看護師が働く職場にいたら嫌な人 | 5つのタイプと対処法

看護師として働いている中で、職場にいたら嫌な人はいませんか?

それが、先輩看護師、後輩看護師、同期の看護師、医師、患者と様々なパターンで嫌な人はいるものです。

このページでは私の経験を元に、タイプ別に職場で嫌な人と遭遇した場合の対処法について説明していきます。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.嫌な先輩看護師の対処法

職場に嫌な先輩はいませんか?

ここでお伝えする、職場にいたら嫌な先輩とは、

  1. お局先輩看護師
  2. 愚痴が多い先輩看護師
  3. 医師の媚を売る先輩看護師
  4. 知識がなさすぎる先輩看護師
  5. 気分にムラがある先輩看護師

などです。どれも、職場にいると、とても嫌ですね。対処方法を説明していきます。

 

(1)嫌なお局先輩看護師の場合の対処法

嫌なお局先輩看護師の場合の対処法

どのような職場でも、長く勤めていて誰も歯向かえない、嫌なお局看護師はいるものです。

しかし、お局看護師に対する悩みや不満はあまりにも多すぎて、ひとつひとつ対処するには時間も労力ももったいないです。

そのため対処法としては、とりあえず笑顔でその場を乗り切るのが一番です。

 

何でも強引なお局看護師の場合も同様に

何でも強引にことを済ませてしまうようなお局看護師の場合、とりあえず笑顔で乗り切るようにしましょう。悩みや不満は、後から同じように感じているスタッフと話すことで発散してしまいましょう。

 

(2)愚痴が多い嫌な先輩看護師の対処法

愚痴が多い嫌な先輩看護師の対処法

何事に対しても愚痴や文句しか言わない嫌な先輩看護師の対処法は、「そうなんですね」を基本の返事にして決して同意しないようにしましょう。

 

同意すると知らないところで文句や愚痴を言われる

もし、自分も先輩と同じ意見だと思わせてしまうと、一瞬仲良くなれるかもしれませんが、知らないところであなたの愚痴や文句を言われてしまう恐れがあります。

そのため、適度な距離感を保ちながら話は聞くけれど、他人事のような姿勢で聞き

  • NG「私もそう思います」
  • NG「それは酷いですね」

などとは言わないようにしましょう。

 

(3)医師に媚を売る嫌な先輩看護師の対処法

医師に媚を売る嫌な先輩看護師

医師に媚を売る嫌な先輩看護師の特徴としては、

  • 結婚を意識するような年代になった先輩看護師
  • 医師との交流を目当てにしている先輩看護師

などです。

この場合、その先輩看護師の前でプライベートで医師の話題を持ち込まないようにしましょう。

 

医師の話題に触れてしまうと豹変する?

普段は仲良くしてくれる先輩看護師も、自分のお気に入りの医師を後輩に取られるのではないかと思うと豹変します。これが後輩いじりの原因になることもあるのです。

先輩看護師のお気に入りの医師は接し方を見ていればわかるはずですので、その医師の話題には触れないようにしましょう。

 

(4)知識のなさ過ぎる嫌な先輩看護師の対処法

知識のなさ過ぎる嫌な先輩看護師の対処法

看護師歴が長くなれば年功序列でリーダー業務を任される先輩看護師がいます。

知識がなく、頼りがいのない先輩看護師の場合、うまくその先輩を立てつつ、他の先輩にさりげなく指示をもうように対処しましょう。

 

出来ない先輩看護師でもプライドがあるので注意する

ほとんどの先輩看護師は、今まで経験を積んでいるので後輩看護師やチームのメンバーに対して適切な判断や指示ができます。

しかし、中には何年もリーダー業務をしているのに全く機能できていない先輩看護師もいます。

そうはいっても、それなりのプライドがあるはずです。後輩看護師に指摘されるよりは、同期や自分よりも先輩の看護師に指摘される方が受け入れやすいものです。

正しいことをして睨まれることを避けるためにも、周りの先輩看護師を頼りにしましょう

 

