著作者

のんぴー

現役看護師

のんぴー

( 看護師 保健師 )

デイサービスで働く看護師の仕事内容と1日のスケジュール

のんぴー
現役看護師 のんぴー
デイサービスで働く看護師の仕事内容と1日

看護師の仕事の内容は様々あります。特に、看護師資格を活かした福祉関係の仕事は、病院よりも体力、精神的な負担が軽いことから、子育て中のママさんナースや、長く現場を離れていてブランクがある看護師からの支持を集めています。

デイサービスは退院後の患者が在宅で快適に過ごしていくためになくてはならない地域福祉サービスです。

病院勤務に疲れた看護師、夜勤がない仕事がしたい看護師、地域に根ざした医療福祉サービスに関わりたいと思った看護師など様々な理由でデイサービスに興味を持っているのではないでしょうか。

今回は、そのうちのデイサービスについて、デイサービスでのお仕事はどのようなものなのかお伝えしていきます。

1.看護師にとってのデイケアとデイサービスの違いとは

看護師にとってのデイケアとデイサービスの違い

まずは、デイケアとデイサービスの違いについてです。

デイケアとデイサービス、病院で働いているとこの明確な違いについて、考えることがあまりないかと思います。デイって言葉が付くからどちらも似たようなものと考えて入職すると、後々思っていたものと違うと後悔することとなります。

デイケア ・「通所リハビリテーション」とも呼ばれる
・主治医の指示のもと利用者の医療的なリハビリを行うことが目的
・常勤の医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が勤務
デイサービス ・通所介護とも呼ばれる
・利用者の入浴や食事などの日常生活援助が主な目的
・管理者、介護士が常勤、医療者は看護師のみの場合がほとんど

デイケアもデイサービス、どちらの施設とも利用者は要支援・要介護者が対象となります。

以下で詳しく説明していきます。

 

看護師にとってのデイケアとは

デイケアは別名、通所リハビリと言います。言葉の通り、リハビリが中心となります。

基本的に、リハビリ、レクリエーション、食事をサービスの軸にしていますが、最近では入浴サービスも行っているデイケアもあるそうです。

また、リハビリ特化型デイといい、リハビリをメインに行えるよう、スポーツジムが経営母体となっているデイケアや、他にも、一般企業が経営母体となっているデイケアもあります。

 

看護師にとってのデイサービスとは

看護師にとってのデイサービスとは

デイサービスは、施設に来た利用者に対して入浴・食事などのサービスを提供していき、レクリエーションを行うことが目的となります。

そのため、どちらかというと、家に引きこもりがちで、人との接触がなくなった高齢者がデイサービスの職員や利用者と触れ合って刺激を受け合うこと、家族の介護負担の軽減が目的になります。

介護負担に至っては、近年、お泊まりデイというように、別料金で宿泊も可となっているところもあるため家族の介護負担軽減には一躍かっています。

職員は介護士がメインとなっており、医療従事者は看護師のみとなるケースがほとんどです。

 

なぜ近年、デイケアやデイサービスが増加傾向なのか

デイケアやデイサービスは近年増加傾向にあります。

24時間つきっきりで介護を行っている家族からすれば、デイサービスは「息抜き」の時間を与えてくれるものです。

だからこそデイサービスは家族に重宝されており、デイケアはますます増えることが予測され、それに伴い、看護師のニーズも高まることとなります。

 

2.デイサービスでの看護師の仕事内容を知っておこう!

デイサービスでの看護師の仕事内容

デイサービスで働く看護師は、施設の掃除や翌日の物品の準備、レクリエーションの準備なども勤務時間内であれば介護スタッフと一緒に行います。

デイサービスで働く看護師の仕事内容について、主に4つのポイントから説明していきます。

 

(1)利用者の体調管理が仕事

デイサービスを利用する利用者の体調管理、医療的な判断は看護師の仕事となります。

バイタルサインの測定を行い利用者の主張を元に、当日の入浴やレクリエーションの参加が可能かを看護師が判断します。

 

(2)持参薬の管理が仕事

利用者は昼食後の内服薬があるためデイサービスに持参してきます。

看護師は持参薬を朝預かり、昼食時に渡し、服薬を管理する仕事です。

 

