著作者

パンダ

運営Staff

パンダ

( 運営スタッフ)

第二新卒の看護師が転職を成功させるポイント!

パンダ
運営Staff パンダ

第二新卒は世間では売り手市場とも言われており、採用もされやすと言われますが、看護師の第二新卒は少し違います。

第二新卒看護師の場合、

  • 「看護技術がない」
  • 「臨床経験が浅い」

などの理由で、転職する職種や業種の選択が狭くなります。

そのため、病院を辞めたい第二新卒看護師が転職できるのは、ほとんどまた病院になります。

人間関係の極端な悪化や、何かその病院に特別な不満がない限りは、3年程度はつづけた方が無難だったりもします。臨床経験を3年積むことで、クリニックや介護施設、派遣看護師としての選択が広がります。

だからこそ、第二新卒の看護師転職は違う病院を選び、環境を変える転職になります。また、診療科を変えたい場合は教育制度が整っている病院を選ぶことで第二新卒でも転職が可能になります。

このページでは、第二新卒が転職する注意点について説明していきます。

 

1.そもそも第二新卒の定義と看護師の現状について

第二新卒看護師とは

第二新卒の定義ですが、一般的には、社会人1年目から3年目を第二新卒者と指します。場合によっては「社会人1年目2年目」のみとなります。

看護師業界も一般市場も第二新卒を好んで採用する病院や企業も昔に比べ増えてきたといえます。

 

第二新卒は採用する側にメリットがある

第二新卒を採用する側としては、前職の働きぶりなどを聞いて、良い人材かどうかを判断しやすい面があります。人材の判断材料が豊富にあるので、新卒者よりも安心して採用できるのでしょう。

また、第二新卒者は社会人マナーなどをひと通り身につけている人が多く、何もかも一から教えなければいけない新卒者に比べると、即戦力につながりやすいこともメリットです。

中途採用者に比べれば、社会人経験の少なさから、柔軟に、従順に仕事を覚えられるのではないかという病院の期待もあるでしょう。

 

前職の離職理由がしっかりしていれば転職はそう難しくない

第二新卒については、「堪え性がないダメな看護師だ」と認識する人もいますが、前職の離職理由がきちんとしていれば、転職活動が容易になる可能性もあります

 

大事なの前職の退職理由

就職して数年だと、大した看護スキルが身についているわけではありません。明らかに、自分勝手な理由で辞めていたり、スタッフとの調和が取れずに辞めてしまったという場合は、転職しても同じように、辞める確率が高いですので、病院の採用担当者も簡単には内定を出してくれないでしょう。

 

ポイント!

ポイント

それでも、これからの仕事に対する意欲が明確であれば、採用側も第二新卒者に魅力を感じ、雇ってくれる可能性もあります。病院によっては、教育制度や研修制度が整備されている病院もあるため、第二新卒であってもスキルを磨かせてくれるケースがあります。

 

2.転職のタイミングと心構え

看護師転職のタイミング

第二新卒での看護師転職時期は、どのタイミングがベストなのかをご紹介していきます。

第二新卒での転職を考え、早期退職を希望する場合には、病院に迷惑がかからないように配慮することを忘れてはいけません。

 

人手不足の時期と4月は転職を避けるのが無難

職場の状況をみながら、なるべく看護師不足にならない時期に、退職時期を合わせるようにしましょう。一般的に病院が忙しい時期は以下の通りです。

  • 4月の新人看護師が入職する時期
  • ゴールデンウィークなどの長期休暇時期
  • 年末年始などの人が足りない時期

4月などの年度初めは、新人看護師が入職し、現場が慌ただしいムードに包まれます。通常業務に加えて教育係を担当する看護師もいますので、できるだけ4月などの入職者が多い時期も避けたほうがいいでしょう。

 

雇用側の病院側が求めることは「長期勤務」できるかどうか

雇用側の病院側が第二新卒の看護師に求めることは、入職して長く働いてもらうことです。

第二新卒の時点で「短期間」で退職したわけなので、転職した病院でも「すぐに退職してしまうのではないか?」という目はぬぐいきれません。

そのため、第二新卒の看護師に一番求められることは長期勤務となります。

 

「第二新卒看護師」が多い診療科ってあるの?

