著作者

パンダ

運営Staff

パンダ

( 運営スタッフ)

看護師の年収アップの3つの方法

パンダ
運営Staff パンダ
看護師の年収アップの3つの方法

仕事内容の割には年収が低いと感じる看護師も多いものです。そのような看護師はどのように年収や給料をアップさせていけば良いでしょうか。

今回お伝えする年収アップ方法は早く年収が上がる方法と、少し時間がかかる方法がありますが、看護師として勤務していくための収入アップ方法としては最善の方法になると思われますので、しっかりと確認をしていきましょう。

1.看護師が年収アップするためのルート

年収アップの道のり
看護師が年収アップする方法としては「手っ取り早く年収をアップさせる方法」と「時間はかかるが年収アップする方法」の2つが考えられます。

早い方法 時間がかかる方法
ダブルワーク(副業)を行う 資格を取得して勤務先での年収を上げる
給与が今よりも良い所へ転職する
現在の職場で給与交渉する 自身の看護技術を磨く
責任あるポジションを任せてもらう

上記の表を見て分かるように、当たり前の方法でしか、看護師としての年収は上がりません。以下詳しく説明していきます。

 

手っ取り早く年収をアップさせる方法

ガッツポーズの女性看護師
手っ取り早く看護師として年収を上げる方法は以下の通りです。

 

ダブルワーク(副業)を行う

あたりまえですが看護師としての年収を上げるという意味では、ダブルワークを行った分だけ年収が上がるので手っ取り早いです。

また、多くの看護師の意見としては今までとは違った看護スキルも身につきます。

 

給与が今よりも良い所へ転職する

現在よりも規模が大きな病院へ転職するか、もしくは規模が小さな病院・クリニックへ転職することで、年収が上がる傾向があります。もちろん通常に転職を行うことで年収を第一の希望条件として行えばアップする可能性は高いです。

美容外科や美容皮膚科などへの転身も年収は高くなる傾向にあります。

 

現在の職場で給与交渉をしてみる

規模が大きな病院ではおそらく不可能ですが、小規模の病院や個人経営の病院などは思い切って給与交渉を行ってみるのも一つの手です。その場合「辞める」と言うことを武器に給与交渉しない方が無難です。

 

責任あるポジションを任せてもらう

タイミングによっては時間がかかりますが、看護師にとって主任、師長、部長と役職が上がっていく職場であれば、主任クラスのポジションを積極的に行いたいと上司に伝えるのも手です。

病院によって異なりますが、月額にして数千円程度給与は上がります。

また昨今、責任ある仕事を任されたくない看護師も多いため、目指していることを上司に伝えるもの効果的です。

 

時間はかかるが、年収アップする方法

二時をさす時計
看護師として時間はかかりますが、現在勤めている職場で年収をアップする方法は以下の通りです。

 

資格を取得して勤務先での年収を上げる

認定看護師や専門看護師の資格を身に着けることで年収はアップする病院が多いです。すぐにアップしなくても、実力が伴えば徐々に年収が増えていきます。ただ注意したいのが、資格を取っても年収アップにつながらない資格が看護師の場合多いことです。

また、認定・専門看護師の資格は病院側の協力がないと、とても働きながら取得できるものではありません。そのためやはり転職の選択になる場合が多いです。

現在の勤務先に不足している知識を身に着けることもポイントです。

 

自身の看護技術を磨く

看護師として看護技術を磨くことで、将来的に年収アップのチャンスが増えるとともに、ダブルワークなどの選択肢も増えてきます。

日々の仕事を向上させることでも年収アップは期待できます。

 

2.年収アップするために考えてほしいこと

必要な方法

いろいろと看護師が年収アップするための選択肢を紹介してきましたが、その中から具体性があるもの考えていきましょう

年収アップの為に確認してみてください。

 

(1)現在の職場は長く働ける職場かを考えよう

人手不足が続き売り手市場の看護師ですが、他の仕事と同様ひとつの職場で長く働いた方が昇給の面では有利なことは言うまでもありません。その中で以下のような条件を確認しておきましょう。

  • 先輩看護師の年収
  • 役職がついた場合の年収やボーナス
  • 勤務先の昇給条件

病院にもよりますが、主任看護師になっても通常の看護師と5,000円程度しか月給が変わらない場合もあります。

先輩看護師に聞くことは難しいですが、昇給条件などが整っていない勤務先に長年勤めていても年収は変わらない可能性もあるので、年収アップを希望する場合は、まずは今の職場の確認から行うと良いでしょう。

 

ポイント!

