著作者

RAY

現役看護師

RAY

( 看護師 )

老人福祉施設勤務の看護師に多い退職理由5つとその対策

RAY
現役看護師RAY
老人ホーム 退職理由 看護師

老人福祉施設で働く看護師は、自分にぴったりなところが見つかれば良いのですが、結構短期間で退職する看護師が多いのも特徴的です。せっかく見つけた職場なので長く働いていきたいというのが、実情ではあるかと思います。

今回は、老人福祉施設で看護師が早期に退職してしまう理由とその対策を、退職理由として挙がりやすいベスト5に分類してお伝えしていきます。

1.介護士との人間関係のトラブルで退職

人間関係 トラブル

退職理由として1番多いのが、介護士との人間関係のトラブルです。老人福祉施設では、介護士が中心となり看護師はその補佐役となります。看護師はついつい補佐役ということを忘れてしまい、トラブルを招くことが多いようです。

 

看護師はしゃしゃり出ないことが大切

看護師が老人福祉施設に転職すると、病院などの医療機関では第一線で働いてきたこともあってか、自分が中心選手としてやりたい!としゃしゃり出てきてしまう看護師が多く、それによってトラブルとなってしまうことも。

特に経験年数の長いベテランな看護師がこの傾向にあり、トラブルとなりやすいように感じます。

 

自分の与えられた役割をきちんと考えよう

老人福祉施設で介護士が我々に求めていることは医療的な知識と、医療的な処置のみとなります。そのため、必要最低限な医療的なケアのみ行い、他の介護的な部分は、介護士を中心選手歳、時々助言をしてあげるくらいの関係性が、トラブルを回避し、うまくいくポイントとなるのではないでしょうか。

老人福祉施設で介護士を敵に回してしまうと働きづらいどころか働いていけませんので、介護士とうまくやっていくことがポイントとなります。

 

2.看護部長との人間関係トラブルで退職

トラブル 看護師長

意外にも多いのが、看護師同士ではなく看護部長との人間関係のトラブルです。老人福祉施設には基本的に、病棟のような看護師長や、各フロアごとの主任が存在しているところは少なく、看護師全体の中に部長、主任がいるというような仕組みとなっています。

人事など諸々に関することは直接看護部長へ言いに行かなくてはならず、病院の時よりも看護部長と接する機会が多くなります。看護部長は、看護師だけでなく、介護分野の部長も兼任していることが多いです。

 

看護部長は介護士にひいき気味…

前述したように介護士を敵に回すと働きづらくなるということは、フロアで働いている看護師だけでなく、介護士をもまとめている介護部長も同じことが言えます。そのため、どちらかというと看護師よりも介護士に分が良く回るようにしている看護部長が多いものです。

そのため、その対応に不満を持った看護師たちとトラブルとなることが多く、辞める理由には看護部長が嫌だからということも、介護士との人間関係トラブル並みに多いのが現状です。

 

必要最低限関わらないようにする

所詮は看護部長であるためこちらが関わりを少なくすれば必然的に接触は避けていくことができます。本当に嫌であれば関わりを極力避けましょう。

何か言いたいことがあれば看護の主任や介護の主任を通して伝えてもらうというような対策をとることで接触を少なくし、辞める理由にまで至るほど腹立たしい思いもしなくて済むように思います。

 

3.老人福祉施設の理想と現実のギャップで退職

心を痛める 現実

理由としては少ないものの、やはり上がってくるのが理想と現実とのギャップです。特に、病院からストレートに福祉施設に転職してきた看護師に多い理由となります。現実を目の当たりにしてしまった時、理想と現実のギャップについていけず退職を検討することとなる看護師も多くいます。

 

利用者の家族の価値観に心を痛める

施設に入所してきた利用者は、高齢者福祉施設に行ったとしてもまた家に帰れるだろう、家で診る準備が終わったら家で生活できるだろうと思っていることが多いですし、家族も病院ではそのように言って申し込むことが多いです。

