット

SICUへの看護師転職のメリットSICUは複数の臓器に重い機能障害を負った患者さんや外科の手術を受けた患者さんの術後管理をおこなう現場です。ICUと同じく、仕事の内容は厳しいものとなりますが、給料や待遇の面でもプラスになる事が多いのです。

SICUは外科的な手術が必要な患者が集まる場所ですが、術前であっても容体が急変する患者や、術後の患者が入る場合も多くあります。きめ細やかな看護やチェックが必要なため相応の技術や知識も必要になります。また24時間体制の看護が必要になるため、夜勤なども通常業務に入る事があります。

 

ICUやSICUは夜勤の上限がない

看護師は通常72時間以上の夜勤が出来ないようになっていますが、ICUやSICUは例外とされており、結果的に夜勤が増える可能性があります。手当も通常の看護師よりも高いため、大幅な収入アップにつながる事も多くあります

ただし、集中力が必要な現場でもあるため、残業の時間などが厳しく制限される病院もあります。

 

転職の際の職場選びで困ることはない

SICUで働いた経験があれば、ICU等の勤務も可能と言え、転職の際の職場を選ばずに仕事をする事が可能と言えます。特に緊急医療の現場は人手が不足しがちなため、経験が大きなアドバンテージになる事も多いのです。SICUでの勤務は第一線で働く能力の証明ともなります。

 

応用力がみにつく

また、一つの科の枠組みを超えた様々な病状の患者を見る事になるため、応用力が身につきやすいのも魅力です。

仕事がハードである事をのぞけば、メリットが非常に大きく、将来設計の上でもプラスになるのがSICU勤務の特徴と言えます。

 

 

6.SICUへの看護師転職のデメリット

SICUへの看護師転職のデメリット看護師がSICUに転職するデメリットは重篤な状態の患者が収容されることから、つねに緊張感を持ちながら慎重に患者の様子を確認する必要がある部分でしょう。急な容態の変化に対応する冷静さも必要ですから、神経がすり減ることもあるでしょう。また、24時間体制で看護が必要な患者が運ばれてくることから、夜勤も多くなるのが特徴です。 心身ともにハードな職といえます。

 

1人当たりの業務が多い

ICUと同じく緊急時の人手不足や、十分なスキルの人間を確保するのが難しいと言う現実的な問題もあるため、1人あたりの業務が多いといえます。

 

非常に神経をつかう

また、重症患者や、手術後の容態が不安定な患者を看護しなければいけないため、非常に神経を使う事になるのもデメリットと言えます。ちょっとした変化や数字の見逃しが大変な結果をうむ可能性もあるのです。

 

プライベートの時間の確保が難しい

また、様々な病状の患者とも接することになります。自分があまり接したことがない病気の情報も積極的に収集し、勉強しなければならなくなります。時間が限られる中で勉強もしなければいけないため、プライベートの時間の確保が難しいと言う人もいます。

 

 

7.SICUへの看護師転職求人の探し方

SICUへの看護師転職求人の探し方SICUとは「外科系集中治療室」のことです。外科系の手術が行われた患者に術後管理を行うため、医師や看護師が集中的に治療を行う病棟のことです。SICUへ転職を希望する看護師さんはどのように求人を探していったらよいのでしょうか。

 

病院の情報や労働条件をチェックする

そんなSICUへ転職を考えているのであれば、事前の情報収集が重要です。

集中治療室が設置されているのは大規模な病院です。そしてSICUの場合は、他の集中治療室と併用されている事もあるので、病院の情報や休日やお給料もきちんとチェックしたいものです。

看護師の仕事が大好きでSICUで働く知識ややる気があっても、休日が極端に少なかったりやりたい仕事をさせてもらえなかったとしたら、せっかくの転職が無駄になってしまいます。

 

転職のプロに協力してもらう

おすすめは看護師専用の人材派遣会社や転職サイトなど、多くの情報を集めている転職のプロに協力してもらうことです。自分の希望や条件をきちんと伝えて、疑問点は解消することが転職にとって大切なことです。

 

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】

監修者

亀岡さくみ看護師

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。