著作者

くるみん

現役看護師

くるみん

( 看護師 ケアマネージャー)

特別養護老人ホームで働く看護師と介護士の恋愛が上手くいかない理由4つ

くるみん
現役看護師くるみん
特養 看護師 介護士 恋愛

特別養護老人ホーム特別養護老人ホームは看護師をはじめ、介護士・理学療法士・栄養士・相談員・事務員など様々な職業の人達が働いています。

とても狭い職場ですので職員同士の恋愛が多いですが、看護師と介護士が付き合った場合うまくいかないことが多いです。その理由は以下の通りです。

  • 仕事とプライベートをうまく分けられなくなる
  • すれ違いが多く、会う時間が作れない
  • 看護師と介護士は給与が違う

このように、自分が看護師であるからこそ上手くいかない要因があります。今回は、看護師と介護職員が付き合ってもうまくいかない理由を詳しくご紹介します。

 

1.施設が狭いため、恋人と適度な距離がとれなくなる

恋人 距離感

特別養護老人ホームは病院比べて施設が狭いため、出勤日が同じだと施設内で顔を合わせる機会が多くなります。職場で恋人と毎日顔を合わせることは、以下のようなデメリットがあります。

  • 勤務時間中、恋人と仕事には関係のない雑談をしてしまう
  • 恋人とのケンカ中は仕事の話しもしたくなくなる
  • 毎日会うので、会う事に対する喜びが減少してしまいがち
  • 同僚からヒンシュクをかう可能性がある

付き合っていれば、恋人が愛おしくて仕方ない時期や恋人に対して不満を抱く時期が必ずあります。職場でプライベートな部分を出さないように意識していても、難しいのが現実です。

 

仕事とプライベートの境目が曖昧になると同僚から顰蹙を買う

職場恋愛していることを職場の誰にも言わず隠し通せるのであれば問題ありませんが、同僚は2人の雰囲気などで付き合っていることを察します。また、自分達も少なからず態度に出てしまうので隠し通すことは難しいでしょう。

何かの拍子にプライベートな問題が仕事に支障が出るくらいになってしまうと、同僚は気を使いますしかなり顰蹙を買ってしまいます。上司や同僚に「仕事とプライベートのメリハリができないなら別れろ。」と言われても仕方がありません。

同僚から応援されるような付き合い方ができれば良いですが、そうでないと付き合い続けることが難しくなり、最終的には別れにつながってしまいます。

ですので、狭い空間で仕事をする特別養護老人ホームは職場恋愛に向いていないといえます。

 

2.恋人とのデート中も仕事の話になる

プライベート 仕事の話

特別養護老人ホームは利用者の人数が多くないため、自分も恋人も利用者の顔やプロフィールを知っています。ですので、デート中利用者の話題になることが多くなることにより、以下のような問題が起こります。

  • プライベートな時間もまるで仕事をしているかのような気分になる
  • 看護師と介護士の考え方の違いからケンカに発展することがある

このように、仕事の話をしてしまうのが原因で別れることになる可能性があります。自分達の問題で分かれるのであれば納得できますが、仕事の話をして関係がうまくいかなくなるのはどこか納得いきません。

 

プライベートな時間に仕事を忘れることができなくなる

仕事では勤務時間が決められているので、時間内に話が終わらなければ日を改めて話し合いとなりますが、プライベートの時間に仕事の話をしてしまうと終わりがみえません。

せっかくの休日に仕事の話をすることにより、休日仕事を忘れてリラックスすることが難しくなります

 

討論がヒートアップすると最悪ケンカになる

ポジティブな内容であれば仕事の話も楽しいですが、看護師と介護士は仕事内容・介護に対する考え方や視点が違う場合が多いため、意見の食い違いからケンカになることがしばしばあります。

ケンカになってもお互い納得できる結末で話しを終えられたらいいのですが、看護師は勉強してきた内容や量が違うのでなかなか自分の意見を曲げません。その結果、「こんな気が強い女とは一緒にいれない。」と言われ別れてしまうことがあります。

 

ポイント!

