著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

訪問看護未経験者と新人訪問看護師におすすめの勉強方法

ラビウサ
専門看護師ラビウサ
訪問看護未経験者と新人訪問看護師にお勧めの勉強方法

近年、医療は在宅へシフトして訪問看護に関する診療報酬が手厚くなるに伴い、新規訪問看護ステーションや在宅診療クリニックに併設された訪問看護が次々と開設されているため、地域医療に興味を持つ訪問看護未経験者と新人訪問看護師も増えています。

訪問看護は、熟練した看護師の実践経験による部分も大きく、新人訪問看護師は利用者の方との関係づくりさえ上手くいかない事も多いため、訪問看護eラーニングや訪問看護研修ステップ1で学びを深めることで、自信をもって看護を提供できるようになります。

ここでは、「病院やクリニックでの経験はあるけど、訪問看護は初めて」という看護師に向けて、明日からの臨床に役立つおすすめに勉強方法について詳しく紹介していきます。

1.訪問看護eラーニングを利用する

訪問看護eラーニングを利用する看護師

訪問看護師として臨床経験を積みながら実施で勉強するだけでは勉強不足すぎるため、訪問看護未経験者と新人訪問看護師におすすめしたい勉強方法として、日本訪問看護財団が主催する訪問看護eラーニングを受講する方法があります。

訪問看護eラーニングを利用することについては、以下の通りです。

 

自宅で利用可能で5か月間で繰り返し学べる

訪問看護eラーニングは、自宅で空いた時間に利用することが可能で、最大5か月かけて学ぶことができます。

訪問看護eラーニングの内容は、

  • 訪問看護全般に関する概要を学ぶもの
  • 実際に臨床に役立つ知識と技術を学ぶもの
  • 訪問看護の看護管理

等の全6章からなります。

受講料も個人申し込み16,000円(税込)で、申し込み期間も今年度は4月20日から12月5日までであり、学びたいと思った時にすぐ申し込んで学び始めることができます。

 

「訪問看護研修ステップ1」は、訪問看護eラーニングを取り入れている

各地の日本看護協会が主催する「訪問看護研修ステップ1」は、訪問看護eラーニングを取り入れているため、受講する利点の1つになっています。

例えば個人申し込みで「訪問看護eラーニング」を受講終了した後で、日本看護協会が主催する「訪問看護研修ステップ1」に進むこともできるため、訪問看護師とし働き始めた人のバイブル的研修の1つと言えるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

訪問看護eラーニングの内容の訪問看護全般には、訪問看護概論・訪問看護対象者論・訪問看護展開論・在宅システム論などがあります。

 

2.訪問看護基礎研修講座を受講する

訪問看護基礎研修講座を受講する看護師

 

日本訪問看護財団主催の「訪問看護基礎研修講座~思い切って一歩~」も新人訪問看護師におすすめの勉強法の1つです。

訪問看護基礎研修講座を受講することについての説明を以下にしていきます。

 

2日間で訪問看護の概要を学ぶ

2日間の訪問看護基礎研修講座で学ぶ内容を見ていきましょう。

1日目 ・訪問看護をめぐる動向その制度
・介護、医療制度における訪問看護のあらまし
・訪問看護師の役割等
2日目 ・訪問看護に必要な知識や技術、役割等
(訪問看護ステーションの管理者から実際の事例などを通して)

「訪問看護をやってみたいけれど、イメージが持てずに1歩を踏み出せない」等の看護師は、自分が行う訪問看護が適切かを確認する意味で、この2日間の研修に参加してみるのも良いしょう。

 

今年度の日程と参加費

訪問看護基礎研修講座の今年度の日程と会員・非会員の参加費は、以下の通りです。

今年度の訪問看護基礎研修講座の日程 9月23・24日
(ただ今申込み受付け中)
参加費 日本訪問看護財団会員:15,000円
非会員:30,000円

 

