著作者

Ivy

看護師ライター

Ivy

( 看護師 )

トラベル(海外渡航)クリニックの看護師1日のスケジュール

Ivy
看護師ライターIvy
トラベル(海外渡航)クリニック

トラベルクリニックは、海外渡航者のためのクリニックです。(海外渡航クリニックとも呼ばれます。)海外に赴任、出張または留学、旅行等の際に必要な予防医療を行うクリニックをいいます。

あまり看護師として働く人口が多くない、トラベル(海外渡航)クリニックで働く看護師の仕事内容と1日のスケジュールについて私の経験談を元にご紹介していきます。トラベルクリニックに興味がある看護師の方や転職を希望している看護師の方は是非チェックしてみてください。

1.トラベル(海外渡航)クリニックで働く看護師の特徴とは

トラベル(海外渡航)クリニックで働く看護師の特徴

トラベル(海外渡航)クリニック看護師の業務については、予防接種を行うのが主な業務となります。受診する際は、初診再診にかかわらず、患者さんが事前に電話予約をしてワクチンの確保をしておきます。初診の場合は渡航先や期間、目的などから必要なワクチンを予測して電子カルテの予約表に入力しておきます。

予約人数の多いトラベルクリニックでは、業務の前にその日の予約数を見て、事前にワクチンの準備をしておくこともあります。

 

トラベルクリニックと他のクリニックの違いとは

トラベル(海外渡航)クリニックでは、他の病気を治療するクリニックとは大きく違い、患者さんではなく、お客様であることが上げられます。海外渡航をする方々はお仕事であったり、旅行をするために受診するので、患者さんではなくお客様であることを念頭において接しなればならない。

お仕事で海外赴任の方は、急に会社から辞令を言い渡されてとてもタイトなスケジュールの中で受診されている場合や、一方で卒業旅行や友人との楽しい旅行に備えて受診された方など、内容も様々なのでそのケースに合わせて対応をしていくことが必要になると思います。

 

海外の流行疾患をチェックすること

海外渡航される地域は世界様々な地域に及びます。その時々で流行する疾患や、それに伴う必要なワクチンも変わってくるので、毎日専門のサイトでチェックをして情報共有をします。

特に日本人が罹患したなどのニュースには敏感になり、お客様に必要なワクチンをお勧めするためにお話しすることもあります。ニュースを見たり、お客様からの情報により、今まで知らなった国のことにも触れることができ、海外に興味のある看護師には興味深い仕事だと思います。

 

2.看護師の仕事「初診」の流れとは

看護師の仕事「初診」の流れ

トラベルクリニックでは、看護師は初診と再診が主な仕事となります。まずは初診の流れから確認してきましょう。

 

看護師が問診を行う

渡航先を確認し、どのワクチンがどういう理由で必要なのかを簡単に説明していきます。会社からの接種必須ワクチンや、予算の関係もあるため、お客様との相談でワクチンの種類を選定します。

ワクチンにはそれぞれ接種回数と時期が異なり、2回や3回接種しなければいけないものもあり、接種時期も決まっているので注意が必要です。その時期にしっかりと接種できないと抗体がつかない可能性もあるため重要となってきます。

そのため、ワクチンの接種が全て決められた時期に接種できるか、もし3回目は海外で接種することになるならそれが可能であるかなどを確認することが看護師の仕事です。

 

その後医師が診察を行う

看護師が問診で決めた内容の患者への最終確認とワクチン接種の必要性や接種時期と回数、ワクチン接種によるリスクなどを説明していきます。

 

看護師がワクチンの接種をする

2回目、3回目はいつ接種するのかを表に書いて患者様へ説明していきます。

実際にワクチンを接種を看護師が行います。(1度に5~6種類も接種することもあり、時には具合の悪くなることや、翌日に発熱することもあるため、注意しながら対応することが重要です。)

これがトラベルクリニックで看護師が行う仕事である「初診の流れ」になります。

 

ポイント!

ポイント

再診の流れは、「看護師がワクチンの接種をする」「次回の予定を確認して説明する」「1回目の接種後、体調の変化がなかったかを確認する」「
今後の質問事項があれば対応する」などが再診の流れになります。

 

3.トラベルクリニックで働く看護師の1日の流れ

働く看護師の1日

それはで、トラベルクリニックで働く看護師の1日についてご紹介していきます。

 

AM9:30:業務スタート

海外渡航専用のサイトをチェックするこちから業務がスタートします。海外で起こる疾患は常に変化しているので、その疾患によって、どんなワクチンが必要になってくるかをタイムリーに情報収集していきます

 

AM10:00~PM1:00:「午前の外来スタート」

10時からは午後の外来がスタートしていきます。ここでは、初診と再診が主な看護師の業務となります。

 

PM1:00~PM3:00:休憩時間

クリニック特融の休憩時間の長さがあります。メリットでもあり、デメリットともなりますね。

 

PM3:00~PM7:00:午後の外来スタート

午前と業務内容は一緒ですが、比較的再診の患者の方が多い傾向にあります。

 

PM7:00:業務終了

最後に必ずワクチン冷蔵庫の温度を確認して帰ります。温度が保たれていないと、大量のワクチンが無駄になってしまうので重要です。

最近は海外に赴任して働く日本人も多くなり、海外渡航専門のクリニックも増えています。赴任というと、当然ご家族のワクチン接種も必要になるため、ますます需要が高まっているのがトラベルクリニックになります。

 

4.まとめ

どの看護師の仕事も大変なことはありますが、このトラベル(海外渡航)クリニックの看護師としての仕事内容で好きだった所は、病気を対象にするお仕事ではないので暗い感じがなく、クリニックの雰囲気が明るいことが私にとっては好きでした。

私は海外旅行が好きなので、受診者さんから様々な情報を聞けたのがトラベルクリニックの看護師として勤めていて楽しかったことの1つです。看護師という資格の仕事は人の命を助けるほか、資格職を活かして仕事を選ぶことができる素敵な仕事だと感じます。

トラベル(海外渡航)クリニックの看護師求人は数が少ない傾向にありますが、興味がある方は是非求人から探してみてください。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



趣味は海外旅行や美味しいものを食べてお酒を飲むこと。現在は旦那さんと2人暮らしをしています。看護師歴20数年になり、総合病院や専門病院などの病棟を15年ほど経験し、その後はクリニックでのパートや、今までの経験を生かして美容クリニックや検診などのスポットアルバイトをして今に至ります。
現場でずっと働いていたので、他の仕事に興味があり記事を書いていますので応援よろしくお願いします。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・東京都
職務経験 ・総合病院 ・個人病院 ・クリニック
診療科経験 ・消化器内科 ・耳鼻科 ・甲状腺内科 ・一般外科
・一般内科・検診 ・皮膚科 ・美容皮膚科 ・産婦人科

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:クリニック

(公開日:)(編集日::2018年03月24日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。