著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

大学病院の美容外科への看護師転職で知りたい5つのポイント

ここでは、大学病院の美容外科への看護師転職のメリット・デメリットと注意点を説明したあと、求人の探し方について紹介したいと思います。大学病院の美容外科への看護師転職にはどのようなメリット・デメリットが存在するのでしょうか。ポイントを押さえ、看護師転職サイトを活用して転職活動を効率よく進めましょう。

看護のお仕事口コミへ

1.大学病院の美容外科で働く看護師の仕事内容

大学病院の美容外科で働く看護師美容外科には地域密着型のクリニックや、全国にチェーン展開を行っている大手クリニックなどさまざまな経営形態があります。そのなかでも近年、注目を集めているのが大学病院の美容外科です。

 

個人の病院も大学病院も行う治療はほとんど変わらない

個人経営の病院でも、大学病院であっても、行う治療はほとんど変わりありませんから一般的には患者さんへの看護、手術の介助、ヒアルロン酸やボトックスなど治療のための準備などが主な業務です。入院する患者さんもいますから、当直もあります。このほか、大学病院では市民講座などを実施することも多いので、そのお手伝いも業務のひとつとなります。

 

大学病院では看護業務のみに集中できる

大学病院では一般の美容外科クリニックと違い、看護師は看護業務のみに集中できる体勢が整えられています。このため、オペ介助や入院患者さんのケアなどが中心的な業務となります。ただ、大学病院によっては美容外科診断を独立させているところもありますし、それぞれ運営形態が異なります。したがって、病院ごとに看護師の仕事内容も変わります。

 

形成外科の診療を同時に行うところが多い

大学病院では形成外科の診療を同時に行っているところも多いので、そちらの看護業務を行うこともあります。形成外科の病棟では手術の介助、入院患者の食事や清掃、排せつなどの生活支援、手術後のケアなどが主な仕事となります。患者さんやそのご家族の精神的なケアも含めて、患者さんのQOLを高めるよう看護を行います。このほか朝の申し送り、スケジュール確認、看護の記録、夕方の申し送りなど、通常の大学病院と同じような業務を行うのが一般的です。

 

2.大学病院の美容外科で働く看護師のメリット

大学病院の美容外科で働く看護師のメリット大学病院の美容外科で働く看護師のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。下記のポイントについて詳しく見ていきましょう。

  • 専門知識を深めることができる
  • 看護師としてのキャリアアップも可能
  • 看護業務に専念できる
  • 福利厚生が充実している

 

専門知識を深めることができる

大学病院の美容外科で働く最大のメリットといえば、美容外科に関する最先端の研究成果や技術が学べることです。その大学でしか行っていない研究もありますし、独自の美容外科技術を患者さんに施術している大学病院もあります。大学病院は医療機関であると同時に、研究・教育機関でもありますから、一般の美容外科クリニックでは経験できない施術が体験でき、専門知識が深められるのが大きな魅力です。美容外科や形成外科分野での看護を極めたい人には、最適な職場だといえます。

 

看護師としてのキャリアアップも可能

大学病院は教育制度が充実しているので、看護師としてのキャリアアップも期待できます。研修会や勉強会を積極的に行っているところがほとんどですし、独自の看護師育成プログラムによって、段階的にレベルアップできる仕組みが確立されています。このため、将来リーダーとして活躍したい、後輩の指導を行いたい看護師にもおすすめの職場です。

 

看護業務に専念できる

このほか、看護の仕事に専念できるのも魅力です。クリニックなどでは看護以外の雑用も行わなければいけないので、看護に集中できないことが多いのですが、大学病院では役割がきっちりと分かれているため、看護師は看護業務に専念できます

 

福利厚生が充実している

福利厚生が充実しているのもメリットです。個人経営のクリニックでは福利厚生が不十分、ボーナスが少ない、経営の安定性に欠けるなど、安心して働けない環境のところもあります。しかし、大学病院の場合は福利厚生が充実しており、経営も安定していますから、安心して長く働けるのも魅力です。

 

3.大学病院の美容外科で働く看護師のデメリット

大学病院の美容外科で働く看護師のデメリット大学病院の美容外科で働く看護師のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。下記のポイントについて詳しく見ていきましょう。

  • スキルが身に付きにくい
  • 拘束時間が長く負担が大きい
  • 求人が見つけにくい

 

スキルが身に付きにくい

看護師が大学病院の美容外科で働くデメリットは、手技が身につきにくいことです。大学病院では、役割分担がはっきりと決められているため、一般の病院ではナースが行う点滴なども医師が行います。看護師は患者さんの看護だけに専念できるという長所がある反面、看護師としての手技を高めたいと希望する人には、物足りなく感じられることもあります。また、手技が身につかないという印象が強いですから、他の美容外科に転職するときに、大学病院からの転職の場合はやや不利になるともいわれています。

 

