著作者

Anna

正看護師

Anna

( 保健師 )

SICU(外科系集中治療室)とは?看護師の役割と転職先について

Anna
正看護師 Anna
SICU(外科系集中治療室)とは

看護師として外科系の病棟で働いている場合や、ICU(集中治療室)で働いている際に「もっと外科だけの集中治療を極めたい」と思うことはありませんか。

この記事では、外科に特化した集中治療室、SICU(外科系集中治療室)について、長年ICUで勤務してきた私の経験から、SICU(外科系集中治療室)の看護師転職時に知っておいてほしいことを説明していきます。

1.SICU(外科系集中治療室)とは

SICU(外科系集中治療室)とは

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、SICU(外科系集中治療室)とは、主に全身麻酔を使用する侵襲の大きな手術後の管理を行う外科専門のICU(集中治療室)のことです。

 

SICU(外科系集中治療室)とICU(集中治療室)の違いについて

まず、ICU(集中治療室)は外科・内科を問わず全身管理を要する患者が入院するところであり特別な区分を設けていません。

一方、SICU(外科系集中治療室)は、外科系の患者だけを対象とした治療部門で、消化器外科や心臓血管外科など侵襲の大きな周手術期の管理が行われるところです。

また、ICU(集中治療室中)でも様々な種類があり、

となります。

SICUには、術後合併症のリスクが高い患者や、術前の状態が極端に悪い患者など、厳密な全身管理が必要になる患者が治療を受けます。

時には病院の管理の都合で、大きな手術後に多数のドレーン管理が必要な場合や、何らかに理由で閉創できずしばらく解放創のまま管理する場合、処置に時間と人手がかかるために、外科スタッフの効率を考えて入室となることもあります。

 

ICUと分けてSICUを設ける理由

ICUとSICUを分けて設ける理由としては、一ヶ所に同じ医師・チームで診察する重症かつリスクの高い患者を集約することで、医師の処置などの効率が良くなります。

また看護師も専門性を持っているためインシデントを減らすことや、合併症予防に努めるなど安全な管理を行い、治療成績をあげることができるためです。

 

看護師がSICUで働くメリットとは

集中治療の中でも外科系に疾患が絞られるため、それに特化した集中管理を学ぶ事ができます。

外科系と言っても前述の通り全身管理を行うため、SICUを経験すると他の分野でも必要な知識(循環管理、心電図、画像解読、呼吸管理、ポジショニング、ドレーン管理、創部管理、鎮静鎮痛管理、離床、家族看護その他多数)を身につける事ができ、スキルアップに繋がることは確実です。

 

補足説明!

ポイント

これらが設置されている病院では外科もしくは麻酔科医師が専門で管理しており、同じ目標を持つ志の高い看護師や、専門・認定看護師が配置されていることもあり、日々の看護を通して専門的な知識を学ぶことができるでしょう。

 

2.SICUにおける看護師の役割

SICUにおける看護師の役割

SICU(外科系集中治療室)で働く看護師の役割を経験からお伝えしていきます。

 

(1)全身管理

SICUにおいても、ICUと同じように全身管理(呼吸・循環など)がメインの役割です。

各種モニターと患者の状態を総合的に観察して異常の早期発見と、合併症予防に務める必要があります。様々な医療機器、生命維持装置の管理も医師や臨床工学技士らとともに行います。それに付随して、外科系特有の看護、創部管理を行います。

 

(2)術後管理

ドレーン管理、創部管理、疼痛管理も行います。侵襲度の高い術後管理なので、ドレーンも多数入っていることも多く、刺入部や排液性状の確認だけでなく、ポータブルレントゲンを確認して有効なドレナージができているかなども観察しなくてはなりません。

また、創部の状態が悪いことや、洗浄などの面積が広いこともあり、医師の処置介助につくとあっと言う間に小一時間経過するので、タイムマネジメントも必要になります。

 

鎮痛コントロールも重要な役割

鎮痛コントロールも重要な役割であり、それまでの経過や処置の内容などによって医師と適切な鎮痛を考える必要があります。

 

補足説明!

ポイント

さらには予備力の低い患者など、敗血症を起こしやすいことや、様々なリスクの高い患者が入室するため、起こりうる合併症などを予測し小さなサインを見逃さないよう、綿密な観察を行います。

 

(3)環境整備

ルート類・ドレーン類が多数留置される事が多く、ベッド上の体位交換だけでも固定の仕方などによって引っ張られて位置がずれてしまうと言うインシデントが起こり得ます。

また早期離床がどんどん進められる今日では、安全かつスムーズに行えるよう環境整備も看護師の重要な役割です。

 

補足説明!