(3)日常生活援助が仕事

日常生活援助が仕事

デイサービスの施設スタッフの数が少ない場合は、看護師も日常生活援助を頻繁に行うことになり仕事となります。

デイサービスの看護師が行う日常生活支援とは

例えば、利用者のトイレまでの歩行の援助、食事のセッティング、入浴後の更衣で靴下を履かせてあげるなど、介護士が忙しい時や看護師の手が空いている時に手伝います。

 

(4)利用者とのコニュニケーションが仕事

看護師はデーサービスの利用者と日常会話をすることでその人の性格や病気との向き合い方が分かります。

そのため、積極的に利用者との日常会話のコミュニケーションを行うことが看護師の仕事となります。

 

3.デイサービスで働く看護師の1日について

デイサービスで働く看護師の1日

それでは、デイサービスの1 日の流れを看護師の業務内容と絡めてお伝えしていきます。

8:00 ・出勤
・当日の利用者のリストを確認
・看護師の連絡帳で当日の処置や利用者の追加情報などを確認
8:30 ・ドライバーを兼用している場合は利用者の迎えに行く
・または施設で利用者を迎える
9:00 ・バイタルサイン測定
・持参薬の確認
9:30 ・開始の挨拶(施設長)
・本日の予定を発表
10:00 ・入浴準備
・入浴後の軟膏処置
・入浴待ちの利用者とダイニングルームで過ごす
12:00 ・昼食時の薬を配る
・服薬確認
・食事介助
13:00-14:00 ・看護師の昼休憩
14:00 -16:00 ・介護士によるレクリエーション
16:00 ・見送り
17:00 ・施設の掃除を介護スタッフと行う
17:30 ・勤務終了

以上となります。以下で詳しく説明していきます。

 

8:00~出勤

出勤した時点では、まだ、利用者様は来ていません。

今日の利用者様は誰が来るのかの確認や、介護士とともに設備の確認、掃除をします。

 

8:30~送迎

送迎

利用者様のご自宅に車でお迎えに行きます。専用のドライバーがいることがほとんどであるため、介護士、看護師が車を運転することはありません

ほとんどの施設では介護士が同乗するため、看護師が行くということはほぼありません。

 

09:00~バイタルチェック・持参薬の確認

利用者様が見えたら、順々にバイタルチェックを行い、利用者様が持ってきている連絡ノートに記入します。

また、この際に持参薬の確認作業を看護師が行います。

 

補足説明!

ポイント

デイサービスを利用する利用者に発熱がある場合や血圧が高い場合などは自宅に一度帰っていただくように依頼するのも看護師の仕事です。

 

10:00~入浴準備・入浴

ほとんどの施設が、来所してすぐに利用者が入浴することになり、入浴介助は基本的に介護士が行います。

看護師は入浴後に外用薬、湿布を貼付すること、皮膚トラブルがある方への対応と記録、家族へ申し送ることが業務となります。

 

12:00~昼食・内服薬の配膳

入浴が終わると昼食となります。

昼食は施設に併設のところであれば、施設の調理室で作られた食事、単独のところであれば、介護士たちが実際に調理をします。

昼食前には利用者の血糖測定やインスリン注射の介助、食後には内服薬の配膳を行います。

 

14:00~レクリエーション

レクリエーションは介護士がメインとなるため、看護師は一緒に楽しむことや、利用者の見守りをするのみとなります。

トイレ介助なども基本的に介護士が行うため、看護師は介入することはほぼありません。

 

16:00~送迎・見送り

帰宅する利用者の身なりを整え、お見送りをします。

ここでも、介護士が送迎にいくため、看護師は見送りのみとなります。

 

17:00~掃除

全員の送迎が終わったら、施設内を掃除して業務終了となります。

 

ポイント!