(5)気分にムラがある嫌な先輩看護師の対処法

気分にムラがある嫌な先輩看護師の対処法

自分の気分で態度が全く違う嫌な先輩看護師の対処法は、先輩の気分に合わせて後輩同士で団結することを対処法としてお勧めします。

 

先輩の逆鱗を避けるためチーム力を高めよう

チームで動く看護師は、先輩看護師の気分に関係なく関わらなければならないこともあります。

しかし、できるだけ先輩の逆鱗には触れたくないものです。

そのため、先輩看護師に注意されないよう後輩同士で団結しその日1日の業務を滞りなく終える努力をしましょう。

その団結力はある意味、チーム力を高めることにもつながります。

 

2.嫌な後輩看護師の対処法

職場にいたら嫌な後輩看護師とはどんな看護師でしょうか。

私の体験では、

  1. あいさつができない後輩看護師
  2. 先輩に媚びを売る後輩看護師
  3. すぐに泣く後輩看護師
  4. 何度も同じことを聞いてくる後輩看護師
  5. プライドが高すぎる後輩看護師
  6. 平気で課題を忘れてくる後輩看護師

などです。対処法を1つ1つお伝えしていきます。

 

(1)あいさつができない嫌な後輩看護師の対処法

あいさつができない嫌な後輩看護師の対処法

まだまだ指導を受ける立場にあるのに、自分からあいさつができない嫌な後輩看護師の対処法としては、あえて明るくあいさつをしましょう

 

気分は悪いが社会人としての指導だと思うこと

全てにおいて「ゆとり」や「時代の流れ」という言葉を使うのは不適切かもしれませんが、残念ながらあいさつの大切さを学ぶ機会がなかった後輩看護師もいます。

朝から気分が悪くなるかもしれませんが、これも社会人としての指導だと思って、後輩看護師が目を見て自らあいさつできるようになる日まで先輩であるあなたが見本になりましょう。

 

(2)先輩に媚を売る嫌な後輩看護師の対処法

先輩に媚を売る嫌な後輩看護師の対処法

先輩に媚を売る嫌な後輩看護師の対象法は、気にせずほかの後輩と同じように接するようにしましょう。

 

自分には媚を売っても意味がないことを実感させよう

医師に媚を売る先輩看護師のところでもお伝えしましたが、媚を売るのはその後輩が何かしらのメリットを得ようとしているためです。

そのため、媚を売ってもメリットがないことが実感できれば、無駄な媚は売らなくなるでしょう。

 

(3)すぐに泣く嫌な後輩看護師の対処法

すぐに泣く嫌な後輩看護師の対処法

どんなこともすぐに泣いて解決しようとする嫌な後輩看護師の対処法は、泣く理由についてゆっくり話す機会を持つと良いです。

 

実は自分自身も何で泣いているか分かっていない

なぜなら、このような後輩看護師は自分自身もなぜ泣いているのかわからないことがあるからです。

泣いてしまう理由を後輩看護師自身にしっかり考えさせると共に、泣かれてしまうと先輩看護師から適切な指導が受けられない、周囲への印象が良くないなどのデメリットをしっかり伝えてあげましょう。

 

(4)何度も同じことを聞いてくる嫌な後輩看護師の対処法

何度も同じことを聞いてくる嫌な後輩看護師の対処法

何度指導をしても身につかない、同じことを聞いてくるという嫌な後輩看護師の対処法は、「それは前に教えた」と追い返すことも大切です。

指導されたことを自分のものにしなくても、また先輩看護師に聞けば教えてもらえるという甘えも見えます。

 

何度も教えてもらえないことを実感させる

何度も教えてもらえないこと、何度も聞くことが失礼だとわかれば自分なりの対策を考えるでしょう。

 

