著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

規模が小さい病院で看護師が上司と上手く付き合う方法とは?

ラビウサ
専門看護師ラビウサ
少人数 看護部署 コツ

病棟は夜勤もありスタッフ人数も多いため嫌な上司看護師がいてもやり過ごすことができたけれど、病院の規模が小さく数名のスタッフの部署での看護業務は、人間関係や上下関係でストレスを感じることも多いものではないでしょうか。

私は上司看護師からのいじめにあい、転職を経験したことがあります。

その時の体験と反省を踏まえて、規模が小さい病院で看護師が上司とうまく付き合う方法について説明したいと思います。

1. 看護師の仕事スケジュールを淡々とこなすこと

仕事 淡々とこなす

私は新設された病院の部署で上司看護師と私だけという部署を経験しました。その上司看護師は以前から部下をいじめることで有名でしたが、一緒に働き始めた時の関係性は良好であり、徐々に関係性が悪くなっていった感じでした。

その原因の一つに、上司看護師の感情の起伏についていけなかったことでした。話しかけても無視されたり急に不機嫌になったりで、自分もその感情に振り回されてしまったことです。

今思えば、感情に振り回されずに社会人として最低限のマナーを守っておけばよかったと反省しています。

 

嫌な上司看護師でも挨拶・報告はしっかり行うことが大事

上司との関係がうまくいっていなかったとしても、社会的立場として上司は上司です。上司の無視や嫌味に自分が反応してしまい、自分も挨拶をしなくなったことや、報告する気持ちが起きなくなってしまったのは、私自身の問題だったと反省しています。

まずは、自分の与えられた役割を淡々とこなす。その上で無視や嫌がらせなどをされた場合に、社会人としてどう対応すべきかを考える。そのことが自分を守り、結果として自分がやりたいことを手に入れる対処法だと思います。

 

2. 上司看護師の攻撃をまともに受けないこと

怒りを まともに受けない

自分の仕事や身分に対して不満や不安を抱えている人は、弱い相手にその矛先を向けがちです。その上司も周囲からの評価や人間関係は悪く、自分の待遇に不安や不満を持っている方でした。

その怒りの矛先が自分に向いたとき、私はそのまま攻撃を受け止めてしまい反抗していましたがが、その対処から改善策は一つも見つかることはなく、どちらかといえば自分の立場が悪くなるだけでした。

 

怒りに対して怒りで返さない

「私は何も悪いことをしていない」かもしれません。ですが、上司や同僚から受けた怒りの感情を自分も同じように相手に怒りとして返してしまうことは、周囲から見た場合には「感情コントロールができない人間」と思われてしまいます

つまり、上司と同じ人間であり「どっちもどっち」と周囲から見えてしまい、結果として自分を貶めることになります。怒りをぶつけられた時、そのままの感情で相手に返さない。これも、少人数で働く職場でうまくやっていく対処の一つです。

 

怒られないように予め対策する

相手はあなたのパターンを観察し、弱いところ探しています。ということは、自分も相手を観察し、相手がイライラすることをあらかじめ避けることもお互いの衝突を避けるコツの1つです。

例えば、報告がないと怒る上司や同僚については早め早めに報告と声掛けを行う、物が同じ場所にないと機嫌が悪くなる相手に対しては、物を借りたら定位置に返すことや相手のテリトリーに物を置かないことで、相手のイライラ攻撃を受けることは無くなります

少人数で過ごす場所だからこそ相手のテリトリーやパターンを把握して、大人の対応をすることが上手な人間関係の秘訣になります。

 

3. 仕事の価値観を明確にすること

仕事 価値観 明確

私が上司とうまく行かなかった理由の一つに、自分の業務の確立を急ぎすぎたためだったと思います。新設部署であり、上司も私も自分がやるべきことが不明確で、お互いがイライラしていたように思います。

そのため、自分の中にある不安定な部分が上司にいじめや嫌がらせを受けたことで、「もう耐えられない」と感じてしまったのだと思います。

 

