著作者

ラビウサ

執筆:専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

夜勤や残業がない日祝日休みの看護師求人を探す注意点

公開:、更新:2018年08月23日
看護師が日祝日休みで夜勤や残業がない求人を探す注意点

夜勤も残業もない看護師募集の求人は、それだけで目を引きます。しかも「日・休日お休み」という文字に、当たり前のように病院で夜勤をしている看護師にとって魅力的に見える字面になります。

しかし、大事な転職を「本当にそれだけで選んで大丈夫でしょうか。」

このページでは、夜勤や残業がない日祝日休みの看護師の求人募集に転職する場合の注意点についてご説明します。

1.「夜勤・残業がない日祝日休み」求人での注意点

「夜勤・残業がない日祝日休み」求人での注意点
私が「夜勤や残業がなく、日曜日祝日休み」の病院・施設に転職し、働いた際の体験から、注意しなければならないことを説明いたします。

 

(1)一日の拘束時間を必ず確認すること

クリニックに転職を考える場合には夜勤・残業がなくても、一日の拘束時間がどのくらいなのか確認することが大切です。

クリニックの場合は昼の休憩時間が2時間から3時間ほど休憩を取っているクリニックが多いからです。

夜勤・残業がなくても、帰宅時間が何時になるのか、拘束されている時間はどの程度なのかをチェックすることは、外せない注意点になります。

 

実働は8時間!でも拘束時間は11時間?

昼間2~3時間休憩時間がある場合には、実働8時間であったとしても、拘束時間は11時間であり、病院ではふつうに残業していれば残業代が支払われる時間帯でも、通常勤務として扱われることになります。

転職したいクリニックが家の近所であり、その3時間に自宅に戻ることが可能であれば、家事などの効率よく行うこともできます。

 

ポイント!

ポイント

私が勤めていたクリニックはその2時間をお昼寝時間やスタッフの噂話などに使い、あまり有意義だと感じることはありませんでした。

 

(2)年間トータルの休日を確認

「日祝日休み」は聞こえは良いのですが、

  • 日曜日は年間:約52日
  • 祝日は年間:約16日(2017年)

になります。

合わせると、たったの68日なのです。その68日は確実に決まったお休みですが、ほかの休みはどうなのか、気にするべきなのです。

例えば、完全週休2日であれば、日・祝日のある週は、それだけで週2日のお休みで、他の週は、日曜と他の日がお休みになります。つまり、最低104日程度しか休みがないということになります。

土曜半日の場合もあるので注意が必要

土日祝日のであれば104日のほかに、土曜日以外の祭日は休みになるため、110日以上の休日が保証されています。

ですが、土曜日を半日勤務としている病院・クリニック・施設も多いです。この場合には、「4週6休」+祝日休みということになります。

実際は祝日がない月の場合には、毎週月曜から土曜日の午前中まで、連続6日間勤務になってしまうのです。週休日祝日休みという一見嬉しいお休み体制ですが、「週休何日なのか」という視点で確認することはとても大切な注意点です。

 

(3)「夜勤・残業なし日祝日休み」だからこそ福利厚生を確認する

夜勤、残業なし、日祝休みの看護師求人の場合は、待遇が良いため、可能性として福利厚生があまり整っていたない場合があります。

そのため、以下の福利厚生は確認しておきましょう。

 

特別休暇などを確認すること

日祝日休みだけでは、年間休日はとても満足できるものではありません

だからこそ、

  • 特別休暇
  • 夏季休暇
  • 年末年始の長期休暇
  • 育児休暇
  • 介護休暇

などが大切になるのです。

また、アニバーサリー休暇や、創立記念休暇などクリニック独自の休暇が豊富かどうかもチェックするポイントの1つといえます。

 

 

残業手当の有無を確認すること

残業がないといっても、人相手のお仕事は、患者が急変した時には残業になることもあります。そのときの残業代がどれだけ残業した場合に発生するのかチェックすることはとても大切なことです。

夜8時まであったクリニックでは、タイムカードでカウントし、15分単位で申告せずに残業をつけてくれていました。今は、1分単位で残業代をつけてくれる施設やクリニックもあれば、30分以上超えても残業をつけてくれない施設もあるようです。「残業なし」と、うたっているからこそ、確認すべきポイントの一つです。

