著作者

齋藤

正看護師

齋藤

( 現役看護師)

スポーツチームで働く看護師の仕事内容とは?

齋藤
正看護師 齋藤
患者に治療をする看護師

スポーツが好きでよくスポーツ観戦に行く看護師にとっては、スポーツチームで働く看護師は憧れの的ではないでしょうか。

しかし、

  • 実際にスポーツチームで看護師として働くことは可能なのか
  • そもそもスポーツチームは看護師を募集しているのか

等の疑問があるでしょう。

ここでは、スポーツチームで働く看護師の仕事内容やメリットデメリット、求人の見つけ方等についてご紹介します。

1.スポーツチームの看護師の仕事内容

治療する看護師

スポーツチームは、プロやアマチュア等のレベルとサッカーやバスケ、野球等の様々競技がありそれぞれチーム内の取り決めや編成などが細かく異なります。

そのため、内容の多くは共通してはいないということをご理解の上で見て頂ければ幸いです。

ここでは、スポーツチームで働く看護師の仕事内容について2つご紹介していきます。

 

チーム専属の看護師の仕事とは

スポーツチームの看護師の仕事内容の1つめは、チーム専属の看護師です。

スポーツチームには、大体専属の医師やトレーナーがおりその2つの職種で選手のケガの処置や体調管理をするため看護師が専属でつくということはかなり少ないです。

しかし、トレーナーの資格やリハビリの資格・栄養士の資格を持っているなど他の資格を持っている看護師は兼任として専属で雇ってもらえることもあるようです。

 

スポーツ観戦に来る客の看護も仕事の1つ

もう1つのスポーツチームの看護師の仕事としては、スポーツ観戦に来るお客さんに対しての看護があります。

スポーツの試合には、必ずと言っていいほど救護室があり、看護師はそこで待機して客の体調不良や怪我に対応するという業務のため、試合中に怪我をした選手の対応をすることはありません。

 

ホーム戦ではパートの救護室勤務が増えている

今まででは、

  • 救護室の看護師を派遣や単発の看護師に委託する
  • 国公立の大きな病院と契約を結びそこから看護師を派遣してもらう

等といった所が多くありました。

しかし、近年ではパートとして看護師を雇い自分のチームのホーム戦の時には救護室に入ってもらうというチームが増えてきているようです。

 

補足説明!

ポイント

ホーム戦の救護室に入ることは、アウェー戦についていかないためアウェー戦の日は仕事がありません。

 

2.スポーツチーム勤務に向いている看護師

栄養について話す看護師

スポーツチームで働く看護師の対象患者は、突発的なケガや体調不良の人が多くカルテもなく初めて会った人の状態から必要な看護を考えなければなりません。

このプロセスは、救急の分野と類似しています。

そのため、救急の分野で働いたことのある看護師にとっては業務のプロセスや仕事に対する考え方が似ていることから、働きやすいと言えるでしょう。

 

スポーツをする・見ることが好きな看護師

スポーツチームで働く看護師は、スポーツ選手と直接かかわることも少なく、救護室ともなればプレーを直接見ることはできないため、スポーツへの理解が浅い人にとっては待機の時間がただただ長い仕事と思ってしまうでしょう。

そのため、

  • 好きなスポーツチームと関われて楽しいと思う
  • スポーツをすることが好き
  • スポーツを見ることが好き

等といった看護師が向いていると言えます。

 

スポーツ知識があると手当がスムーズ

スポーツを実際にすることや見ることが好きな看護師は、そのスポーツに対してある程度の理解があります。

例えば、救護室にはこんな人が運ばれてくるだろう、選手はこんな怪我をしてしまうだろうということがあらかじめ予測でき、何かしらの準備をすることができます

 

 

派遣や単発での救護室の経験がある看護師

派遣や単発で救護室の経験があると、業務内容がほとんど同じとなるため仕事にスムーズに入りやすくなります。

スポーツチームで働く看護師は、多くても2~3名となるためとにかく即戦力が求められます

そのため、

  • 派遣や単発での救護室で楽しく働けた
  • この経験を生かした仕事につきたい

と考えられる看護師がスポーツチームで働くことに向いているでしょう。

 

ポイント!

ポイント

病院とは勝手が違うため、病院で長く働いたベテラン看護師でも即戦力となれるわけではないというのが現実です。

 

トレーナーや管理栄養士等の資格を有している看護師

スポーツチームで働くことに向いていて、なおかつ採用されやすい条件としてはスポーツチームで役立つ看護師以外の資格を有しているということです。

特に、

  • トレーナー
  • 管理栄養士
  • 理学療法士

等はスポーツチームが看護師よりも求めている人材です。

そのため、この資格を有していて看護師資格も有していると、どちらの業務もできるため圧倒的に有利ですし需要もあるため、スポーツチームの看護師として非常に向いているでしょう。

 

様々な年代の看護に携わった経験がある看護師

スポーツチームの看護師は、プロの試合だけでなく、そのチームの下部チームのホーム戦などで救護室に入る場合があるため、携わる年齢層が幅広くなります。

そのため、様々な年代の看護に携わったことのある看護師は、それぞれの年代に必要な関わり方や処置が分かっている分、向いていると言えます。

 

3.スポーツチームの看護師のメリット

勉強をする女性

「注射器や聴診器を持たなくなると、看護師としての技量が衰えるのでは?」と考える看護師もいるかと思いますが、頭を使って看護を展開するという能力を身につけることができるのがスポーツチームで働く看護師であると言えるでしょう。

 