1度自分の業務を見直すことが必要

自分の中にある不安定さこそが、狭い部署での人間関係が上手くいかなかった理由の1つです。

他に刺激を受ける相手が少ないからこそ、自分の仕事が目に見える形で実績を上げられない焦りから、人間関係に振り回され自分の抱えている問題から逃げてしまったのです。

人間関係の悪さだけに目がしまうときは、自分の業務を見直すことも関係性を変えるきっかけになると思います。

 

嫌な相手と関わる時間を最小限にする

狭い部署でも看護師として患者と関わる時間が多くあり、自分がやりたい業務に熱中できれば、自分の中にある上司や同僚との人間関係の問題の割合が小さくなります。

上司や同僚の嫌がらせやいじわるに負けそうになった時、自分がやりたい業務に没頭することをお勧めします。

小さな部署での人間関係は家族よりも長い時間を過ごす相手ではありますが、自分が充実していれば嫌な相手のために使う時間は報告や連絡という義務を果たす時間だけです。そのうち、相手もあなたの態度を通して関係性が変化していきます。

 

4. 所属部署以外で人間関係を広げること

コミュニケーション 図る 他部署

少人数の職場だからこそ他職種とかかわる機会を増やすことが大切です。病棟では会えない職種の人と直接会えるのが、少人数部署の利点です。上司の用事であっても、それをチャンスととらえて他の部署の輪に入ることは、自分の知識を広げることになります

 

自分を理解してくれる人を見つけることで楽になる

私も少人数の部署に異動したことが、電話対応や他部署との交渉スキルを上げることになりました。そして自分が動くことで、周囲の人が自分に興味を持ってくれることを肌で感じることができました。

今では電話クレームや病院周りなどをすることに、抵抗なく活動できます。これも少人数の部署での経験があったからこそと思っています。また、自分を理解してくれる相手が増えると心が癒され頑張る気力も沸いてきます

 

5. どうしてもダメなときは早めに転職の決断をすること

早めに決断

2年その部署で働き続けましたが、私は上司と真正面でぶつかってしまい撃沈し、心と体のバランスを壊してしまいました。このことがきっかけで、「自分はダメな人間だ」と思うようになり、うつ状態になりました。

本当にダメなときは仕方ありません。体調を壊すまでその職場にしがみついておく必要はないのです。

 

看護師の仕事の対象はあくまで患者

私たち看護師の仕事は、患者とご家族に看護を提供することであり、職場の人間関係に気疲れするためではないのです。私がうまくいかなかったのは、私の気持ちのベクトルが、上司に向きすぎていたのです。

自分がやりたい看護を提供する場所は、自分がしっかりとした意思を持っていれば、いくらでも見つけることができます。

 

転職は前向きになって活動しよう

狭い職場での人間関係に疲れて転職を考える時、上司のせいで退職するという気持ちで転職するのはお勧めできません。上司が嫌で部署異動をすると「やり通せなかった思い」と「上司への怒り」にとらわれ、長い間自己承認することができないからです。

少人数で上司に恵まれずその職場に限界を感じた時はそれで得たものを武器にして、次の職場ではその武器を生かす気持ちを持って新しい職場に転職してください。

私も上司と合わなかった経験が自分を振り返るきっかけとなり、時間はかかりましたが今は人間関係に振り回されずにやりたい看護をあきらめない自分を手に入れました。

 

まとめ

少人数で上司に恵まれない病院や部署・職場に勤務しても、社会人としての最低限の挨拶と報告・相談を淡々と行いながら、あなたがその職場でできることを探して強みにしてください。

ですが、心身のバランスを壊すまで耐える必要ありません。そこはあなたにとって次のステップのための通過点であっただけです。

そこで学んだことを武器にして人間関係に振り回されないで、自分の看護ができる場所で羽ばたきましょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師の人間関係


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ラビウサ
(公開日:)(編集日::2017年10月13日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

1件の返信

  1. […] 「看護師が小人数の看護部署で上司と上手く付き合う方法とは?」 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。