身にならない理由は自分自身にあることも考える

後輩看護師に指導をしても身にならない理由は自分自身にある可能性もあります。

全て後輩看護師が悪いと決め付けるのではなく、自分自身の指導の仕方が後輩看護師にとってわかりにくいのかどうかも、他の後輩看護師や同期に確認してみましょう。

 

(5)プライドが高すぎる嫌な後輩看護師の対処法

プライドが高すぎる嫌な後輩看護師の対処法

看護師としてはまだまだ未熟であっても、プライドだけは高い嫌な後輩看護師もいます。その対処法は、プライドの高さをうまく利用して成長させる方法を考えることです。

 

「~の方がもっとよくなるはず」と指導しよう

余計なプライドは捨てるようにと冷たく指導することもできますが、それでは後輩看護師のやる気を奪いかねません。

そのため、後輩看護師に対して、「~しなさい」というような指導ではなく「~の方がもっとよくなるはず」というように、期待していることが伝わりプライドを良い方向に使えるよう導いていくとよいでしょう。

 

(6)平気で課題を忘れてくる嫌な後輩看護師の対処法

平気で課題を忘れてくる嫌な後輩看護師の対処法

社会人になって自由が利くようになると、怠けてしまう嫌な後輩看護師もいます。その場合の対処法は、自分自身の知識の再構築を目指して一緒に課題に取り組むことを考えましょう。

 

何としても忘れられない状況を作る

後輩看護師にとって、先輩看護師は敬うべき相手です。

その先輩看護師が自分と一緒の課題に取り組んでいるとなると、何としても忘れていくわけにはいきません。

 

課題への取り組み方法を説明しよう

忘れてくる理由として課題の取り組み方がわからない後輩看護師もいます。

そのような後輩看護師に対しても、自分自身が課題に取り組むことで、どのような参考書を使うといいのか、どのようにまとめるとわかりやすいのかなど実体験をもとに指導でき、後輩にとってもわかりやすい指導になるでしょう。

 

3.嫌な同期の看護師の対処法

看護師の同期は助け合ってきた仲間であり、永遠の友と言ってお過言ではありませんが、それでも嫌な同期は存在します。

  1. ネガティブなことばかり言う同期
  2. 仕事を押し付けてくる同期
  3. 上から目線で話してくる同期

などが嫌な同期に該当します。こちらも、解決していきましょう。

 

(1)ネガティブなことばかり言う嫌な同期看護師の対処法

ネガティブなことばかり言う嫌な同期看護師の対処法

「辞めたい」が口癖になったり、仕事の不満など常にネガティブな発言をしている嫌な同期看護師の対処法は、とことん話を聞いてあげましょう

看護師という大変な仕事をしていれば、誰でもネガティブな言葉ばかりが出てしまう時期はありますが、人のネガティブ発言は聞いていて気持ちのいいものではありません。

 

同期の看護師だからこそできる関わり方で聴くスキルを上げよう

みなさんは聴くスキルを持つ看護師です。

同期看護師のポジティブさを引き出すためには、とりあえず抱えている不満を全て出せる環境をつくってあげることです。

先輩や後輩ではなく、同期だからこそできる関わりをしてみましょう。

 

(2)仕事を押し付けてくる嫌な同期看護師の対処法

仕事を押し付けてくる嫌な同期看護師の対処法

自分でできる仕事を簡単に人に押し付けてくるような嫌な同期看護師の対処法は、まずは自分でやるように話をしましょう

もし、それでも改善しない場合は先輩看護師に頼むよう促してみましょう。

 

仕事を押し付けてくるのは間違えている

同期といえば、確かに助け合える存在でもありますが、仕事を押し付けてくるのは間違っています。

あまりにも同期看護師の仕事量の比率が多いのであれば、同期としてではなく、チームとして協力すべきです。

しかし、そうでない場合には、任された仕事は責任もってできるようお互いに刺激しあうことも必要です。

さすがに先輩看護師にまで仕事を押し付けはしないでしょうし、もしそれが間違った行動であれば先輩看護師からお灸を据えられるでしょう。

 

