美容皮膚科に向いている看護師と不向きな人とは?

美容皮膚科に転職をしたいと考えているが、一般の診療科とは仕事内容も患者も大きく違うため、転職前に自分に向いているかどうか不安に思っている看護師もいるでしょう。

自分自身が美容皮膚科に「向いている看護師か」、「向いていない看護師か」を知ることは重要なことです。

なぜ、重要かと言うと向き不向きを知ることで、転職する美容皮膚科クリニックをしっかりと吟味して初めてでも看護師として勤務しやすい美容皮膚科を見つけやすいためです。

ここでは、実際に私が4年間勤務した中で感じた、美容皮膚科に向いている看護師とそうではない看護師、また初めての場合にはどのような美容皮膚科に転職すべきかについて紹介していきます。

1.美容皮膚科に向いている看護師

美容皮膚科に向いている看護師

看護師が美容皮膚科に転職する場合、どんな人が向いていると言えるのでしょうか。

以下で確認していきましょう。

 

(1)美容に興味があり積極的に学びたいと思っている看護師

美容皮膚科は、一般の看護師と仕事内容が大きく異なるため、美容皮膚科に興味があり知識を身につけたいと思っている看護師は、次々と知識を習得することができ楽しんで仕事をこなすことができるでしょう。

私の場合は、元々美容皮膚科に興味があり「1度は働いてみたい」という理由で転職したため、診察や施術、患者との美容に関する会話など1つ1つが新鮮で楽しくて病院勤務のときとは違うフレッシュな気持ちで仕事をすることができました。

 

(2)強く当たられてもめげない看護師

美容皮膚科に限らずクリニックでは病院に比べてスタッフが少なく密な関わりとなるため、恐いスタッフや意地悪なスタッフに強い態度をされたり、強く何かを言われたりしても気にしないくらいの看護師が向いているでしょう。

何かある度に気持ちが沈むことや、くよくよしていては仕事に支障を及ぼしてしまいます。

 

クレームを言われた場合も強い気持ちを常に持つ

患者にクレームを言われた場合や怒られた場合にも、めげずに正々堂々と謝ることや「こんな患者もいるものだ」と気にしない強い気持ちを常に持って働く必要があります。

私は、自分が悪くないにも関わらず「待たされすぎて時間がないから早くしてくれ」や「美容液を勧められて使ったのに赤くなった」などのクレームを強く言われたことがありますが、しっかりと謝るものの心の中では気にせずに流すようにしていました。

もちろん最初は気にしてしまい時には弱気になっていましたが、長く勤務するにつれて強い心を持てるようになったと思います。

 

(3)常に新しい技術や知識を覚えることが好きな看護師

美容医療の技術や知識は日々進化しており、取り扱う機器もどんどん変わっていきます。

美容が好きで新しい知識や技術を積極的に学ぶ姿勢のある人は向いています。

 

(4)どのようなタイプの人とも人間関係を作れる看護師

美容皮膚科に来院する患者は、クレーマー体質の人が多くいます。また、一緒に勤務する医師や看護師の中には一癖も二癖もある人がいます。

どのタイプとも上手に付き合うことができ、空気の読める人は、ストレス最小限に働くことが出来ます。

 

(5)事務作業に苦痛を感じない看護師

看護業務以外の事務作業を苦痛に感じず出来る人は美容皮膚科の中でも、特に中堅〜個人クリニックに向いています。

私は勤務4年目でも事務作業が苦手で何かしらミスをしてしまい辛かったです。

 

(6)一般常識のある看護師

美容皮膚科に定期的に通院する患者は、芸能人や経営者など社会的に成功されている方やセレブな方が多く来院されます。

また業者とのやり取りは、ほぼ全てメールで行います。

これらのことから、

  • 正しい敬語が話せること
  • 正しいビジネス文書が書けること

この2つは、業務を円滑に進めていくために最低限必要なことです。

 

(7)手先が器用な看護師

美容皮膚科の看護師は医師の介助のほか、看護師照射のレーザーや施術が多くあります。

特に大手クリニックは、朝から夜まで施術に入りっぱなしという状況も少なくありません。そして美容皮膚科では点滴、採血の失敗はクレームに繋がります。

 

 (8)接客が好きな看護師

美容皮膚科に来院する患者は、患者ではなくお客様です。

対応の悪さからクレームに繋がることもあるためきめ細かく丁寧な接客をストレスなく出来る人は向いています。

 

2.美容皮膚科に不向きな看護師

美容皮膚科に向いていない看護師

看護師が美容皮膚科に転職する際に向いていない、不向きな看護師は、どのような特徴を持った人なのでしょうか。

以下で紹介していきます。

 

(1)「ノルマや営業が嫌だ」という看護師

美容皮膚科では、全くノルマや営業がないクリニックもあれば、ノルマ達成や営業をすることが必要な場合もあるため、「売り上げを気にする」「利益を考えて行動する」等は絶対に嫌という看護師は、美容皮膚科には不向きだと言えるでしょう。

私が勤務していたクリニックは、営業やノルマは特にありませんでしたが、ない場合でも患者が少しでも施術や化粧品に興味を示したときは「医師に話を聞いてみてはどうですか、とても良いですよ」と一言お勧めするような言葉を発するように医師に言われていました。

 

補足説明!