ポイント

個人経営の小規模な病院、クリニックなど、昇給に限界がある場合には長く勤務しても年収アップはあまり期待できないケースもあるため見極めが大事です。

 

現役看護師からの年収アップアドバイス【くくるさん】

男性看護師 くくる長く働いたり、資格を取ったり、スキルを磨いた結果、昇給アップや基本給アップにつながるなら、それが収入を上げる確実なやり方だと思います。

その場合きちんと勤務先との調整が必要です。就業規則などもしっかり把握しておきましょう。もしそうでないなら転職するのもよい方法かと思います。まずは現状をしっかり把握しておくことです。

私自身の経験ではないですが、看護師として転職するたびに収入が下がっていく人をよくみます。ちょっとした人間関係や職場とのトラブル、または現時点での収入に不満を覚えて、あまり考えずに次の病院を探す人です。

正社員であれば、長く勤めれば勤めるほど給与が増えていくのは当然です。目の前の小さな石ころにとらわれすぎて、その先に続く長い道を見ない人が多いですが、本当に今転職すべきかどうか、もう一度落ち着いて考えてほしいです。また決して独りよがりな考えにならないように、相談できる人がいたほうがいいです。

 

(2)もともと年収が高い環境で働く事を考える

現時点の年収にもよりますが、現在より高い職場へ看護師転職し年収をアップさせる方法があります。てっとり早く年収はアップしますが、注意も必要です。以下の条件を考慮した上で検討してください。

  • 定時された年収の額は適正かどうか
  • 年収以外の条件は問題ないか
  • 看護師の定着率は良いか
  • 昇給制度などは整っているか

などです。年収が高い病院や看護師の勤務先は、看護師の離職率が高いことや、年収を第一条件に考えて転職する看護師の集まりなので人間関係が悪い傾向にあるためです。

また、転職時の年収が良くても昇給しなければ、また転職を繰り返してしまうため昇給制度も注意して確認しておくことが大事です。

 

ポイント!

ポイント

転職する場合は将来的なビジョンも考慮しながら、自分なりに年収アップが期待できる看護師としてのキャリアを築いていきましょう。

 

(3)ダブルワークを考える

現在の勤務先や転職によってではなく、ダブルワークを視野に入れた年収アップ方法です。現在の職場は続けたいがどうしても年収が低い場合、ダブルワークを年収アップの方法として行う看護師も増えています。

※病院によってはダブルワーク禁止の場合もあるので、就業規則を確認しましょう。

 

3.看護師が今の職場で給与アップさせる3つの方法

RAYさん【現役看護師】

看護師RAY

看護師という職業は入職時の手取りは他の職種よりも高いのですが、その後はなかなか思うように給料が伸びていきません。給料をアップする方法を調べると転職するという方法が最も多いですが、転職するにも時間と労力がかかるものですし、転職したては一時的に給与が下がってしまう場合もあります。

そのため、今回は今いる職場で給料をアップさせるにはどうしたら良いか具体的にご紹介します。「給料はアップさせたいけど転職はまだ・・・」と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

(1)夜勤を増やし手軽に給与をアップする

1番手軽に給与をアップさせる方法は自分の病院で夜勤を増やしていくということです。夜勤は手当てがつきますので普通に日勤をするよりも給料は上がります。

しかも、近年日勤常勤という働き方が好まれる傾向にあるので夜勤を進んでやってくれる看護師は大歓迎となる場合が多いです。そのため給料をアップさせながら自分の株をアップさせることもできます。

自分の職場なので勝手もわかっているし気心知れたメンバーと一緒に働いての給料アップなのでダブルワークをするよりも心身の負担も少なく、確実に給料アップが目指せるでしょう。

 

病院での夜勤が決まっている時の対処法

病院によっては月の夜勤回数が決まっていてそれ以上の回数を越えられないというところもありますがそれはあくまでシフトを作成する時の話です。シフトが作られた後に勤務を交代すればそういった制限も免れることが可能だったりします。(無理な場合もあります。)

私の体験談ですが、給料を少しでも上げたい同僚は師長など上司に前もって夜勤を沢山行いたい旨を相談しておいて師長から部長などに掛け合ってもらい、制限よりも夜勤を多くしてもらい、その分日勤常勤希望者を配置してもらって働いていました。

 

ポイント!

ポイント

自分もシフトの制限があるところでしたが、翌月に旅行の予定などがあり次月の給料を少し多く欲しいなという時は夜勤をしたくないママさん看護師の夜勤を勤務交代して引き受けたりしていましたがシフトを作成した後ということで問題なく仕事ができました。

 

(2)委員会活動など必要な残業を増やして小銭を稼ぐ

委員会活動などを行うことで手軽に給料・年収をアップすることも可能です。

看護師の仕事は残業するのが当たり前であるのに残業代はつかないという場合が多いです。そのため残業代で稼ぐということは難しい中で唯一堂々と残業代を稼ぐことができるのが委員会活動です。

委員会活動は業務外にやる委員会が多い上に委員会活動ならば残業代を出してくれるところが多いです。(こちらも病院によりますので確認が必要です。)