そのつもりで看護師たちは施設でのケアを組み立ててみているように思います。ですが一度高齢者福祉施設へ送ってしまったらそう簡単に引き取らない場合が多く、その現実に心を痛める看護師が多いです。

 

転職する前に現実を知ることが大切

現在介護系の法律は目まぐるしく変化をしていて、今後はさらなる法律の変化も見込まれているため、さらにこのギャップに心を痛めて辞めていく看護師は増えていくように思います。

病院から転職する際には、まず現在の老人福祉施設の現状を法律の観点から理解していくことで少なくともこのギャップを埋めることができるのではないかと推測します。

 

4.腰や膝がボロボロ。体への負担で退職

体の負担 看護師

高齢者福祉施設の仕事は、意外と力仕事が多いのが現状です。病院では独歩もそこそこおり、自分で自分のことをできる人も多くいるかと思いますが、高齢者福祉施設では独歩はほとんどいないです。車いすを自走できれば良い方です。

トイレに関しても自分で行けるという人はほとんどおらず、トイレ介助で済めばまだいい方です。というように、日常生活ケアが数多くあり、どれも力を要すことばかです。

 

特に夜勤は力仕事が多くなる

日勤帯はまだ介護士が積極的に行ってくれるものの、夜勤帯となってしまうと人数も少ないためこれを介護士と協力して看護師も行っていかなければなりません。そのため、力仕事によって腰やひざを壊し、退職を余儀なくされるという人も。

 

ゆっくりする時間がない

老人福祉施設では、家族が引き取れない人たちが一時的あるいは永久的に入所する場となります。利用者はADLが低くて継続した介護が必要、認知機能が低下していることによって見守りが必要な人ばかりなので体が休まるひまがありません。

このことについても頭の片隅に置いて就業しないと、前述した理想と現実のギャップに相まって、早期に退職してしまう人が多くなるように感じます。

 

5.無力感と自分の技術が低下する不安感で退職

医療 技術 低下

病院からストレートに高齢者福祉施設に就業した看護師や若手の看護師が退職理由として挙げるのがこの医療に携われないということによる不安です。

老人福祉施設で医療行為が最も多いとされる介護老人保健施設でさえも、行える医療技術はデクなどの創処置、採血や心電図などの検査業務、バイタルサインなどの日常的な観察、インスリン注射や排便コントロール、栄養のケアといったところがほとんどとなります。

 

看護技術が低下する不安

もし施設で急変があったとしても、できることは報連相と心臓マッサージ程度であとは医療機関へお任せとなります。その何もできない無力感と自分の技術が低下する不安感から若い看護師では転職を早い段階で希望する方が多くいます。

その一方で、ベテランの看護師では看護技術や知識を気にして転職を考えるという人が少ないことが現状です。

 

介護現場で学べる看護もある

医療施設と介護施設では役割は大きく違う一方、ここで得た知識を医療施設で生かすことはできます。まずは一度踏みとどまり最低でも1年以上は働いてみることで、介護施設での本質がみえ、そのことを後々医療施設でも生かすことができるのではないでしょうか。

 

まとめ

いろいろな側面から退職を検討することがある老人福祉施設。しかし、介護現場の知識を付けておくことは、看護師を続けていくうえでもお勧めなのです。

介護施設で働くことで、介護の現状や介護の法律の現状、地域と密着でもあることから介護をしていくうえでの家族の思いも知ることができます。病院で働くものが、介護施設に患者を送るにあたってどのようなことを申し送るべきなのかを知ることもできます。このことから、老人福祉施設で働くということに損はないと思います。

早々に退職してしまう看護師も多いですが、対策を立てていくことで、早期退職を踏みとどまり、もう少し頑張ろうと思うこともできるのではないでしょうか。老人福祉施設で得た知見を病院でまた広められるように、少しでも長く老人福祉施設で働き、その現状を吸収してほしいと思います。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。


カテゴリー:看護師の退職

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:RAY
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。