ポイント

ノルマや営業があるクリニックは、ノルマを果たすことや営業で良い成績をとることにより給料が上昇するというメリットがあるところが多いです。

 

(2)業務と患者対応の両立ができない看護師

美容皮膚科では、業務をてきぱきこなしつつ患者への丁寧な対応は絶対に欠かすことができないため、忙しさをあまり見せずに業務をしつつ患者の対応もできるスキルが必要です。

そのため、

  • 忙しいときに自分の業務をとにかくこなそうとして、業務だけに囚われ周りが見えていない
  • 患者に話しかけられてもきちんと対応をしない
  • 「今は忙しい」という態度を前面に出していて患者が話しかけづらい

等、業務と患者への丁寧な対応を両立できない看護師は、美容皮膚科には不向きだと言えるでしょう。

 

(3)病棟での看護師の仕事にやりがいを感じていた人

美容皮膚科に転職を希望している看護師の中には、本当は病棟で患者と関わることや看護業務が好きだったけれど、多忙過ぎることや人間関係の悪さから転職を選択した人も多いと思います。

ですが、病棟での看護業務にやりがいを感じていた看護師には、美容皮膚科の仕事は向いていないと感じる方多いです。

理由としては、

  • 業務内容が全く異なること
  • 病棟と比較すると看護業務が少ないこと

など、今まで経験して積み上げてきた知識や看護技術を存分に生かせないため合わないと感じるようです。

 

(4)入職前に美容皮膚科の業務をイメージ出来なかった看護師

面接時に業務内容などについて説明がありますが、なかなかイメージ出来ず採用された看護師の方は早い段階で退職する人もいます。

私が、彼女達に聞いた本音は、

  • 初めは覚えることが多く必死だったけれど慣れてくるに従い業務内容が好きではないことに気付いた
  • 病気ではないのに、わざわざ顔に針を刺して痛い施術をする人の気持ちが理解出来ないことに気付いた

などです。

 

(5)人間関係に疲れたため美容皮膚科に転職した看護師

人間関係に悩んで美容皮膚科に転職してもまた人間関係で悩むリスクはあります。

美容皮膚科に勤務する看護師が、皆感じ良いわけではありません。

 

(6)看護業務以外の業務をしたくない人

美容皮膚科の看護師は、医師の介助や看護師施術のレーザー照射、点滴、採血以外に事務作業があります。

クリニックによりますが、受付業務、電話対応、発注業務、業者とのやり取りや交渉等多くの事務作業を全てこなさなければならないこともあります。

私の経験では大手クリニックは業務分担されているので事務作業が自分の業務を圧迫することはないですが、個人クリニックは看護業務以外のことも何でもしなければならず、なぜ私がこんな仕事をしなければならないのかと退職を決意する看護師もいます。

 

(7)美容に興味のない看護師

そもそも美容に興味のない人は、美容皮膚科の看護師としてやりがいは感じないでしょう。

 

3.初めての場合どんな美容皮膚科に転職したらよいか

初めて美容皮膚科に転職する看護師

看護師が初めて美容皮膚科に転職する場合は、どのようなところが良いでしょうか。

以下で詳しく説明していきます。

 

(1)教育体制が整っている美容皮膚科

初めて美容皮膚科に勤務する場合は、医療脱毛のレーザー照射やイオン導入など美容皮膚科ならではの複数の施術を1から覚えることが必要です。

1人で問題なくスムーズにできるようになるまでは、先輩看護師から細かく指導や教育をしてもらうことや練習台となってもらうことが必要であるため、看護師の人数が充足しており教育体制の整っているクリニックを選ぶことをお勧めします。

私が勤務した美容皮膚科は、最小限の人数の看護師しかいなかったため、慣れていない施術も1人で何とか行うしかないという状況でした。

 

注意点!

ポイント

不慣れなまま施術を行うことは、患者にも迷惑をかけてしまう恐れがあります。

 

(2)ノルマや営業が無い美容皮膚科

初めて美容皮膚科に転職する場合は、まず仕事内容や知識をしっかり身に着けて、初めての環境に慣れていく必要があるため、いくら給料がよくても初めて転職する美容皮膚科は営業やノルマのないところを選ぶことをお勧めします。

 

補足説明!

ポイント

美容皮膚科に転職してすぐは、クリニックの売り上げを気にしている余裕はないでしょう。

 

(3)一般皮膚科の保険診療も美容診療も両方行っている美容皮膚科

初めて美容皮膚科で勤務する場合は、いきなりすべてが自由診療の完全なる美容皮膚科に勤務するより、保険診療も自由診療と同様に行っている美容皮膚科を選んだ方が気持ちはとても楽です。

私は、保険診療・自由診療の両方の診療を行っている美容皮膚科へ転職をしましたが、美容目的だけではなく皮膚の病気で来院する患者がいることで「一般の看護師としての仕事もしている」とどこか安心する気持ちになれました。

そして、美容目的の患者に対して施術をした後に保険診療で来院した患者と接することは、緊張がほどけたような気持ちになり、うまく心の中で息抜きをしながら勤務することができました。

 

まとめ

美容皮膚科の看護師の向き・不向きと転職注意点について紹介してきましたが、いかがでしたか?

自分自身が「美容皮膚科に向いている人」に当てはまった場合は、問題なく楽しんで仕事ができますが「美容皮膚科の看護師に向いていない人」に当てはまった場合でも、やる気があり努力することで徐々に向いている看護師になれる可能性もあります。

さらに詳しく美容皮膚科について知りたい方は、「美容皮膚科へ看護師転職前に!メリット・デメリットを確認」の記事をチェックしてみてください。

あい

【東京都/33歳・資格:看護師、保健師】

私は4年間大学病院に勤務し、その後5年間クリニックに勤めました。また、空いた時間に様々な単発アルバイトも経験しました。現在は2児の母として子育てに奮闘している為、在宅にて看護師の経験を生かせることはないかと考え、看護師ライターに挑戦することにしました。私の経験したことを転職や就職を考えている看護師に分かりやすくお伝えできるよう努めて参ります。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。