著作者

sayo

現役看護師

sayo

( 看護師 )

大学病院は看護師にとって子育てしやすい?その理由とは

sayo
現役看護師sayo
大学病院 看護師 子育て

看護師が大学病院で働きながら、仕事と子育てを両立することは可能なのでしょうか。

看護師は残業が多く、夜勤勤務も求められるなどハードな仕事のため、妊娠・出産を機に退職することは多くあります。

しかし、看護師の働く場所は様々あり、子育てと両立しやすい職場とそうではない職場があるのです。

ハードなイメージのある大学病院ですが、実は子育てをする看護師にとって働きやすい環境であると言えます。

ここでは、大学病院は看護師にとって子育てと両立しやすい職場であるという理由についてご説明します。

1.大学病院は育児休暇が充実しているため

女性看護師と赤ちゃん

看護師が大学病院での仕事と子育てを両立できる一つめの理由として、育児休暇が充実しているということが挙げられます。

大学病院の看護師はほとんどが育児休暇を取得しており、育児休暇取得率100%と掲げている病院も多くあります。

 

若手を教育する経験豊富な看護師が必要

大学病院は若手の看護師の教育を充実させたいため、教育する立場である経験のある看護師が出産を機に退職しないように、育児との両立の支援に力を入れている病院が近年増加しています。

また働く看護師の人数も多いため、育児休暇を取るのが当たり前という風潮があり気がねなく取ることができます。

 

補足説明!

ポイント

育児休暇の期間は最高1年の職場が多いですが、私が以前働いていた大学病院では、最高で子供が3歳になるまで取得できることになっていました。

 

2.大学病院は院内保育所が整備されているため

大学病院の院内保育所

大学病院の多くは院内保育所があるということも、看護師が子育てと仕事とを両立できる理由です。

院内保育所は市町村が管理している保育園とは違い、病院との契約になるため待機児童がほとんどなく、院内保育所以外の保育園より入園しやすいです。

また、院内保育所の多くは病院の敷地内や病院と近い場所にあり、送迎と通勤が一緒にできるため手間も省けます。

 

延長保育が充実、24時間利用できるところも多い

大学病院の院内保育所では看護師の勤務時間や残業時間が考慮され、延長保育も充実して遅い時間まで預かってくれるところも多くあります。

そして大学病院の常勤看護師は夜勤を求められますが、その場合でも院内保育所では24時間保育が整備されているところも多く、安心して働くことができます。

また、夜間も預かってくれることで家族の負担も減ります。

 

病児保育を導入し柔軟に対応してくれる

子供は風邪をひきやすく体調もすぐに変化しますが、院内保育所はそれに対応してくれる病児保育を導入しているところも多くあります。

そして勤務中に子供が体調不良になったという連絡が職場にきても、勤務時間終了まで少し迎えを待ってもらえるなど融通が利きます。

普通の保育園の場合、体調不良だとすぐに迎えに来るように言われることがありますが、院内保育園のスタッフは看護師のハードさを理解してくれているため柔軟に対応してくれます。

 

3.大学病院は時間短縮勤務があるため

スーパーで買い物する女性看護師

大学病院の中には、常勤でも子供が規定の年齢に達するまでは時間短縮勤務できる制度がある病院もあるため、看護師は子育てとの両立をすることができます。

時間短縮勤務の例としては、

  • 1日の勤務時間を短縮して働く
  • 日勤の時間帯を週3日働く
  • 夜勤免除

などの勤務体制があります。勤務時間や子供の規定の年齢についての詳しい内容は病院によって異なります。

 

常勤としての待遇を受けられる

時間短縮勤務は一見非常勤看護師のような勤務体制ですが、時間短縮勤務ではない常勤より月給は少なくなるものの、賞与があるなど非常勤に比べてメリットがあります。

自分の勤務時間を無理なく調整することで、看護師のキャリアを諦めずに積むことができ、基本的に残業もないため時間通りに帰れます。

 

4.大学病院は院内異動が可能なため

笑顔で歩く大学病院の女性看護師

大学病院は院内異動が可能であるため、転職することなく自分の働きやすいところに異動できるということも、子育てをする看護師が働きやすい理由のひとつです。

大学病院には病棟だけでなく、例えば外来、外来化学療法室、透析室、退院支援、リハビリ室など看護師が勤務できる場所は多くあります

診療科や病棟によって忙しさは異なり、残業が多い場所ではいくら院内保育が充実していても子育てと両立することは困難です。

 

両立が難しいと感じたら異動希望を出せる

看護師が育児休暇から復帰後、実際に勤務してみて子育てとの両立が難しいと感じた場合、大学病院だともっと両立しやすい部署への異動を希望することができます。

実際に異動希望が通るかどうかは分かりませんが、職場を変えることなく自分の働きやすい場所を探すことができます。

 

5.大学病院は看護師の世代が幅広いため

二人の大学病院の女性看護師

大学病院の看護師は新卒から定年間近の看護師など様々な世代が働いているということも、子育てとの両立を図れるポイントです。

例えば、

  • 同じ子育て世代の看護師と子育ての悩みを共有する
  • 子育てが落ち着いた先輩看護師から子育てについてのアドバイスをもらう
  • 結婚していない年下看護師には子供の急病の時などフォローしてもらう

などのように、あらゆる世代の同僚と協力しながら働くことができます。

 

ポイント!

ポイント

子育て世代や子育てが落ち着いた世代が多い部署では、子育てと両立することの大変さを理解してもらえ、「お互い様」とフォローしてもらいながら仕事を継続することができます。

 

まとめ

大学病院は看護師として多くの知識や技術を経験することができ、様々なキャリアを積むことができる職場です。

その分覚えることや勉強することも多く、大変な職場の1つでもあります。

しかし、大変だからといって子育てと両立できない職場かと言ったらそうではありません。

大学病院は他の病院に比べて特に規模が大きく、大きな病院だからこそできる子育ての支援制度もあります。

この記事が子育てをしながら大学病院で働きたいと考えている看護師の役に立てば幸いです。大学病院の転職について詳しくは「看護師が大学病院の求人を探す、転職する前に確認したい5つの事」を確認してください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

地方の大学病院で約6年勤務し、その間妊娠・出産も経験し出産後も子どもを保育園に預けながら正社員として働いていました。その後京都に移り住み現在は子育てしながら訪問入浴・デイサービス・健診など派遣看護師として働いています。
私自身子どもを育てながら色々な勤務形態で勤務した経験があるのでママさんナース、これから結婚・出産を経験する方々に私の経験をもとに情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:大学病院

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:sayo
(公開日:)(編集日::2017年11月06日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。