大学病院特別病棟とは?看護師の業務内容体験談

あなたの希望する勤務場所・科は何科ですか。 大学病院、総合病院、クリニック、老人保健施設、デイケア、訪問看護等、様々な職場で看護師さんは働けます。その中でも、大学病院、総合病院、クリニックでは、専門の科があり、自分の希望する勉強したい科で学ぶことが出来ます。

今は、少しづつ特殊外来や専門の疾患等を掲げる専門病院、専門のクリニックも増えてきましたが、大学病院では、単に外科・内科で分かれるのではなく、消化器第一外科、消化器第二外科、胸部外科、呼吸器外科、内分泌外科、小児外科、そして、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、内分泌内科、腎臓内科、血液内科というように、さらに細かく複数の専門の科で分かれています。各疾患を丁寧に深く勉強学ぶにはとても良い環境であると考えます。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.特別病棟とはどんな職場か

特別病棟とはどんな職場か

私は、新人1年目より、大学病院の特別病棟という場所に配属をされ、勤務してきました。大学病院の中に、特別病棟という病棟があるという存在を知ったのは、恥ずかしいですが配属されてからになります。配属されるまでは、『子どもが好きだから小児内科が良いなとか、OPE室の看護師も格好良いな』とか、期待と不安を胸に、配属先がどこになるのかを楽しみにしていたことが思い出されます。

 

特別病棟が何かわからなかった

自分の配属先が“特別病棟”と知った無知な私は、『特別病棟って、何が特別なんだろう。特別重い疾患を煩ったホスピス病棟のような患者様がいるところで、新人の私に勤まるのだろうか・・・』と当時の看護師長と病棟までの移動中のわずかな時間に、頭の中でひたすら考えていたのを思い出します。

 

特別病棟とは患者様が煩った科を全て受け持つ全科病棟

特別病棟とは、全室個室で一日あたりの個室料金が医療費とは別に発生すること、大学病院は各専門科で分別されているが、特別病棟は、患者様が煩った科を全て受け持つ全科病棟であること。どんな方が入院されているかというと、経済的に裕福な方がほとんどであるので、多くの著名人も入院されています。そういった方達の日常のお世話から、看護に至るまでの全ての日常生活の支援を受け持つことになります。

 

新人は看護業務よりも礼儀作法の勉強が多い

私は新人ということもあり、最初は看護業務というよりも、礼儀作法の勉強が多かったように思います。尊敬語、謙譲語等、身なり、お辞儀の仕方まで細かく指導がありました。でも私はそういった礼儀作法を学べることが、毎日楽しくてとても嬉しかったことを覚えています。どんなに優秀で優しい看護師さんであっても、身なり、言葉遣い、態度が悪いと、病気で弱っている患者様も気持ちよく入院生活をおくれないですよね。とポジティブ思考の私です。

 

 

ポイント!

ポイント

特別室の患者様も皆様、患者様であるのに、言葉遣いや振る舞いや行動が素晴らしい方達ばかりであったように思います。だからこそ、患者様につかえる看護師として、恥ずかしくない行動、振る舞いや言葉使いを必死に学び、努めていこうと考えたのかもしれません。

2.特別病棟で働く看護師の業務状況について

特別病棟で働く看護師の業務状況について

実際に勤務をしてみて、一番驚いたことは、ナースコールの多さです。たとえ行動制限の無い方であっても、少しの用事でナースコールを押してくるという状況が多いのが現状です。

 

少しの用事でナースコールを呼ぶ

極端な例では、リモコンを取って欲しいとか、リンゴの皮を剥いて欲しいとか。私自身、新人で、特別病棟へ配属ということから、このような状況が普通であると思っていましたが、他の専門病棟で働く友人達の話を聞いて、初めて、ある意味特別な病棟であるのだと知ったものでした。

 

何回も入退院している方が多い

特別病棟にいらっしゃる患者様は、何回も入退院を繰り返している方が多く、再入院の際は、家族のように気さくに『またよろしくね!』といわれる方が多かったように感じます。

 

特別病棟では複数の科の勉強が必要

特別病棟は、患者様が煩った科を全て受け持つ科、というところから、検査、急性期(OPE前後の処置や経過を含む)、慢性期、ターミナル期までの、全ての過程を担当していきます。年齢的に、煩っている病気や科も、複数の合併症や既往歴・現病歴のある患者様が多くいらっしゃるので、複数の科を勉強し、しっかりと看護していく必要があります。

 

忙しい時は残業が多い

勤務状況としては、OPEが何人も重なる時はOPE前処置、搬送、OPE後処置等、掛かりっきりになってしまうことも多いことから、その他の担当の患者様の対応を残されたスタッフがこなしていくなど、チームで協力していきますが、忙しいときは残業の量もかなりありました。逆に、落ち着いているときはとても穏やかに過ごせたように感じます。

 

特別病棟では病院内に専門の医師が常駐ない

更に、特別病棟では、病棟内に専門の医師が常駐しないということから、各疾患の専門の医師が、毎日何度も訪問するという形を取っています。よって、ちょっと確認したい、という内容のことであっても、電話を掛けて医師に確認するという状況で、電話を受けた医師が都合を付けて特別病棟まで足を運び、患者様を訪問するという形でした。

 

ポイント!

ポイント

特別病棟であることから、教授等上の先生が担当されていることが多かったように感じます。よって、尚更小さなことで医師に電話して確認することも、躊躇してしまうといった部分もあったように感じます。

 

まとめ

私は、大学病院で特別病棟に配属されて勤務し、本当に良かったと思います。

大学病院での働き方としては、例を挙げますと『消化器内科で7年経験して、一通り知識技術も豊富に学んだので、次は消化器外科を一から学びたい』など、新たなチャンスをつかむことが出来るのが、大学病院での勤務のメリットではないでしょうか。

メリット、デメリット等挙げれば幾つもありますが、貴重な経験をさせてもらったのと同時に、全科を学べるという素晴らしい環境を頂けたことで、現在は更にスキルアップし、様々な職種にチャレンジすることが出来ています。また、特別病棟で学んだ礼儀作法を含めた教育は、私の一生の財産になったと感謝しています。皆さんも是非トライしてみてください。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。