訪問看護師の私が在宅看護で工夫している10のコト。

訪問看護師 在宅看護 工夫

訪問看護師は、在宅療養をする患者・その患者を支える家族の療養生活を見守る役割があります。

初めての在宅看護では、物品が不足していたり、やり方がわからなかったりする家族も多いですし、病院看護と同じ目的でありながらうまく代用したり簡易化したりすることも多いです。

在宅看護では、病院と違って、いかに窮屈でなく楽に自宅でゆっくりと過ごすか、ということが大切になるのです。

このページでは、そんな在宅看護において、私が日々工夫している10のコトをご紹介します。

1.患者・家族と積極的に会話する

家族と会話する訪問看護師

在宅看護をしている患者や家族は、デイサービスなどへの通所と病院通院ばかりが社会的関わりになりがちです。

そのため、悩みや不安や愚痴を聞いたり世間話をしたりするのも訪問看護師の重要な役割です。

 

訪問看護師との会話時間を充実時間に

訪問看護師が来た、というチャンスにここぞとばかり話が止まらない方もいます。

ときには、訪問したとき患者本人ではなくほとんど家族と話しているということもあります。

訪問看護師との何気無い会話が積み重なって厚い信頼関係になることも多いのです。

会話の中から問題解決の糸口を見つけることもあります。

 

補足説明!

ポイント

何より訪問看護師が来てくれることが患者・家族の心の安定になる、とよく言われるのは、在宅看護がそれぞれ苦労や不安の中ぎりぎりの状態という人が多いということかもしれません。

 

2.内服はカレンダーに直接貼る

内服を貼っているカレンダー

一人暮らしの人や、内服を忘れがちな人に自分できちんと内服してもらうためには、工夫が必要です。

内服ケースなども市販されていますが、簡単でいつ飲み忘れたかという日にちも後から判別しやすいのは、多くの家庭にある壁掛けカレンダーに直接貼り付ける方法です。

その日にちになったら、日付に貼ってある薬を剥がして飲めばいいので、本人も分かりやすいです。

ただ、一日3回など複数内服薬がある人には難しいので、日めくりカレンダーなどを作製して一枚に朝・昼・夕・眠前と分けて貼り、毎日めくってもらう方法を取ります。

 

なるべく服用回数を減らせるよう医師と相談

病院や施設では、処方された薬は処方通りに服用することが原則ですが、在宅看護ではいかに負担なく必要分を服用できるかが重要です。

どうしても飲み忘れがあったり嚥下が困難があったり、などの問題があれば、主治医と相談して内服薬を整理したり、夕と眠前の服用をまとめて回数を減らしたりするなど工夫をします。

他科受診でバラバラに処方された薬はまとめています。

内科と整形外科、耳鼻科など複数診療科を受診している場合は、それぞれで受診後に処方薬が出されます。

各科で一包化されていても、薬包が何袋もあるとどれかを飲み忘れてしまうので、看護師が全てをまとめて一包化して整頓した上でセッティングすることも多いです。

 

3.身体抑制はしないで安全を守る

患者の安全を守る訪問看護師

安全を守るために、病院や施設では身体抑制をすることがあります。

しかし在宅看護では、自由にゆったりと自分らしく生活できることが醍醐味でもあるので、余程のことがなければ身体抑制は行いません。

 

ルート類は固定したり衣類の中に隠す

中心静脈カテーテルが挿入されていて認知症があっても、ミトンをすることはなく、ルートを固定したり衣類の中に隠したりと工夫をして手足は自由に動かせるようにします。

 

補足説明!