(3)自分ができることを上から目線で自慢してくる嫌な同期看護師の対処法

自分ができることを上から目線で自慢してくる嫌な同期看護師の対処法

同じように学んでいても、少なからず差が見えてきます。しかし、あえてそれを自慢してくるような嫌な同期看護師の対処法は、さりげなく知識と技術で見返しましょう

技術を学ぼうとしても、自分の勤務している日に都合よく対象が現れるわけではありませんし、元々の得意、不得意もあると思います。

しかし、先にできるようになることが立派というわけではありません。

患者に対して安全、確実、丁寧にできることの方が何よりも大切なことです。

 

手技に必要な知識を身につけておこう

同期看護師の自慢は気にせず、いつ自分が実践できる日がきても戸惑うことがないように、その同期看護師に手技をレクチャーしてもらったり、その手技のために必要な知識を身に付けておくようにしましょう。

 

4.嫌な医師の対処法

職場で看護師が嫌だと感じる医師は多いのではないでしょうか。

  1. 言ったことをしらばっくれる医師
  2. すぐに怒鳴る医師
  3. 看護師を奴隷だと思っている医師
  4. 容姿がだらしない医師
  5. プライベート重視の医師
  6. 子どもっぽい医師
  7. セクハラをしてくる医師

一番多く7つも上がりました。解決策を見ていきましょう。

 

(1)確実に自分が言ったことなのにしらばっくれる嫌な医師の対処法

実に自分が言ったことなのにしらばっくれる嫌な医師の対処法

できるだけ避けたいものですが、医師から口頭指示をもらうこともあります。しかし、その指示が間違っていたとわかると「そんなこと言っていない」としらばっくれる嫌な医師もいます。

そのような医師の対処法は、

  • 必ず2度聞き返すこと
  • すぐにカルテに記載すること

などを忘れないように対処していきましょう。

 

万が一、医師の誤った指示の場合に備えよう

カルテは患者に関する内容を記載するものですが、看護師が自分自身を守るための記録でもあります。

万が一、医師の誤った指示が患者の命に関わる問題になったとき、確実に医師が指示した内容であることを証明するために、うまくカルテを活用しましょう。

 

(2)すぐに怒鳴ってくる嫌な医師の対処法

すぐに怒鳴ってくる嫌な医師の対処法

患者に対しても看護師に対しても、自分の思い通りにならないとすぐ怒鳴る嫌な医師の対処方は、お局看護師に頼ってみましょう

すぐ怒鳴る医師ほど、意外にもお局看護師には歯向かえないのです。

 

お局は長くいる利点で医師を転がすのもうまい

前述したようにお局看護師は関わりにくさもありますが、長くその職場で働いているだけあって、医師をうまく転がすこともお手のものなのです。

私たちがお局看護師のマネをしてもうまくいきませんが、困ったときはお局看護師から医師を注意してもらうといいでしょう。

 

(3)看護師を奴隷だと思っている嫌な医師の対処法

看護師を奴隷だと思っている嫌な医師の対処法

看護師は医師の言うことは何でも聞くと思っている嫌な医師の対処法は、できないことははっきり断るようにしましょう。

看護師を奴隷と考えている医師は少なくありません。

しかし、偉そうにしているだけで、実は物品のある場所を正確に把握している医師はほとんどいません。

 

患者の治療に看護師の力が必要だと思い知らせよう

患者の治療をするために、看護師の力が必要であることを思い知らせることも大切です。

しかし、あまり過剰にしてしまうと患者に迷惑がかかってしまうので、適度にしておきましょう。

 

