著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師が退職を思いとどまるべき5つのケースと退職注意点

kameko
看護師スタッフkameko
看護師 退職 思いとどまるべきケース 注意点

ついつい「辞めたい」と思う看護師の方も多いことでしょう。しかし、実際に看護師を離職した人に話を聞くと、看護師を辞めたことを後悔しているケースも多いようです。もちろん、離職してよかったナースもいると思いますが、後悔する離職理由にはどんなものがあるのでしょうか。今、看護師をやめようと悩んでいる人に、ぜひ読んでいただきたい内容です。

1.「忙しい」が理由で辞めたい時は要注意!

看護師 離職理由 忙しい

医療現場は、慢性的な人手不足に陥っています。そのためか、看護師に多い離職理由は、「人手不足で忙しすぎる」からと答える人が多いです。人手不足の職場でどんなことが起こるかというと、看護師の労働条件の悪化という点があげられるでしょう。休みが取れない、残業が続くなどの状態では、心も身体も疲れ果ててしまいますよね。ストレスが多くなるので、生活もいきいきとした雰囲気ではなくなります。過労や働き過ぎで仕事が嫌になり、だんだん働きたくなくなってしまうのです。

 

職場が嫌なのか、そもそも看護の仕事が嫌なのか

しかし、この場合、看護師の仕事自体が嫌いなわけではありません。忙し過ぎることが嫌なのです。本質を見失ってはいけません。過労が続いた状況だと、心に余裕がもてません。もしかすると、勢いで離職を選択してしまう看護師の方も多いでしょう。

 

勢いで離職するのは危険!

しかし、もともと看護師の仕事が好きであれば、離職後にだんだんと体調が回復していくにつれ、離職したことを後悔していくかもしれません。だからこそ、大好きな仕事なの辞めてしまう前に、離職の是非をきちんと考える必要があります。
 

もし本当にその職場が嫌いなのであれば

職場が嫌いなだけであれば、別の診療科に異動したり、転職を考えることもひとつの手ではあります。ただ、改善の余地が見られるのであれば、できるだけ離職はせず、今のまま看護師として働くことをおすすめします。

転職は簡単ではありませんし、時間も、体力も消耗します。また、なかなか転職できなければ、経済的にも苦しくなるでしょう。転職を考えるのであれば、しっかりと準備をしてからした方が、無駄な苦労を防げます。現場が辛いからといって、突発的に離職するのだけはやめましょう。

 

2.看護師が離職を思いとどまるべき5つのケース

看護師 離職 思いとどまった方がいいケース

忙しすぎて離職することの他に、以下のような状況の人も離職をすると後悔してしまう可能性があります。ぜひ、今の自分の状況と照らしあわせてみて、考えなおしてみましょう。

自分をダメ看護師だと決めつけているケース

看護師の方たちは、とても向上心が高く、理想の看護師像を持っている人が多くいます。そのため、ちょっとしたミスが気になったり、何度やっても上手くいかないことがあると、「自分はダメなんだ」と否定しがちです。

 

同じような思いをしているのはあなただけじゃない

このような状況が続くと、どうしても仕事が嫌になってしまします。これが原因で離職を考える人もいますが、実はこれはみんなが通る過渡期の状況だということもできるのです。これを途中棄権してしまうと、諦めずに働き続けたナースが一人前になるのを見て、きっと後悔するはずです。

看護師は、一人前になって安定した状況で働けるようになるには、一定の時間がかかります。頭で覚えるだけでなく、実際に体を動かして業務がこなせなければいけませんので、簡単ではないのです。
 

今が踏ん張り時かもしれない

看護師になりたての方や、看護師経験が数年という方は、まず、自分の未熟さを理由に離職を考えるのはやめましょう。きっと、5年、10年と働けば、必ず思い通りに働けるようになるはずです。思い立って離職してしまえば、これまでのスキルも消えてしまいます。
 

他の人と自分を比べて落ち込んでいるケース

看護師の理想像を持って、それに近づこうとする看護師の方は多いです。でも、あの人は得意だけど、自分には苦手なことは必ずあります。すべての仕事が上手にできるようになれば苦労はないですが、誰にでも得意不得意はあるものです。

 

自己分析が足りていないだけかもしれない

「あの仕事ができないから」「あの人はできるけど自分にはできないから」という理由で離職すれば、もしかしたら人よりも得意だったかもしれない技術が、無駄になってしまいます。また、苦手を克服できないまま、逃避することにもなるでしょう。どちらにせよ、このように自分の状態を的確に認識できない状況は、自己分析ができていない証拠です。

 

ありのままの自分のこと、本当に見えていますか?

自己分析ができないのに、自分の得意不得意がわかっているはずがありませんよね。将来、「私はもしかしたら、看護師の仕事が得意だったかも」と思うことがあれば、間違いなく後悔してしまうでしょう。

 

仕事の辛さをはき違えているケース

新人看護師の人に多いのですが、なかなか仕事の辛さをほかの人と共有できず、一人で思い悩んでしまっているケースが多く見られます。本当は仕事のやり方に疑問があったり、もっとこうしたほうがいいのにという意見があるのに、先輩に気を使って何も言えないという状況は、どんな職場で働く人にもよくあることですが、実は我慢をし続けて口を閉ざしていると、それがストレスになり、働くことが辛くなってしまうのです。

 

口に出して発散すれば済む問題かも

自分の意見がなかなか言えないのは、若い看護師にとってはよくあることです。でも、次第に同僚や仲間が増えれば、ちょっとした愚痴をこぼしたりして、ストレスを発散していきます。今の自分のつらい気持ちは、実は仕事の内容ではなく、自分の意見が言えないもどかしさや、苦しさからきているのかもしれません。もしかしたら、この点さえ改善されれば、看護師としていきいきと働くことができるかもしれませんよ。

 

ポイント!

ポイント

せっかく好きな仕事なのに辞めることは、とってももったいないことです。後悔する前に、まずは自分が不快に感じていることをリストアップしてみるといいでしょう。

 

なんとなく辞めたいケース

次に別の病院へ転職することを考えている人も、転職先の決定には退職理由が大きく関係していきます。どうして辞めたかったのかを考えて、それを参考に転職活動していきますので、遅かれ早かれ考えなければならないことです。転職はできるかもしれませんが、また同じような「なんとなく辞めたい」という気持ちになるかもしれません。今、辞めたい気持ちになっているなら、まずはその理由を考えましょう。

 

まとめ

看護師に、看護師の仕事を辞めたいと思ったことがあるかという調査をすると、いつも辞めたいと考えている人は全体の2割にものぼります。時々思うと回答した人を含めると、およそ75%の人が仕事を辞めたいと考えることがあるようです。それでも辞めないのは、やはり看護師の仕事が好きで、やりがいがあり、もし辞めてしまったら後悔してしまうからではないでしょうか。

もちろん、病院によっては、働きやすい環境を用意している病院も多いです。もし、これから転職を考えるなら、働きやすい現場を選ぶことが大切ですね。看護師の仕事は、やりがいのある仕事ですので、ぜひ、諦めないで、簡単に離職しないようにしましょう。周りにも葛藤を抱えている看護師は多いと思いますので、相談したり、支えあって働き続けていければいいですね。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師の実情

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。