著作者

sun&sky

現役看護師

sun&sky

( 看護師 )

チーム医療における看護師の役割について

sun&sky
現役看護師sun&sky
チーム医療 看護師 役割

「チーム医療」とは1つの疾患に関してそれぞれの役割を担う医療従事者が互いに対等の立場で連携して治療にある医療環境モデルのことです。

チーム医療が提唱される背景には、当時の医療業界が関係する他科目との連携が上手くとれず、ひどい場合には「内科vs.外科」など対立してしまい、結果的に患者にとって最善の治療を施すことができないという問題点がありました。

この点を改善すべく立案されたのが、「チーム医療」です。

1.チーム医療の特徴とは?

チーム医療の特徴

チーム医療の最大の特徴は、各診療科目の間にある壁を取り去ってお互いに協力し合うことにあります。

  • チーム医療の定義:チーム医療とは、複数のメディカルスタッフが連携し、治療やケアに当たること

双方から建設的な意見を出し合うために、外科、内科、更には麻酔科や病理診断科などで合同カンファレスのよな合同会議を開いたり、各診療科目の医師を1つの医局に集め話し合いの場を設けるのです。

 

チーム医療に関わる専門職とは

チーム医療に関わる専門職とは、具体的に

  • 医師
  • 看護師
  • 管理栄養士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 作業療法士
  • 歯科衛生士
  • 薬剤師
  • 臨床検査技師
  • メディカルソーシャルワーカーなど

忘れてはいけないポイントとして、チーム医療のメンバーにはこれらの医療専門職のほかに、患者本人とその家族もメンバーに含まれるということです。

 

患者に関わる全ての医療スタッフを巻き込む

医者だけではなく、看護師や薬剤師がそれぞれにまとめている薬歴や看護記録を統合し情報を共有したり、専門看護師や臨床薬剤師・栄養士がお互いの回診に参加して意見を交換し合ったりもします。

このようにすることで、積極的に各専門分野・各診療科目の「横の繋がり」を取り、広い視野から患者にとってベストと思える医療を提供することに努めるのです。

 

ポイント!

ポイント

何より忘れてはならないのは、このチーム医療には、患者自身も含まれていることことです。患者は、ただ言われるがままに医療を受けるのではなく、主体的に治療に参戦することが求められているのです。

 

厚生労働省において「チーム医療推進会議」が開始

全国的にチーム医療は標準的な治療方法されており、日本では2010年5月から厚生労働省において「チーム医療推進会議」が開始され、現在においてはチーム医療推進協議会というものまでが存在しています。

 

チーム医療のメリットについて

  • 患者の状況を的確に捉え、対応した医療が提供できる
  • 患者に最適な医療を提供できる手段となる
  • チームで活動することで治療の多様性が見出せる

メリットを考えるとこの3点が出されますが、まとめると患者が一番安全に、安心して質の良い医療を受けられるようにということが前提である事がわかります。

この背景には、患者やその家族が、近年質が高く、安全な医療を求める声が高まったことや、医療を患者自らが選択できるようになってきたことがあるといえます。

 

2.看護師が活躍しているチーム医療の分野

看護師が期待しているチーム

医療現場において各分野の専門家たちが互いに連携して補完し合い、患者にとって最適と思える医療を提供する「チーム医療」。

中でも直接的に最も近いところから患者やその家族に関わることになる看護師は、チーム医療に欠かせない立場にあり、時にはチームの中心となって活躍することもあります。

病院内におけるチームには、幾つか分野がありますが、中でも看護師の多くが参加し活躍しているのが以下のチームです。

  • 感染対策チーム
  • 褥瘡対策チーム
  • 栄養サポートチーム(NST)
  • 緩和ケアチーム
  • 医療安全管理チーム

どのチームも病院で働いている看護師であれば、必ず携わったことのある院内チームなのではないでしょうか。特に感染対策チームお褥瘡対策チームは看護師の役割が大きく期待されているチームだと言えます。

 

感染対策チーム

看護師の活躍が最も期待されているのが、感染対策チームです。

感染対策チームとは院内感染の発生や拡大を最小限に留めることを目的としたチームで、医師・看護師をはじめとした4分野の専門家がチームメンバーとして活動しています。

チーム内の看護師は院内感染防止技術に関するマニュアルの作成や教育、看護部感染対策委員会の運営やリンクナースの育成などにあたります。

 

褥瘡対策チーム

褥瘡対策チームの役割は褥瘡のある患者さんの治癒や環境の改善を図ることであり、皮膚・排泄ケア認定看護師と医師に加えて薬剤師、管理栄養士で構成されています。

 

その他のチーム

安全かつ効果の高い患者の栄養管理を行う「栄養サポートチーム(NST)」や、特にがん患者の苦痛を緩和することを目的とした「緩和ケアチーム」、生命維持管理装置その他院内の医療機器がいつでも安全かつ適切に使用されるよう保守点検や指導を行う「医療安全管理チーム」などにおいても、看護師が積極的に関わりチームの一員として活躍しています。