(4)容姿がだらしない嫌な医師の対処法

容姿がだらしない嫌な医師の対処法

医師としては立派な医師であっても、自分のことになると全くできていない嫌な医師の対処法は、看護師の力でうまく指導していきましょう

看護師は患者のセルフケア能力不足に対する看護は、医師よりも上手です。

医師のプライドを傷つけない程度に、言葉で医師のセルフケア能力を高めていく関わりをしてみましょう。

たとえば、髪が乱れている医師に対して「先生、髪短い方が似合いますよ!さっぱりしてて患者受けがいいと思います」といった声かけも響くと思います。

 

(5)プライベート重視の嫌な医師の対処法

プライベート重視の嫌な医師の対処法

仕事が嫌いですぐにフラッとどこかへ行ってしまう嫌な医師の対処法は、

  • 次の予定ややってほしいこと
  • その期限をメモなどで伝えること

など、間接的に看護師が医師の予定を管理してしまうといいでしょう。

医師の持ち物などに、機嫌の書かれたメモが貼ってあれば、他の看護師もさりげなく医師の予定が把握でき、「先生、これ明日までにやらないとだめですよ」と声をかけたり圧をかけてくれます。

 

周囲に聞こえる声で戻り時間を伝える

昼休憩のために離れる医師に対しても「1時には戻ってくださいね!患者さん待ってますからね」と周りに聞こえるように伝えることで、意識せざるを得ない状況をつくることができます。

 

(6)全てにおいて子どもっぽい嫌な医師の対処法

全てにおいて子どもっぽい嫌な医師の対処法

医師になるため、ずっと厳しい指導をうけてきたせいなのか看護師に甘えたり、子どもっぽい行動をする嫌な医師は意外とたくさんいます。

そのような医師の対処法は、突き放しても効果がないので、仕向けるような関わりをしましょう

 

気持ち悪いが子供だと思うこと

正直、気持ちが悪いと思うこともありますが、甘える場所がなかったのだろうと半分諦め、褒めてみたり、注意してみたり親のような関わり方をしてみると、医師の行動をうまく促すことができます。

まさに子どもと同じですが、そのような関わりができてくると医師と看護師の関係性も良好になり、チームとして働きやすいと感じるようになります。

 

(7)セクハラをしてくる嫌な医師の対処法

セクハラをしてくる嫌な医師の対処法

医師という資格を武器にしてセクハラをしてくる嫌な医師の対処法は、迷わずに病院の管理者に相談しましょう。

セクハラは上司や部下、資格の有無などは関係なく犯罪です

不快な思いをしながら、ずっと溜め込んでしまうと精神的ストレスで自分自身が潰れてしまうことにもなりかねません。

 

早めに相談することが大事

自分から言いづらいのであれば、先輩や同期を頼ってもいいです。自分以外の看護師にも被害が出ないよう、早めに相談しましょう。

 

5.嫌な患者の対処法

最後に職場にいたら嫌な患者とその対処法をご紹介します。

  1. 安静度や食事制限を全く守らない患者
  2. ふらっとどこかへ行ってしまう患者
  3. 自分のことを知ろうとしない患者
  4. 威圧的な患者
  5. 看護師を指名してくる患者
  6. 看護師に頼り過ぎたり、全く頼ろうとしない患者

上記患者の対処法は以下の通りです。

 

(1)安静度や食事制限を全く守らない嫌な患者の対処法

安静度や食事制限を全く守らない嫌な患者の対処法

安静度や食事制限を全く守らない嫌な患者は実際多いものです。

いくら患者が守らないと言っても、それは看護師の責任になってしまいます。

しかし、いくら注意しても守ってもらえない場合、患者にも何かしら思うことがあるかも知れませんので、対処法としては、患者と時間をつくって話をしてみましょう

きっとさまざまな理由があります

たとえば、自分の置かれている状況が理解できていなかったり、病状を受容できていないなどさまざまな理由があります。その理由に対処しなければ、注意しても守ってもらえない状態が続きいたちごっこになってしまいます。そのため、患者が守れない根本的な原因に目を向けてみましょう。