看護師資格でスポーツの仕事に携わることができる

スポーツに関する仕事は、人気の職業ということもあり携われる人はかなり限られています。

その中で、看護師資格でスポーツという仕事に携わることができるのは最大のメリットとなり、選手に直接かかわれる機会が少なくても、スポーツチームに従事しているというブランド力は圧倒的なものとなるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

スポーツトレーナーやリハビリの資格を取っても携わることができずに結局、他の仕事に就職せざるを得ないという人も増えているのが現状です。

 

心身の負担が少ない

スポーツチームで働く看護師の現場は、患者の急変リスクが少なく看護師として人と関わるよりも待機をしている方が長いため心身の負担はかなり少なくなります。

スポーツによっては、

  • 看護師とチームスタッフで待機をしている際に話をしながら過ごすこともできる
  • 試合をモニター画面越しで見ることができる会場もある

等の待機時も楽しむことができるでしょう。

 

意外と様々なことを学ぶことができる

医療の現場に全く携わらなくなると看護については何も学べなくなるのでは?」と考える看護師も多いでしょう。

しかし、看護師がスポーツチームで働くことによって意外と様々なことを学ぶことができます。

例えば、

  • 急に救護室に運ばれてきた人の介助をすることで救急対応のプロセスを学ぶことができる。
  • 応急処置・必要なケアを考えるいわゆるアセスメント能力が身につけることができる。

等があります。

 

アセスメント能力は災害看護等に役立つ

アセスメント能力は、身の回りにある必要最低限のもので看護をすることで災害看護や物資の少ないクリニック・老人施設で看護をするときに役立ちます

 

4.スポーツチームの看護師のデメリット

考える女性

看護師資格にプラスして、トレーナーや管理栄養士などの資格が無ければ看護師のみでのスポーツチームの正社員採用は、ほぼ無いと言っても過言ではありません。

スポーツチームで看護師として働く場合、パートから働き始めて正社員になることは、おそらくないためこの仕事で食べていくということはかなり難しいと言えます。

 

土日出勤や不規則な時間の出勤もある

スポーツを観戦したことある看護師なら知っているかもしれませんが、スポーツが行われる時間は大体平日の夜か休日の昼間または夜となる場合が多いです。

その試合の時間が看護師の出勤時間となるため、昼夜問わずに出勤することがほぼ確実となります。

 

注意点!

ポイント

試合の日は、確実に出勤となるため家の都合で出勤できない等ができず家庭やプライベートとの両立は難しくなることも考えられます。

 

大企業でない場合の福利厚生が不十分

スポーツチームの親会社が名の知れている大企業の場合は、正社員であると福利厚生が得られる場合もありますが、親会社が無名のところであると福利厚生があまり充実していない場合が多いです。

そのため、何より見ておくことを勧めるのはスポーツチームの親会社の大きさです。

 

大企業でも福利厚生が不十分なところもある

スポーツチームの親会社が大企業であっても、選手などに福利厚生が手厚いだけでサポートするスタッフや看護師に対してはあまり充実していないということもあります。

 

注意点!

ポイント

スポーツチームは、看護師が病院などで働くよりもブラック企業が多い場合もあるため注意しましょう。

 

5.スポーツチームの看護師求人の見つけ方と給与事情

パソコンで調べる女性

スポーツチームの看護師求人は、看護師求人サイトや他一般職種向けの求人情報など公に出回っている求人情報で見つけることはほぼ不可能です。

稀にですが、そのチームのスポンサーや運営に関わっている企業に繋がりがあることで声をかけてもらえるといった場合もあるようです。

 

スポーツチームの看護師求人の見つけ方

スポーツチームの看護師求人の多くの場合は、

  • チームの公式ホームページの採用欄
  • チームのホーム会場となる競技場のホームページ

等があります。

そのため、気になるスポーツチームの採用欄や各ホームページを細かくチェックしていくことが重要です。

募集人数も限られ、倍率も高いことから頻繁に採用情報が出ているというわけではないため、こまめに採用情報をチェックしておくということも必要です。

 

補足説明!

ポイント

近年では、採用情報としてホームページ内で看護師求人を掲載しているところも少なくなっており、求人情報を仕入れることが難しくなっています。

 

スポーツチームで働く看護師の給与事情

スポーツチームで働く看護師の給料は、パートとして試合の日のみ救護室での業務を遂行する場合、他の看護師のアルバイトやパートとほぼ同額の時給となります。

 

昼・夜どちらの試合であろうと給料は同額

スポーツチームで働く看護師は、交通費が支給されるものの公共料金での値段となります。

そのため、夜の試合が長引いて片付けまで終えたら電車が無くてタクシーで帰ったという場合でもタクシー代金は出ないことが多いです。

 

注意点!

ポイント

スポーツチームには、必ず試合がほとんどないオフシーズンがあるため、パートで救護室のみの求人であった場合は休みとなり、月の給料はもらえないということを押さえておきましょう。

 

6.まとめ

看護師がスポーツチームで働くには、非常に狭き門であり決して給与形態や勤務形態も充実しているわけではありません。

スポーツが好きな看護師にとっては、好きな分野に自分の本職である看護を活かして関われるということは嬉しいことでしょう。

給料面や働く日数などを問わず、好きなことでやりがいを感じたいという看護師にはぴったりの求人です。

スポーツチームで働きたい看護師は是非参考にしてみて下さい。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・神奈川県/20代後半
職務経験 ・総合病院 ・クリニック ・介護老人保健施設 ・デイサービス
・健診センター ・イベントナース・夜勤専従看護師
診療科経験 ・脳外科 ・神経内科 ・内科 ・皮膚科 ・整形外科

看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師仕事内容の転職

(公開日:)(編集日::2017年06月20日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。