 

給与だけではなく信頼度もアップする

委員会活動を行いたい看護師は少ないため、同僚や上司からは「ありがたがられる」場合が多く、周囲からの信頼度もアップします。

残業代ということでおこづかい程度の額しか稼げない場合が多いですが委員会活動なら病院によっては月に2回程度はありますし、塵も積もれば山となるという考え方で給与と信頼を両方アップさせる方法となります。

 

(3)新たに資格を取得する方法も・・・

働き方はそのままで時給を上げるためには資格を取得するという方法がいいでしょう。ただし、認定看護師や専門看護師などは取得までに時間がかかります。ケアマネージャーにしても合格率はそんなに高くはありません。

病院によっては認定看護師や専門看護師を持っている看護師に好待遇を与えたり、認定看護師や専門看護師の資格を取りに行くために補助や支援を行っている病院があります。そのような病院は、認定看護師や専門看護師の資格を取得後の給料アップが見込める可能性が高いといえます。

そのため、すぐに給料が上がらないことや労力をかなり必要とすることを念頭に置いておきましょう。

資格取得による給与アップは各病院で違うので注意

病院によっては認定看護師などをとってもあまり給料に響かないという職場もあるようで、自分の友人はせっかく認定看護師をとったのに手当は数千円しか上がらなかったと話していました。

そのため、キャリアアップのために資格を取得しに行くなら良いのですが給料を上げるためと考えて資格を取りに行くのは労力や手当の面から考えてもあまりお勧めはできません

 

長く働くしかない!現役看護師体験談【Lucyさん】

Lucyさん現役看護師
現職場は勤続年数に応じて給料が増えます。なので長く働くしかない。認定看護師を取っても、大して給料は増えないのに、外来や他病棟コンサルトなど、やることだけが増えていくと認定看護師さんが教えてくれました。

 

ダブルワークで年収アップした看護師体験談

ダブルワークを行い年収アップをした看護師体験談をご紹介します。手っ取り早く年収が上がるので、おすすめする看護師は多いのではないでしょうか。

ダブルワークをして年収を上げています

くるみんさん【現役看護師】

看護師 くるみん

病院や施設の年収はだいたい400~600万程度です。資格を取ったり、昇格したりすれば給料は上がると思いますが、本人の努力が評価されないと昇格はしませんし、資格を取るのも勉強する時間がないためなかなか難しいものです。

それでも、就職したてのころは毎年1万円近く上がっていきますが、ある程度すると昇給の金額も少なくなってきます。いくら頑張っても決まった給料しかもらえません。今の収入をアップさせるのは、ダブルワークが一番手取り早いです。働いたら、働いた分だけ収入が得られます。

現在働いているところが施設なので、昇給も病院と違い、年間に数千円しか上がりません。ただし、施設のため、日勤しかありませんのでダブルワークをして年収を上げています。

施設は病院と違って、看護師が中心ではなく、介護職員が中心ですので、肉体労働がほとんどありません。そのため、夜勤や在宅ワークなどダブルワークを無理なく働くことができます

夜勤を一回で3万円!ダブルワークで稼ぐ

匿名さん【現役看護師】

女性看護師

夜勤を一回すると、少なくても3万前後はもらえるのが看護師の特権だと思います。勿論、認定看護師などの資格にチャレンジしたり、同じ職場で長く働いたりすることも将来的には確実に年収アップにつながります。でも、短期的、即効性を求めるなら断然ダブルワークをお勧めします。

私は10年近くダブルワークを続けてきました。今思うと20代の頃のダブルワークは、お金だけではなく、看護師としての経験値も自分にとって大きな財産になります。

若い頃は疲れ知らずで、夜勤をしながらいくつかの病院でダブルワークして得た収入をみると、さらに働く意欲が刺激されました。やってみると、数ヶ月乗り越えると体力的にも慣れてきます。少しずつでも続けることで、確実に年収アップにつながります。

手っ取り早く年収アップはダブルワーク!

匿名さん【現役看護師】

女性看護師年収を手っ取り早くアップする方法は、ズバリ掛け持ちで働くことですね。
本業のほかに、いくつかの病院や施設を掛け持ちで働く看護師のダブルワークは、現在脚光を浴びています

例えば夜勤1回入ると、数万単位の額を手に入れることができます。これは地域によってもその額に差はありますが、高い報酬が得られる夜勤バイトは、看護師の中でも人気のダブルワークとなっています。ただ、体力や精神面ではかなりハードとなっています。

 

私は現在もダブルワークを行っています

私は現在、本業のほかにいくつかのダブルワークをしながら毎日の生活を送っています。
ダブルワークを始めたきっかけは、収入アップを考えていたわけではなく、マンネリ化した現状に少し刺激を入れるためにスタートさせました。全くの未知の世界でしたが、病院とは違った形で、学べることも多く、また自分の経験が活かせる点もメリットです。