ポイント

時には病院ではインシデントになるような自己抜去も起こりますが、できるだけ自由を維持しながら安全を守るように考えます。

 

4.汚物は新聞紙にくるんでからビニール袋へ入れる

汚物をくるむ新聞紙

排泄物は毎日大きなゴミです。

大規模マンションでは24時間対応のゴミステーションがあるのですぐに捨てられますが、ほとんどの方はゴミの日になるまでその排泄物を溜めて置いておかなければなりません。

なるべく臭いを発しないようにするには、汚物を新聞紙に圧縮しながらくるみ、それからビニール袋に入れて閉じます。

新聞紙にくるんでおけば、直接ビニール袋にいれるよりも臭いを閉じ込めることができます。

 

新聞を取っていない家庭の場合・・・

最近では新聞を取っていない家庭も多いのですが、近所の方に分けてもらったりインターネットで新聞紙をキロ単位で購入したりすることもあるようです。

 

5.下剤を調整しながら浣腸と摘便を組み合わせる

浣腸する訪問看護師

訪問看護師の提供技術で1番多いと言っても過言ではないのが浣腸・摘便です。

多くの方が排便コントロールができなかったり怒責がかけにくかったりと、支援が必要なのです。

便秘で苦しくて救急車を呼んでしまうという方も実際にいます。

そのくらい、便秘の問題は本人にとってかなり深刻で、毎日のように便のことを考えているという方も多いのです。

 

自己排便できる状態に整えた上で、適宜浣腸や摘便を行う

訪問看護では、数種類ある下剤から本人の便の傾向に合わせて調整して、自己排便できる便と腸の状態に整えた上で、適宜浣腸や摘便を行うという合わせ技で排便コントロールをします。

浣腸や摘便をしても、便が降りて来ていなければ不快なだけなので、この組み合わせは必須です。

外出に合わせたコントロールが必要なこともあります。

自分でどのように調整すればいいのか分からないので全て看護師にお任せするという方も多いのですが、病院受診の時に便が出たらオムツ処置に困るから受診後に出して欲しいなどの要望も多く聞かれ、外出に合わせたコントロールが必要です。

 

6.安易に「尿道留置カテーテル」を選択しない

高齢者のオムツ

病院や施設では、トイレ排泄が困難だと尿道留置カテーテルという選択を安易にすることもあります。

介護する側も失禁のたびにオムツ交換や保清をすることなく、本人も濡れた不快感を感じることがないので楽そうに見えますが、長期留置するとデメリットもあります。

感染などの合併症リスクだけでなく尿意を感じにくくなったり本当の尿閉を招いたりすることもあり、排泄という離床機会を失い寝たきり状態が進行することもあるので、在宅看護ではできるだけ選択しません。

できることなら、トイレ排泄へ誘導、無理ならポータブルトイレへ誘導、それも難しかったらオムツ内で排泄、というようになるべく自然に近い形にします。

家族に排泄介助の負担があるなら、それをまかなうための人(ヘルパーや看護師)をうまく時間ごとに割り当てて導入すればいいことです。

 

(1)尿量が多い女性はパッドをジャバラに折って当てる

頻繁に排泄介助できる環境ではないのに、尿量が多く漏れてしまうという女性の場合は、尿取りパッドを平らに敷くのに加えて尿取りパッドをジャバラに折って陰部に当てがいます。

そうすると、ジャバラに折った尿取りパッドがまず全体的に吸収してくれるので、臀部側まで汚染されず、皮膚トラブルも起きづらくなります。

 

ジャバラパッドの交換だけで済むこともある

排泄介助・保清をする側も、ジャバラパッドの交換だけで済むこともあるので、体位交換しながらオムツを締め直す必要がなく簡単です。

 

(2)男性の場合はパッドの端に穴を開けて陰部を差し込んで包む

最近では男性用尿取りパッドとして製品が販売されていますが、わざわざ購入しなくても大丈夫です。

尿取りパッドの長い一辺の中央のヒダに5cmほどの穴を開けて男性陰部を差し込み包めば陰部の先から出る尿をしっかりキャッチしてくれます。

 

7.陰部洗浄ボトルはペットボトルで作製

陰部洗浄に使うペットボトル

看護師なら、陰部の保清で洗浄をすることは常識ですが、介護や看護を未経験な方は排泄後にティッシュペーパーやお尻拭きで拭き取ればいいと思っている方が多いです。

お尻拭きで何度もこすって皮膚トラブルが起きてしまい、確認すると陰部洗浄用のボトルはおろか、「洗う??ベッドでどうやって?」と洗浄すればいいことさえ知らない、ということがよくあります。