3.訪問看護研修ステップ1を受講する

訪問看護研修ステップ1を受講する看護師

訪問看護技術に自信が持てない」「他の看護師の技術を知りたい」等の新人訪問看護師に向けておすすめしたい勉強方法は、各地の日本看護協会が主催する「訪問看護研修ステップ1」(もしくは、訪問看護師養成講習会)があります。

以下に、訪問看護研修ステップ1を受講することについて説明していきます。

 

実習を通して、訪問看護技術を身に付ける

前述の通り、机上の勉強は日本訪問看護財団主催のeラーニングを取り入れている看護協会もありますが、その後集合研修で個人及びグループでワークを行った後、訪問看護実習を約4日間程度行います。

訪問看護研修ステップ1では、「同じ訪問看護を経験している看護師との交流」「自施設以外の訪問看護ステーションや施設を知る」等があるため、自分の訪問看護に関する知識や技術を向上させることができます。

 

補足説明!

ポイント

訪問看護研修ステップ1が修了すれば、看護協会から修了書が発行されます。

 

参加したい場合は定期的にホームページを確認する

訪問看護研修ステップ1の申込み日程や受講料などは、申し込みが4~5月と年度初めが多く、募集人数にも限りがあるため、参加したい場合には定期的に各地の看護協会のホームページを確認することが必要です。

 

4.先輩訪問看護師に同行する

先輩の訪問看護を真似する新人訪問看護師

看護経験は長くても訪問看護が未経験である場合、自分よりも訪問看護経験豊富な先輩看護師から学びましょう。

ここでは、先輩訪問看護師に同行することについて紹介していきます。

 

真似ることで身に付ける

訪問看護は、病院や施設のように物品も場所も時間も限られた中で看護を効果的に提供することが必要であるため、新人訪問看護師は機会があれば数多く先輩看護師の訪問に同行して真似ることが大切です。

先輩の訪問看護に同行する際には、

  • 家族とのコミュニケーションの取り方
  • 患者との接し方
  • 看護ケアや処置の方法
  • 服薬管理

等、言葉で説明される以上に実際の目で見ることが学びになります。

 

5.地域で行われている勉強会に参加する

地域での勉強会に参加する看護師

 

訪問看護ステーションは、それぞれに特徴があり全てが一緒ではないため、様々な訪問看護を知ることは、訪問看護師未経験者にとって非常に大切なことです。

様々な訪問看護を知るために地域で行われている勉強会に参加することについて、見ていきましょう。

 

病院や施設などで行う事例検討会などに参加する

様々な訪問看護を知る1つの方法として、病院や施設などが開催している地域医療勉強会に積極的に参加することがあります。

地域医療に関する勉強会は、病院・施設・在宅・訪問看護・地域医療センター等、それぞれの立場や事例検討を通して他の訪問看護ステーションの活動を知ることができます。

 

未経験・新人訪問看護師の内に様々な訪問看護について知っておく

「地域の勉強会は、ある程度経験を積んでから参加しよう」と考えがちですが、逆に経験を積んでしまうと他の施設を批判的に見る傾向も強くなりやすいため、未経験・新人訪問看護師のうちに「様々な訪問看護の活動や役割がある」ことを知ると将来につながるでしょう。

 

6.まとめ

訪問看護未経験者と新人訪問看護師におすすめの勉強方法について紹介してきましたが、いかがでしたか?

自分が所属する訪問看護の技術を先輩に学びつつ、1つの方法や考え方にこだわらない訪問看護師を目指すために、積極的に地域のカンファレンスや事例検討会などに出席することも勉強になるでしょう。

未経験・新人訪問看護師は、今回の記事を是非参考にして積極的に訪問看護技術を高めて下さい。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師キャリアアップ訪問看護師

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ラビウサ
(公開日:)(編集日::2017年09月07日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

1件の返信

  1. […] 詳しくは、訪問看護未経験者と新人訪問看護師におすすめの勉強方法をご覧ください。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。