結果年収は上がったので、ダブルワークを行って良かったと感じます。

体力や疲労と相談してうまくスケジュールを組むことが大事

RAYさん【現役看護師】

現役看護師RAY

特に老人施設の夜勤バイトやデイサービスのバイトなどは時給が高いため人気な傾向にあります。また、少数派ですがイベントナースをしていたり、看護師以外の職をダブルワークとして選んで働いている看護師もいます。

同じ夜勤でも夜勤バイトの方が手当てが多いため、あえて自分の病院の夜勤を減らしてバイトの夜勤数を増やしているという人もいました。

ダブルワークは選び方によっては給料を手軽にアップさせられる一方、休みの日にバイトをするためしっかりと休息を取ることができず、メインの看護師業に悪い影響を及ぼしてしまう場合もあります。

自分の体力や疲労と相談してうまくスケジュールを組むことができると良いでしょう。

看護師2年目で手取り年収500万以上!

miracleさん【現役男性看護師】

看護師ライターmiracle
看護師2年目の時に(今現在8年目)、今よりも多く年収を得ていた時期がありました。それは看護師のダブルワークによる収入を増やすという方法によって実現できた事です。

同じ病院で勤めていても基本給等を増やすのは出来たとしても年に数千円程度です。ほんの数回看護師がアルバイトとしてダブルワークをするとぐんと収入を増やせます。

夜勤の看護師のアルバイトであれば、地域にもよりますが20,000円から30,000円程度は軽く一回辺り給与がありますのでおすすめです。5回程度夜勤のアルバイトをすれば、月に100,000円以上、年間1,200,000円以上の収入を増やせます。夜勤の看護師のアルバイトそれが、実体験としての私の年収を増やす方法です。

 

実際にダブルワークと両立した方法について

元の病院の看護師の基本給は180,000円程度でしたから、いくら副業をしたからといってなかなか年収をしかも手取り500万以上までは増やせません。

まず本職の病院の勤務を夜勤型にしてもらえるように交渉しました。完全な夜勤専従ではありませんでしたが、それに近い形の月に7から8回位夜勤をしました。

夜勤専従だと月に9回夜勤をする感じですからかなりそれに近い形となりました。

そちらでは夜勤専従の形の雇用がなかったためです。一方看護師の夜勤のアルバイトはあくまでも夜勤専従です。

夜勤の後にまたすぐ夜勤をする形で被せ込むようなシフトにはなりましたが、月4から8回程度アルバイトで夜勤をしていたため睡眠時間を削ってでも働いた結果、看護師2年目とは思えないような収入を得る事が出来ました。これも体が体力面で落ちてこないまだ30代前半までだから出来たことかも知れません。

MCナースネット口コミへ

 

まとめ

看護師として年収アップの方法についてお伝えしましたが、現在の職場でキャリアが磨けるのであれば看護技術を磨くべきですし、磨けないのであれば年収アップのために転職すべきです。

また、ダブルワーク(副業)を率先して行っていくのも方法です。

ご自身に合った方法で年収アップを目指してみてください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

<最新情報をお届けします>

看護師転職ジョブを運営しているスタッフです。

1人でも多くの看護師の方に役に立つ情報や転職時の注意点など幅広く執筆しています。記載している情報は、有資格者の看護師のチェックを通しながら執筆中です。

是非たくさん見ていただけたら嬉しいです。


カテゴリー:看護師キャリアアップ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:パンダ
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

5 コメント・感想

  1. […] ‣看護師の年収アップの3つの方法 […]

  2. […] 看護師の年収アップの3つの方法 […]

  3. […] いくらぐらいで稼ぐことができるのか、転職において最も重要視している方も少なくありません。平均年収や平均月収を予め確認することで、せっかくの転職を失敗で終わらせないようにしましょう。ボーナス面で優れていることが、新潟県の看護師の一つの魅力と言えます。年収アップを考えている看護師の方は「看護師の年収アップの3つの方法」も確認してみてください。 […]

  4. […] 残業代がきちんと支払われ、かつ、基本給も納得の額を支払ってくれる職場を探してみましょう。経験年数のあるナースを求めている病院であれば、転職を機に、給与額のアップが可能かもしれません。同じ職場ではなかなか昇給が難しい場合もありますので、給与額のいい病院への転職はとてもおすすめです。年収アップを目指す看護師の方は「看護師の年収アップの3つの方法」も確認してみてください。 […]

  5. […] しょう。ボーナス面で優れていることが、新潟県の看護師の一つの魅力と言えます。年収アップを考えている看護師の方は「看護師の年収アップの3つの方法」も確認してみてください。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。