病院で使っているような立派な陰部洗浄用のボトルを購入しなくても、家庭で飲み終わったペッドボトルの蓋にきり等で数カ所穴を開けて簡単に作製できます。

意外とシャワー圧がしっかり出て、つかみやすく、汚れが気になったら漂白除菌するより破棄してまた作り直すことができるのも魅力的です。また、ペットボトルがない家庭なら、紙コップでも代用できます。

 

8.点滴スタンド代わりにS字フックやハンガーを使用

点滴を下げるS字フック

在宅で点滴治療をすることになった場合、点滴スタンドをレンタルもできますが、起き上がって自宅内移動をするということがなければ点滴スタンドの代わりにS字フックをカーテンレールや鴨居に引っ掛けて点滴をぶら下げます。

 

S字フックがない場合は・・・・

S字フックがないときは、ハンガーの頭部分に点滴の穴を通してハンガーごと引っ掛ける方法で十分です。

カーテンレールや鴨居などがベッド近くになく、ハンガーラックなどに掛けると高さが得られず点滴が落ちにくいこともありますが、家庭にある物品で代用できます。

 

9.家族が疲れたときはレスパイトをすすめる

休憩が必要な介護する家族

どんなに若く健康な人が家族にいて介護ができるといっても、24時間365日の介護は大変な苦労があります。

また家族は、「家族がみて当たり前」「見捨てられない」などの思いから、一生懸命に負担を自ら背負ってしまいがちです。

肉体的疲労だけでなく精神的疲労も大きいので、家族の健康状態も観察し、疲れが見えた時にはレスパイトをすすめるのも訪問看護師の大切な役割です。

 

レスパイト目的のショートステイ受け入れや短期入院が可能な病院がある

レスパイトとは、介護に関わる家族が倒れたら介護力を失い患者を支えられなくなる、ということから、家族が一時的に介護から離れて休息が取れるようにする支援のことで、レスパイト目的のショートステイ受け入れや短期入院が可能な病院も増えてきています。

家族が罪悪感を感じないように声かけをしてあげて

最近では家族も家族の人生を充実させながらプロが介護を請け負うということで介護保険を利用できるように価値観が変わってきています。

プロに任せてもいいのだ、自分自身にも休息が必要だ、と家族が罪悪感を感じないように声かけをすることが大切です。

 

10.介護保険と医療保険のどちらで利用した方がいいのか考える

考える訪問看護師

現在の介護保険制度は、日常生活動作の自立度で介護認定をはかるようになっていて、実際の精神状態や認知症状から生じる介護度とは異なる認定になることもあります。

また、病状悪化や改善があっても介護認定が迅速に変更されないので、使いたい介護保険点数が使えないことも多いのです。

看護師にもっと訪問して欲しい、と患者・家族が希望しても、介護保険点数不足で訪問回数が増やせないことがあります。

その場合、基礎疾患が難病など特定疾患ならば医療保険によって主治医の指示で訪問看護をできます。

特別指示では2週間毎日訪問できる上、自己負担上限額があるなど患者・家族にとって経済的にも助かります。

介護保険で訪問する方がいいのか、医療保険で訪問するか、その患者や家族の病状や介護体制、看護師に要望されている看護技術などを考慮しながら提案する必要があります。

 

まとめ

在宅看護は家庭ごとに方法が違うので、試行錯誤の繰り返しですが、大切なのは、患者も家族も一生懸命頑張りすぎないようにすることです。

小さな工夫で力を抜いて楽に過ごせることもあるので、そうした工夫を伝えられるような信頼関係を築いていってください。

あおいロワイヤル

【神奈川県/40歳・資格:看護師、ACLSプロバイダー】

看護専門学校卒業後、大学病院の集中治療室(ICU・CCU)で8年間勤務。出産・育児休暇を経て復職しましたが、夫の転勤のため退職。その後、興味のあった在宅看護に携わりたいと考え転職し、現在は看護師が立ち上げた小規模訪問看護ステーションに在籍する現役訪問看護師2年目です。

転職に迷っている方、病院選びや就きたい仕事選びでリアルな現場の実状を知りたい方への情報を分かりやすくお伝えし、お役に立てればと思います。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。