 

3.チーム医療での看護師の役割

求められている役割

看護師は距離的にも時間的にも最も患者にとって身近な存在となるため、患者と医療チームを繋ぐ橋渡的役割を持つキーパーソンとなります。

さらに看護師は、患者の出生から最期まで関わり、24時間患者のそばにいる一番患者の情報を把握している職種といえます。

また、医師の指示のもとで直接的に処置やその介助にあたり、さらにはその後を管理している存在でもあり、患者の治療や療養生活をもっとも近い場所から直接お世話している存在です。

まとめるとチーム医療では以下のような役割を看護師は担っているといえます。

  • チーム医療のキーパーソン
  • 提供する看護技術やサービスの質の向上とその維持
  • 職種間の連携の推進役

時に患者の代弁者として医師との架け橋や、アドバイザーとにもなる役割です。

提供される医療は、すべて患者のニーズに沿わなければならないため、患者の一番身近な存在である看護師は、そのニーズを的確に捉えることや、そのニーズに具体的に応ていく方法を常に模索していく義務があります。

こういった意味でもチーム医療における看護師の立場と役割は、非常に大きな存在であり、欠かせない存在なのです。

 

患者・家族が最善の選択をできるようにサポート

患者とその家族が治療法の選択肢を理解し望む治療が受けられるように、インフォームドコンセントに同席するなどして患者をサポートするのも看護師の大切な役割となります。

 

「協力」ではなく「協働」の立場にある

従来は「協力する」という立場だった看護師が、「協働する」という立場に変わり、看護という専門分野におけるエキスパートとしてチームに貢献することが求められるようになったのです。

 

看護師としてチーム医療が成功したと感じる瞬間

入院した患者の中には、当たり前の日常から病気となり、治療後は元の生活に戻れない、もとの体のようには動かない等の変化を迎える患者も多くいます。

その急激な変化は患者自身もパニックに陥り、不安も大きく抱えています。

 

身体的変化から生じる不便さや不安にも包括的関わる

チーム医療では、まず医師が治療にあたり、その治療が有効にはたらくよう看護師が管理しながら入院生活は始まりますが、治療が終了し医療的介入がなくなったからといって退院ではありません。

変わってしまった身体的変化から生じる不便さや不安にも包括的に関わっていく解決していくのが現代の医療です。

 

当たり前のように生活していくための方法をチームで解決する

それぞれの専門職が情報を統一し共有することで、できなくなった事がまた可能となったり、自宅で家族と当たり前のように生活していくための方法を手段を社会資源を活用させながら退院をしていく患者を見ると、このチームに携われてよかったと本当に感じるものです。

何よりも、患者が治療を終了し次のステージに進出できるようにチーム全体で活動しているので、その瞬間に患者が笑顔で迎えられている事が実感できるとき成功したと感じることでしょう。

 

チーム医療を実現するための転職先探し

チーム医療の考え方が現在の病院でできない場合は、キャリアアップ転職が最短の近道!

求人情報収集だけでもOK!登録後、担当者から連絡が入りヒアリングを元に紹介してくれます。

求人をチェックすることで、現在の病院との比較ができます。

 

まとめ:チーム医療では医師も看護師も薬剤師も皆同等の立場

かつての医療現場は医師がいわば「ピラミッドの頂点」であり、他の医療スタッフはその指示の元に各業務を果たしていくことが求められ、患者はその提供される治療法を鵜呑みにして受け入れるという形を取っていました。

しかし今では「チーム医療」という考え方のもと、医療はあくまで患者が主役であり、その希望に沿う最も適切な形の治療が施されるよう、医師を含め他のスタッフたちは皆一律に脇役としてそれぞれの業務を連携しながら果たしていくことが求められています。

チーム医療においては医師も看護師も薬剤師も皆同等の立場であり、それぞれの分野のエキスパートとして意見を出し合い情報を交換し合わなければなりません。

質の高い、安全・安心の医療提供が今後も提供されることは医療者も、患者もともに願っていることですので、現時点でチーム医療が必要という事は間違いありません。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。

看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

二人の男の子の育児真っ最中の現役看護師です。小さな頃に見たテレビドラマの看護こんにちは。師に憧れ、看護の道に進みました。
総合病院の循環器・内分泌を含む総合内科、救急外来、小児科、整形外科の勤務を経て、現在は特別養護老人ホームの施設看護師として働いています。看護職は現在活躍場所が幅広くあり、働き方もある程度選択できるとても良い職業です。
病院勤務と施設勤務の違いや、子育てしながら働くことなど、私が経験した中でなにか役立てる情報がひとつでもあればと思っています。みなさん、よろしくお願いいたします。


カテゴリー:看護師コラム


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:sun&sky
(公開日:)(編集日::2017年07月24日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。