特に第二新卒が多い診療科があるかというと、その偏りは見られません。

ただ、若い世代の看護師の場合、広く経験を積むことができる内科や小児科などに人気が集まります。詳しくは「看護師に人気の科ランキング|20代・30代・40代・50代に人気の科は?」はを確認してみてください。

 

3.第二新卒看護師求人を探す前にやるべきことについて

転職サイトを探す前にやるべきこと

第二新卒として改めて転職先を見つけることになるのですが、その前に「これを理解していると転職活動がよりスムーズにいく」秘訣を教えます。それは、「第二新卒の強み・弱み」を理解し、「辞めてしまった理由」を明確にすることです。

 

第二新卒の看護師の強みとは

新人看護師として就職したけど、3年も持たなかった。と落ち込んでいる看護師さんは今すぐその気持ちを改めましょう。なぜなら、「第二新卒看護師だからこその強み」もきちんとあるのですから。最初に気になる強みから紹介します。

  • 若さと体力・適応力に柔軟性がある
  • 社会人マナーや会社の経験値がある
  • 新卒と違い0からのスタートではない
  • 即戦力になるので採用されやすい

どの点も第二新卒だからこそのメリットです。特に大事にしたいのは適応能力。場所が変わればやり方が変わるなんて当たり前になるので、前はこうだったから、なんていう固執した考え方をもちにくい若い看護師であれば柔軟に対応できるのです。

 

第二新卒の看護師の弱みとは

社会人経験が1、2年だと実務経験が浅く、0からではないにしろわからない仕事ばかりだったり、デメリットもあります。ですが、第二新卒の弱みを理解しておけば、逆手にとってプラスな考え方を持てることにも繋がるので理解しておきましょう。

  • 経験年数が浅いと忍耐力に疑問を持たれることがある
  • 臨床経験3年以上の求人条件に満たない
  • 新しい転職先で経験者として扱われやすい

新しい転職先によっては第二新卒の看護師は、経験者として扱われることがあります。その場合、新人看護師としての研修が受けられない、仕事も先輩看護師を見て覚えるなど、プレッシャーを感じることがあるかもしれません。

 

辞めた理由を明確にする

今回辞めた理由を明確する理由については面接対策ではなく、どんな条件の職場で働きたいかを考えるためです。

  • なぜ辞めたのか
  • どんな職場環境なら働きたいか
  • 譲れない条件はあるのか

少なくとも上記3つは把握するようにしましょう。わかりやすい方法としては、メモやノートに書き出すと良いです。浅いとはいえ看護師として実務経験を経て「なにが問題で辞めたのか」、その問題を解決できる職場を探すようにしましょう。

また、転職が初めてという方は「看護師転職 | 初めてでも失敗しないための全手順」を確認してみてください。看護師転職の手順を確認しておきましょう。

 

譲れない条件が複数あった場合

転職先の条件でこれは絶対譲れない、というものが複数ある場合にはその中でも優先順位をつけることが大事です。辞めた理由を一番クリアできそうな条件を優先的に選びましょう。

 

まとめ

第二新卒の看護師は、転職グセを身につけないためにも、初めての転職を成功させる必要があります。

利用方法等については看護師転職サイトを選ぶときに失敗しないための5つのポイント看護師転職サイトを複数登録するメリット・デメリットと解決法をご確認ください。

転職はあなたの人生を左右しかねないライフイベントです。せっかく転職するのであれば、第二新卒としての経験の経験が存分に活かせる職場を見つけていきましょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

看護師転職ジョブを運営しているスタッフです。

1人でも多くの看護師の方に役に立つ情報や転職時の注意点など幅広く執筆しています。記載している情報は、有資格者の看護師のチェックを通しながら執筆中です。

是非たくさん見ていただけたら嬉しいです。


カテゴリー:看護師キャリアアップ


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:パンダ
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。