ポイント

さらには高齢の患者など、術後せん妄リスクも高いため環境の変化に配慮し、挿管中であっても生活リズムがつけられるような環境を整える必要があります。

 

(4)家族ケア

予定手術患者だけでなく、緊急手術や予後不良、重篤な合併症を起こした患者の家族のケアも大切な役割です。

SICUの場合2:1加算を取ることも多く、じっくり家族に向き合う時間を作れる事が多いです。

しかし滞在期間が短く、日々受け持ちが変わる場合も多いため、SICU病棟全体で同じケアができるよう記録の工夫やカンファレンスの実施が求められます。

 

3.看護師がSICUで働く場合の転職先

看護師がSICUで働く場合の転職先

SICUと標榜している病院は少なく、主に大学病院に設置されています。

SICUで看護師として働き、スキルアップを目指すのであれば、大学病院への転職を考える必要があるため「大学病院への看護師の中途採用されるための5つの秘訣」を確認してください。

また、大学病院と言ってもSICUがない大学病院も多く、以下に外科系集中治療室がある大学病院を一覧にしました。看護師求人を募集している看護師転職サイトも限られているので、参考にしてください。

(※看護師転職サイトへのリンクは当サイトの口コミへ飛んでいきます。評判も確認しながら利用してみてください。)

 

日本医科大学付属病院(部署:外科系集中治療科)

【日本医科大学付属病院の看護師求人の募集要項】

施設形態 大学病院
募集職種 正看護師
勤務形態 常勤(夜勤あり)
勤務地 東京都文京区千駄木1-1-5
給料 月収261,600円~ (手当含む)
賞与:年2回 / 5.566ヶ月
夜勤手当:夜勤手当: 12,975円 / 回
勤務時間 【日勤】08:00~16:30 / 【夜勤】16:00~09:00
募集サイト 看護師転職サイト「看護のお仕事」に掲載があります。
※登録後、担当者に詳細情報を確認してください。

 

杏林大学医学部付属病院(部署:外科病棟ICU)

【杏林大学医学部付属病院の看護師求人の募集要項】

施設形態 大学病院
募集職種 正看護師
勤務形態 常勤(夜勤あり)
勤務地 東京都三鷹市新川6-20-2
給料 ○看護師(大卒)→215,020円(基本給)
○看護師(3年課程卒)→208,493円(基本給)
勤務時間 日勤 8時30分から17時10分
夜勤 16時20分から9時10分
募集サイト 看護師転職サイト「マイナビ看護師」に掲載があります。
※登録後、担当者に詳細情報を確認してください。

 

名古屋大学医学部付属病院(部署:外科系集中治療部)

【名古屋大学医学部付属病院の看護師求人の募集要項】

施設形態 大学病院
募集職種 正看護師
勤務形態 常勤(夜勤あり)
勤務地 愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65
給料 月収260,000~288,000円 (手当含む)
・住宅手当: 55,000円
・扶養手当: ~ 6,500円一人あたり
・通勤手当: ~ 55,000円
・手術看護業務手当: ~ 15,000円
募集サイト 看護師転職サイト「看護のお仕事」に掲載があります。
※登録後、担当者に詳細情報を確認してください。

 

福岡大学病院(部署:手術部 外科系集中治療室)

【福岡大学病院の看護師求人の募集要項】

施設形態 大学病院
募集職種 正看護師
勤務形態 常勤(夜勤あり)
勤務地 福岡県福岡市城南区七隈7-45-1
募集サイト 看護師転職サイト「ナースフル」に掲載があります。
※登録後、担当者に詳細情報を確認してください。

 

国立循環器病研究センター(部署:外科系集中治療室)

【国立循環器病研究センターの看護師求人の募集要項】

施設形態 一般病院
募集職種 正看護師
勤務形態 常勤(夜勤あり)
担当業務 ICU系
ICU・SCU・CCU・NICUでの看護業務
勤務地 大阪府吹田市藤白台5-7-1
給料 【年収】4,500,000円~
【月給】300,000円~
勤務時間 【日勤】08:00~16:30 / 【夜勤】16:00~09:00
募集サイト 看護師転職サイト「看護roo!」に掲載があります。
※登録後、担当者に詳細情報を確認してください。

 

SICU(外科系集中治療室)への転職をオススメできるのはどんな看護師?

外科に興味があり、集中治療を極めたい看護師にはオススメの職場です。

また刻一刻と変わる患者状況と医師の方針に合わせて看護を適宜変更させていかなくてはなりませが、それを苦に感じず、臨機応変に対応できる看護師に向いている職場だと言えるでしょう。

患者の重症度が高く、時には緊急処置が立て込むこともあり、精神的にも体力的にも負担は大きいですが、ユニット系の病棟は一般的に重症度が高いため患者に対して看護師の人数が多くなっているため、意外と患者にじっくりと関わることもできます。

 

補足説明!

ポイント

医師、薬剤師、臨床工学技士、看護師メンバー、などチーム一丸となって患者の回復を目指して介入するため、他職種との連携やチームプレイが得意な看護師にとっては働きやすい環境です。

 

4.まとめ

参考資料:

ますます高齢化が進み、医療の高度化が進む日本では重要な分野の一つです。

SICUを持っている病院は少なくそこを目指すのは狭き門といわざるを得ませんが、それらの病院が近い、あるいは家庭の制約がなく自由に引っ越すことができる動ける看護師にとってはチャレンジしてみる価値のある病棟です。

この記事が転職のきっかけになれば幸いです。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


30代/正看護師、保健師、3学会合同呼吸療法認定士の資格保有者。総合病院の派遣看護師として一般内科へ入職後、青年海外協力隊の看護師として派遣。帰国後、大学病院、総合病院、救急センターに勤務。短期派遣で訪問入浴やデイサービスも経験。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・3学会合同呼吸療法認定士
年齢 ・30代
職務経験 ・総合病院・大学病院・国際医療ボランティア
診療科経験 ・デイサービス ・訪問入浴 ・保有資格

看護師転職サイトの口コミ評価

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師仕事内容の転職

(公開日:)(編集日::2018年05月09日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。