 

(2)ふらっとどこかへ行ってしまう嫌な患者の対処法

ふらっとどこかへ行ってしまう嫌な患者の対処法

検温や指導の時間になると、ふらっとどこかへ言ってしまう嫌な患者の対処法は、あえてその時間を避けたり時間を伝えない方法を試してみましょう

何度時間を伝えてベッドにいるように話していても、守られていない場合、患者は何かしら理由があって看護師と遭遇することを避けている可能性があります。

そのような患者の場合、必ずベッドにいる食事の時間帯や突然訪問するなどして話をするしかありません。

 

補足説明!

ポイント

認知症などの影響で歩き回ってしまうのであれば、転倒や離院を防ぐためにもセンサーマットなどで対応しましょう。

 

(3)自分のことを知ろうとしない嫌な患者の対処法

自分のことを知ろうとしない嫌な患者の対処法

病識を持とうとしない嫌な患者の対処法は、まずは患者の心の内にある思いに寄り添うことが大切です。

そのためには、患者の話を患者の言葉で聴くことからはじめましょう。

 

患者が受容できるまで見守り、話やすい環境をつくること

脳の障害などで、自分のことが理解できない場合はそれを補うことを考える必要がありますが、障害がないにも関わらず、病識を持とうとしない患者は現実を受け入れる段階にない可能性があります。

病気との付き合い方がわからない、漠然とした不安、恐怖、悲しみなど患者がそれぞれ感じている思いがあります。

それを医療者に相談したり、ぶつけたりしながら段階を経て病気を受容していきます。

そのため、受容できるまで温かく穏やかな気持ちで見守ることと、患者が思いを表出しやすい環境をつくるように意識してみましょう。

 

(4)威圧的な嫌な患者の対処法

威圧的な嫌な患者の対処法

威圧的な嫌な患者の対処法は、自分のことを知ろうとしない患者の場合と同じような対応、つまり患者の心の内にある思いに寄り添うように心がけましょう。

威圧的な態度は、受容に至るまでの過程だと考えられます。

焦らせて、受容を押し付けることが看護ではありませんので、患者のペースで受容できるよう待ってみましょう。

 

(5)看護師を指名してくる嫌な患者の対処法

看護師を指名してくる嫌な患者の対処法

お気に入りの看護師を指名してくる嫌な患者の対処法は、その看護師を担当から外すことを考えましょう

決して担当看護師が悪いわけではなく、患者の治療にとっていい影響がないからです。

どの看護足が対応しても、同じように看護できることを理解してもらい、治療に専念できるよう促しましょう。

 

(6)看護師に頼り過ぎたり、全く頼ろうとしない嫌な患者の対処法

看護師に頼り過ぎたり、全く頼ろうとしない嫌な患者の対処法

看護師に頼り過ぎたり、全く頼ろうとしない嫌な患者の対処法は、患者側の原因を探すのではなく、

  • なぜ頼りすぎるのか
  • なぜ頼ってくれないのか

など看護師側にある原因を考えましょう。

看護師の仕事は、患者が治療に専念できるよう、医療者としてできないことを助けたり、できるように促したりすることです。

その関わり方がうまく行えていないため、患者は勘違いしてしまい自分の思いを主張しすぎて甘えてしまったり、看護師に心を開けず頼ることが申し訳ないと思ってしまうのです。

 

補足説明!

ポイント

看護師の関わり方は、すべての患者に対して同じではありません。患者の個別性に合う声のかけ方、接し方を考えてみましょう。

 

まとめ

今回は、さまざまなケースでの対処法をご紹介しました。

しかし、これはほんの一例です。

実際に働いているみなさんが、自分の置かれている状況を少し客観的に考えてみることで、答えが見えてくることもあると思います。

そして、どんなときも頼れるのは職場の仲間です。日頃から相談し合えるよい関係性を築くことも忘れないようにしましょう。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。