ポイント

特別養護老人ホームでの看護師の仕事は健康管理やアセスメントですが介護士の仕事は日常生活の援助なので、意見が食い違うことが多いです。付き合いを続けたいのであれば相手の気持ちに寄り添うことが必要です。

 

3.特別養護老人ホームの勤務形態はすれ違いになりやすい

恋人 すれ違い

看護師が特別養護老人ホームで働く場合日勤のみの業務が多いですが、介護職員は早番・日勤・遅番・夜勤と4パターンの勤務で動いていることが多いです。

労働時間帯の違いからすれ違いが起こり、以下のような問題が発生します。

  • プライベートで会う時間が確保しづらい
  • 不規則な勤務時間帯は疲れが溜まるので、せっかくの休みでもお家デートになる

職場で顔を合わせていても、プライベートな時間に会えなければ寂しさが募ります。また、看護師は夜勤の辛さを知っているため夜勤明けの恋人に対して気を遣ってしまい、せっかくの休みでも何もせず終わることが多いです。

 

付き合いを続けるには理解と思いやりが必要

特別養護老人ホームの性質上、すれ違いが起こるのは仕方のないことです。日勤が多い看護師が不規則な勤務時間帯で働く介護士と付き合うには、会えないことに対する理解と相手に対する深い思いやりが必要です。

もし、あなたが恋人に対して無理をしてでも会ってほしいと願うならば、特別養護老人ホームでの職場恋愛はやめておいたほうが良いです。

 

4.看護師と介護士では給与格差がある

恋人 給与格差

特別養護老人ホームで働く看護師の年収は一般的に450万以上ですが、特別養護老人ホームで働く一般職の介護士の年収は300~350万程度です。100万円以上の差がでると、以下のような問題が起こります。

  • 男性の方が低い年収だと、男のプライドを傷つけてしまう
  • 結婚を考えたとき、看護師は自分が稼ぎ頭になることが嫌になる
  • 将来きちんと生活していけるのか不安になる

お金のことをあまり気にしない性格であれば問題ありませんが、将来自分の給与に頼られると考えたら嫌気がさす看護師は多いです。

 

給与格差を気にするなら役職がついた介護士と付き合うべき

特別養護老人ホームで働く看護師が職場恋愛をしたいと考えるならば、一般職の介護士ではなくケアマネージャーなどの資格者や役職者と付き合うことをお勧めします。役職者だと年収は看護師と同等、もしくは少し高いくらいです。

年収が同等以上であれば男性としてのプライドも守ることができますし、看護師側としても将来に対し不安を感じることもなく収入面に関して嫌気がさすことはないでしょう。

 

一般職の介護士と付き合うなら収入面でそれなりの覚悟が必要

恋人が将来出世したら良いですが、そうでない場合給与は低いままです。看護師として自分が働いているうちは生活に困ることはありませんが、結婚して子供ができた場合産休・育休を取り、子育てに力を注ぐことになるので、その間は働けなくなってしまいます。

看護師の自分がフルタイムで働けなくなることを考えると、将来きちんとやっていけるのか自信がなくなってきてしまいます。看護師が介護士と将来を見据えて付き合うのであれば、苦労する可能性があることを覚悟しておかなければなりません。

 

まとめ

看護師 介護士 恋愛

今回紹介した理由から、特別養護老人ホームで働く看護師と介護士の恋愛は上手くいかないことが多いです。特別養護老人ホームで介護士と職場恋愛をする場合は以下の点に気をつけましょう。

  • プライベートを職場に持ち込まず、同僚へ配慮すること
  • 看護師と介護士の考え方の違いを理解すること
  • 疲れている恋人を思いやり、会えなくても文句を言わないこと
  • 結婚を考えるのであれば、将来ずっと看護師の仕事を続けること

このように、あなた自身が上手くやっていく努力をすることが大切です。



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

みなさん、はじめまして。
元々体育の先生を目指して高校まで頑張っていたのですが、ボランティアを通して人を助ける仕事に就きたいと思い、看護師になりました。これまで病院では救命病棟から外来まで、そして今は特別養護老人ホームと障害者施設で働いている(シングル)ママさんナースです。
介護支援専門員の資格も持っています。いろいろなジャンルを見てきたのと、現在管理職として働いていること、そして子供がいても無理なく働けるノウハウをみなさんにも教えていけたらと思います。看護師という仕事はとても幅広く働けます。
自分にあった「看護師としての働きかた」を見つけられるようにアドバイスしていけたらと思っております。どうぞ、よろしくお願い致します。


カテゴリー:看護師の実情

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:くるみん
(公開日:)(編集日::2017年04月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。