 

基本給以外の手当を確認すること

「夜勤・残業なし日祝日休み」という言葉の裏に隠された、本当であれば手当があるはずのものが、隠されてしまっているかもしれません。福利厚生がしっかりしている場所であれば、この部分の就業規則があるはずです。

  • 休日出勤の手当
  • オンコール手当
  • クリニックなどの特融の手当

など、様々な諸手当をしっかり注意して確認することが大切です。

 

(4)祝日そのものが休みかを確認すること

私は、「夜勤・残業なし日祝日休み」の透析施設に勤務したことがあります。

透析は月から土曜日、時間も8時から22時までの2交代制でした。祝日については、出勤すると代休という形でお休みをもらっていました。他にも平日1日交代で休むことができ、残業はありませんでした。

このように、祝日休みが代休ということもあるのでご注意ください。

 

2.夜勤・残業がない日祝日休みはどんな求人があるの?

夜勤・残業がない日祝日休みはどんな求人があるの
夜勤や残業がなく、日祝日休みの求人は以下のように様々あります。

  • 保育園
  • デイサービス(通所・入浴)
  • 訪問看護ステーション(訪問看護)
  • 各種クリニック
  • 病院の外来
  • 健診センター
  • 企業看護師(医務室・健康管理室)

(当サイト内を検索してもらえればすべての業種を詳しく調べれます)

など、現在様々な看護師求人が出ています。

雇用形態は「アルバイト・パートのような非常勤」「日勤常勤」「派遣職員」など様々です。自分に合った病院・施設を選択するようにしましょう。

 

夜勤・残業なし日祝日休みの体験談

私は「夜勤・残業なし日祝日休み」+他1日休みのクリニックに2年間勤務していましたが、内視鏡検査のために8時前に出勤し、お昼が2時間休憩ですが、交代でお昼の内視鏡検査を担当し、曜日によっては夜8時までの勤務をすることもありました。

お休みに関しては、日曜・祝日・他1日だったため、決して少なくはありませんでした。しかし、週2回20時まで勤務をすることは、実は家庭に負担がかかり、疲れも蓄積していくのを体験しました。

夜20時まで働くことはプライベートな時間が無くなることだと実感しました。残業なしということは、「残業をする必要がないほど遅い」ということなのだということも理解しました。

この夜8時までの勤務を行ったのは20代で、他のスタッフもみな20代でした。若かったからできた勤務だったのかもしれません。

 

病院の外来勤務も「夜勤・残業なし日祝日休み」体制が多い

病院の外来勤務も、「夜勤・残業なし日祝日休み」の勤務体制が多いです。私も総合病院の外来勤務でしたので、「夜勤・残業なし日祝日休み」を体験しました。

 

休みの日のオンコール体制を確認すること

「夜勤・残業なし日祝日休み」を掲げる看護師の求人では、訪問看護ステーションも多くあります。ですが、24時間対応訪問看護ステーションの場合には、日祝日休みでも、オンコール体制をとっているステーションが多いのです。

安定した慢性期の患者が多い訪問看護ステーションであれが、実際に患者や家族から電話がくる回数は少ないかもしれません。

 

オンコール当番の割合を必ず確認する

退院したばかりの方が多い時期や、がん患者を多く担当する訪問看護ステーションの場合には、患者からのファーストコールが訪問看護師のことも多いのです。どのくらい割合でオンコール当番をとる必要があるのかチェックすることはとても大切です。

 

3.まとめ

夜勤や残業がない日祝日休みの看護師求人は、本当はとても年間休日が少なかったり、拘束時間が長かったりする場合があります。

夜勤がない、残業がないという表面的な言葉に踊らされることなく、勤務体制をしっかりと確認してから転職しないと、休みが取れずに疲弊する原因にもなります。就業時間と年間休日はしっかりと確認してから、転職を決めたいものですね。

 


(編集・構成・管理者:亀岡さくみ

看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・専門看護師・消化器内視鏡技師・心理相談員
年齢 ・40代後半
職務経験 ・がん専門病院・クリニック・総合病院・訪問診療クリニック
診療科経験 ・消化器内科・腹部外科・透析室・内視鏡室 ・相談室
・放射線治療室・整形外科 ・一般内科・カウンセリング室

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。