ポイント

このように、医療的な処置をする機会はほぼ限られています。そのため、介護士を補助するということが業務として多くなります。

 

4.デイサービスの職場を決める上での注意点

デイサービスの職場を決める上での注意点

それでは、デイサービスを職場として決めるためにはどのようなことに注意していけば良いでしょうか。

就職した後に「こんなはずじゃなかった」とおもわないよう、最低限のポイントをまとめました。

 

(1)大規模と小規模デイサービスの違いを理解し選ぶこと

大規模デイサービスは利用者が多く、それに伴いスタッフの数が多くそれぞれの業務が分担されています。

まずは、

  • デイサービスでの看護業務を覚えたい看護師
  • 他の看護スタッフや介護スタッフと働いてみたい看護師

などは大規模デイサービスから始めてみると良いでしょう。

逆にアットホームで少ない利用者と密に関わりたい看護師は、小規模デイサービスを選ぶといいでしょう。

 

小規模デイサービスは経営母体(会社・企業)をチェックしよう

デイサービスの看護師求人で大切なことが経営母体はどこなのかということを確認しましょう。

経営母体がしっかりとしていないと、当然、経営が傾いていつか潰れることも容易にありえます。

 

(2)働く勤務時間の確認をする

デイサービスでは看護師が運営時間の全てに常駐しているわけではなく、昼食が終わる13時までなど勤務時間が短い場合があります

小さい子供がいる看護師など短時間勤務を希望している場合には好ましいシフトですが、フルタイムで働きたい看護師にとっては希望に沿わない場合があるため、小規模デイサービスで働く前には、勤務時間の確認を忘れずに行うことが大切です。

 

(3)地域の特色をチェックする

デイサービスは需要が増しており、現在どんどん設立されています。そのため、選択肢はたくさんあるかと思います。勤務地にこだわりがなければ、地域の特色を見極めて選ぶというのも1つの手かと思います。

 

(4)求人情報はどのくらいの頻度で出ているか確認する

求人情報はどのくらいの頻度で出ているか確認する

これはディサービスやデイケアだけでなくどの施設、どの業界にも共通することかと思います。

頻繁に求人が出ていることや、長いこと求人情報が変わらず出ているところでは、なかなか求人が決まらない、人の出入りが激しいということになり、職場としてあまりよくないという印象になります。

余裕があれば、常に求人情報に目を向け、どんな求人が出回っているのかをチェックしておいてもいいでしょう。

 

(6)看護師専用の転職会社も利用しよう!

看護師専用の転職会社は、求人情報をまとめてピックアップ、自分の条件に合った施設を登録すると探し、求人紹介してくれる転職支援サービスです。完全無料で利用することができ、かつ手間なく求人を探せるのでおすすめです。(看護師、または准看護師資格を保有していれば利用できます。)

デイサービスの看護師求人が多く、非常勤パート看護師、常勤看護師でも利用することが出来る看護師転職会社は以下の通りです。

3社とも全国対応です。無料で利用できるので、求人等を比較しながら3社利用しておきましょう。

 

まとめ

デイサービスは地域に密着した福祉サービスとなり、看護師として病院やクリニックで働くこととはまた違う経験ができるでしょう。

看護師がデイサービスでの仕事についておさえるポイントは以下の通りです。

  • デイサービスは要介護認定を受けている高齢者のみが使用できる
  • デイサービスでは利用者の健康チェックがメインの仕事になる
  • 求人を探す際は経営母体をしっかりチェックする必要がある

施設数の増加に伴い、看護師の求人が増えているデイサービスですが、病棟のように、療養上の世話をすることが少ないため自分に合ったところを選べればライフワークバランスを維持することができるでしょう。

慎重に選択し、楽しく働いていけると良いと思います。



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

日本で看護師として3年間総合病院で働き、海外に住みたい夢を叶えるためオーストラリアに看護留学へ。2017年に念願のオーストラリアの正看護師になりました。日本の看護の良さを海外にもっと広めていきたいと思っています。海外看護師、海外医療に関する記事を中心に書いていきます。


カテゴリー:デイサービス(通所介護)

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:のんぴー
(公開日:)(編集日::2017年12月02日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

3 コメント・感想

  1. […] また、デイサービスへの転職についてはデイサービスへの看護師転職6つの注意点、メリット・デメリットをご参照ください。 […]

  2. […] デイサービスで働く看護師についてこちら「デイサービスで働く看護師の仕事内容と1日のスケジュール」に参考ページがあります。 […]

  3. […] 詳しくは「デイサービスで働く看護師の仕事内容と1日のスケジュール」を参考にしてください。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。