拘束時間が長く負担が大きい

拘束時間が長いことも、デメリットです。一般的な美容外科では残業は比較的少ないのですが、大学病院の場合はやや事情が異なります。大学病院は教育機関でもあるため、看護師の教育にも熱心だからです。業務が終わった後の勉強会、休日のセミナー、看護師チームによる研究発表会など、勉強のために費やす時間も多くなります。夜勤もありますから、一般の美容外科クリニックでの勤務に比べ、負担が大きくなります。

 

求人が見つけにくい

転職先を見つけにくいのもネックとなっています。まず、美容外科を行っている大学病院が少ないので、求人自体がほとんどありません。たとえ、大学病院自体が看護師を求人していても、美容外科に限定した求人は、私たちの目には触れることがありません。このため、転職先を探すのが難しくなります。ひとりで求人情報を探しても、なかなか見つからないので、看護師転職サイトに登録して求人を紹介してもらいましょう

 

4.大学病院の美容外科へ転職する注意点

大学病院の美容外科へ転職する注意点大学病院の美容外科へ転職する際に注意すべき点はなんでしょう。以下のポイントを押さえて転職活動に役立ててください。

  • 転職の目的を明確にしておく
  • 広い視野をもってこれからの働き方を考える
  • 転職までのスケジュールを立てる
  • 現在の職場を退職する準備をする

 

転職の目的を明確にしておく必要がある

大学病院の美容外科へ転職する際は、なぜ自分が大学病院の美容外科への転職を希望するのか、その理由を明確にさせておくことが大切です。大学病院というブランドに惹かれるのか、それとも美容外科なら大学病院以外でもいいのかなど現在の職場の不満も含めて、じっくり考えてみましょう。看護師として美容外科という分野に何を期待するのか、大学病院で行う美容外科治療に何を望んでいるのかを理解しておかないと、転職後にミスマッチングで後悔することもあります。

 

広い視野をもってこれからの働き方を考える

また、大学病院への勤務にこだわったばかりに、なかなか転職先が見つからないというケースも考えられます。一度広い視野に立って、これからの働き方について考えてみましょう。そうでないと、応募時の書類や面接で志望動機を聞かれたときに、説得力のある答えが用意できず、採用につながらない可能性があります。自分の意志を明確にさせておくことが、転職を成功へと導いてくれます

 

転職までのスケジュールを立てる

自分の意志が確認できたら、転職までのスケジュールを立てましょう。転職は計画的に行うのがポイントです。希望する大学病院があれば、その病院の情報を集めるなど下調べも怠らないようにしてください。

 

現在の職場を退職する準備をする

また、今勤めている職場を円満退職できるように、しっかりと準備を行いましょう。忙しい職場の場合は、早め早めに準備を行わないと、なかなか辞められなくて転職のタイミングを逃すこともあります。引き継ぎ業務が滞りなく行えるよう計画を立て、希望する時期に辞められるように行動しましょう。就業規則を確認して決められた退職手続きを取ること、退職に関する記録は口約束だけでなく、きちんと書面にして残しておくことも大切です。

 

5.大学病院の美容外科の看護師転職求人の探し方

大学病院の美容外科の看護師転職求人の探し方大学病院の美容外科の求人情報は、さまざまな方法で探すことができます。最も一般的なのがハローワークや、eナースセンターを利用して求人を探すことです。eナースセンターは各都道府県にあるナースセンターに登録された看護師の求人を、インタネットから検索できるサービスです。希望する勤務地などから、求人情報が探せます。

 

大学病院のホームページの求人をチェックする

就職を希望する大学病院のホームページから看護師の求人情報をチェックするのも一つの方法です。しかし、看護師の中途採用をホームページから募集している大学病院は少なく、たとえ求人があっても、美容外科と限定した求人はまず見つかりません

 

限定した求人を探すには看護師転職サイトの利用がおすすめ

大学病院の美容外科といった限定した求人を探す場合は、看護師転職サイトの利用をおすすめします。大学病院の中途採用は看護師転職サイトで非公開求人として募集されることが多いので、看護師転職サイトを利用しなければ、なかなか求人が見つからないからです。無料で利用できるので、複数の看護師転職サイトに登録して、少しでも多くの情報を集めましょう。

このときに、大手企業が運営している、長年の実績があるなど、信頼できる看護師転職サイトを利用することが大切です。希望条件と異なる求人をしつこく勧める、こちらの話をじっくりと聞いてくれない、退会方法などが説明されていない、入会金などのお金が必要といった転職サービスは、信用できません。看護師転職サイトを利用する際は、慎重に見極めましょう。

 

ポイント!

ポイント

なかには、違法な派遣を行っている悪質な業社もあります。少しでも信頼できないと感じたら利用しないでおきましょう。信頼できる看護師求人サイトの選び方については「担当エージェントの質が良い看護師求人サイトの見分け方」を確認してみてください。

 

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較、ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差がありますので、自身の目で比較することで、転職成功への近道となります。


この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事は「kameko」さんの執筆でに公開しています。 最終更新日:2017年03月31日(運営元:看護師転職ジョブ

当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。